2007年12月31日

今年一年お世話になりました。


こんばんは。
今年ももう数時間で終わりますね。
テレビを付けようかとも思うのですが、年末バラエティには何かよく分からない芸人が多いので、怖くて見れません・・・。
名前がちょっと思い出せない(寧ろ知らない)んですが、そんなの関係ねえ!って言ってる芸人いるじゃないですか?
あれが無理です。怖い。
近所の小学校では、その芸人の話題と、SMチックな芸風の芸人の話題が禁止になったそうです(笑)
爆笑しました。校長室呼び出しって何事!
そこまで社会現象を起こしている人の名前を知らない私も何事。でも知らないんだ・・・。聞いたことはあると思うけど、思い出せないし、思い出したくもない(オブラート!)


で、そんなこんなで、怯えつつ過ごしている年末ですが。
ウィーンフィルの演奏とか、やっていそうですね。
これからちょっと新聞見てこようかなーって思います。
10時辺りから数年ぶりに山に登るので、少ししか見れなさそうですけど。
去年は9時に寝て、その前の年はヒノエで締めたので、本当に数年ぶりにまともな大晦日を過ごしそうです。


過ごしそうです、とか言いながらも、本気でキチメガ買いそうな勢いですが。
今晩中に頼んで、明日速攻で振込み行って来ようかとすら思っているほどです。
怖い。新年早々、BLゲー買うとか、正気の沙汰じゃない。
・・・・でも、大石×平井の時点で、買いたいなあとか思ってしまうわけですよ。
しかも、太一(@大石)が異常なほど犬属性で可愛い。
ファンブックに攻略情報載ってるみたいだし、ちょっと密林でポチって来たいです・・・。
えー・・・っと、良いお年を・・・。(私はもう初日から挫けそうな感じです)
posted by 塔湖 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣きそう・・・


朝、ふと「涼(@ラスエス2)の声聞きたい・・・」と思い立って、公式サイト行って来ました。
第2弾まで公開されていたんですね・・・うは、気付かなかった。


涼の2弾は、違和感なかったです。
いや、いきなり「UFO信じる?」とか聞かれても困るわけですが、声自体は違和感ないです。
そのあと、1つ目の方聞き直したら、妙なテンションの高さにうわっと思いましたが。
でも、聞きなれればあれは余裕。
・・・・・・・・UFO信じるかどうかで好感度変わったら厄介だな。
(嘘でも信じなきゃいけないんでしょうか)
(非科学的なものを信じられる主人公だといいな・・・)

香希は、どうしても慣れない(笑)
見た目から来る声のイメージと、どうしても合わない。
あれはあれで微妙な違和感が楽しくなりそうですが、発売までに慣れてしまいそうだ。

声とキャラのイメージが一番重なったのは、やっぱり直夜かなあ。
特に2弾目のボイスはよかった。
俺様キャラっぽいのがよく表れてて。伊藤さん使うなら、断然こういう直夜みたいなキャラで使って欲しい。(と某ゲームを横目に言ってみる)(いや好きだけどあれも!)



で、チヒロが芹香で攻略可なのは、決定なんですね・・・うわorz
どうしてもチヒロ×明里から抜け出せそうにない私は、今作でのチヒロはスルーします。
ものっそい格好いいとかなら別ですが、別にやらなくてもいいかなあ、と。
もう一人追加で隠しがいるらしいので、それは今作のみのキャラであることを期待。
前作キャラの上、炎樹とか来られたらもう泣くしかない。
炎明だけは絶対に譲れないんだ。
posted by 塔湖 at 06:43| Comment(0) | その他乙女ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

読み終わり。

何だかんだで、病院には泊まらずに戻ってきています。
いや、病院は行ったんですけどね。
色々考えさせられつつ、伯爵と妖精〜紅の騎士に願うならば〜読了です。
ど う し よ う も な い な 、 お い 。


エドガー可愛すぎて、どうすればいいんでしょうか。
最後の方、やっぱり婚約解消されそう・・・?とか怯えてたエドガーが可愛すぎて、殴りかかりたくなりました。
って言うか、黙って寝てろとかそんな話です。
リディアだと思ってなかったとは言え、リディアはリディアなので、そのリディアに拷問しようとしたこと、延々悔いているがいいよ。(同情の余地はある!)


今回、トローに連れ去られつつ、チェンジリングの魔法で戻ってきたリディアなわけですが、リディアの偽名に吹いた。

「 リ ズ 」 。

ちょ、先生出てくんな!とか思って、激しく吹いた。
リズじゃなくても、何かあるだろう!
リズと呼ぶたびに、あの大男が出てきて困りました。
いや、優しいけどさあ・・・リズってエドガーが優しく呼ぶたびに、あの顔に傷のある男を思い出すわけです。気持ち悪くて仕方ない。(100%自己責任)


どうでもいいけど、未だにエドガーのビジュアルがふとした拍子にアラロスのロベルトで再生されてる。
さらに、華鬼の麗二は完全にVitaminXの衣笠なんですが・・・。どうしたらいいんでしょうか・・・。(本当にカズネさんにも高星さんにも申し訳ない)


本編に話を戻すと、今回、リディアの愛されっぷりがよく分かります。
リズのこと抱きしめていて、リディアを何となくですが感じていたようですし、パーティーでもリディアならずっと見てるはずのエドガーがリズに対しては、そうでもなかったり。
他のところでもちらほらと、リディアとリズに扱いの違いが出ていて面白かったですよ。

ただ、エドガーはもう少し義父の話をちゃんと聞くべきだと思います。
ルビーとサファイアは色は違っても本質は同じものだと言ったことに対し、宝剣の方を思い出してしまったようですが、リズとリディアも思い出せYO!
自分でリズをリディアだと思ったんなら、その直感を信じてみようぜ・・・!
たぶん、今回のエドガーは読者の中で中盤に少し株落としてた(笑)
でも、最後の最後、どこの子供ですかこの男はと呆れたくなるくらいに婚約破棄を嫌がったエドガーは、しっかり落とした株を取り戻した挙句、さらに上げていったと思います。
・・・本当にエドガーはリディアだけが好きなんだな。
今更そんなことを思いました。


これからまだ波乱ばかりが続きそうですが、いい加減、結婚させてあげて欲しい。(笑)
あと1巻くらい婚約者状態が続くかもしれませんが、もしくは、次の巻のラストあたりに結婚式かもしれませんが、何でもいいから結婚させてあげたい。
エドガーも結構我慢したって!
今回、バカもう少し何で待てないかなあ!?とキレそうになる場面もありましたが、それにしたって我慢した・・・!



自分からリボン外したリディアは、正直、クるものがありましたよね。(可愛かった)
あれで泣かれてるのを見たら、逆に無理にでも・・・!と思いそうだと思ったんですが、エドガーはそんな趣味がなくてよかったような気がしなくもないです。


最近の私、ぶっちゃけすぎてて引かれそうなんですけど、どうすればいいですか。

・・・・・・・・・・ぶっちゃけついでに、遙か4は那岐、風早、水色のどれかが最萌えになる気がする。
水色が意外に凛々しいんだか、パッと見通り、か弱そうなんだか分からなくなって、凄まじく萌えた。やっぱりトレジャーに特攻かもしれない。
プレミアムにしておくとは思うけど。
posted by 塔湖 at 06:49| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

紅の月

見てみました、紅の月。
初っ端から爆笑の嵐(笑)



1周目の割りに、色々ルート辿りすぎててカオスだった。
景時の生田配置があり(運命上書いて居残り)、九郎の鵯越があり、弁慶の裏切り(シチュは変えてた)、敦盛・ヒノエのカミングアウトがあり、リズ死亡があり、譲・・・・はこれといってなかったけど、将臣のロミジュリ展開やら那智の滝やら色々。

たぶん、将臣ルートを辿るんだろうけど、どれでもよさ気かもしれない。
これで譲、弁慶、景時、敦盛、ヒノエルートに行かれたらぽっかーんですけどね。
ギリギリ、九郎やリズだったら納得ですけど(九郎贔屓だからそう思うのかも笑)、一番納得するのは将臣でしょうか。
八葉抄や舞一夜では地青龍(天真)が贔屓されまくっていたし、ゲームでも九郎や将臣がスポットライトを浴びていたので、九郎かなあと思っていたら将臣でした。


OPとか凄かったですしね。
コルダで半裸やったからって、遙かでもやる必要はないのに!!
九郎のところで止めたのは秘密なんだぜ?(ホント黙ってた方がいい)
本編でもありましたけど、OPには仰け反った。
将臣と望美がいきなり裸で手を繋ぎ始めましたもんね。
面白すぎる。


本編は最初からカオス全開で(展開読めない)、逆に面白かった。
詰め込みすぎだったり、ヒノエのあっさりとしたカミングアウトだったりに笑い転げていたら、すっごい楽しかった。
九郎の演技も良かった。
最近、関さんの声聞いてなかったですけど、久々に聞いたらやっぱりいい演技だって思った。
何だかんだで、この演技がある限り、地青龍からは離れられないんだろうなあ・・・。
(最萌えでないならどの地青龍も大好きだ)


あー・・・楽しかった。凄く楽しかった。
小説は読みたいとは思わないですけど(黙って!)、アニメは楽しかったですよ。
最後、三木さんが歌ってましたしね。
歌わない宣言した三木さんにまで歌わせるコーエーの根性がすごい。
三木さんくらいなら断れるだろうに、なんで断らなかったんだろう・・・。
井上さんだって歌うだろうし、関さんだって作詞家とか考えてあげれば、いくらでも歌うだろうに。
将臣中心の話だから、三木さんにどうしても歌ってほしかったんだろうか。
(だったら舞一夜で櫻井さんに歌わせましょうよ)
posted by 塔湖 at 10:22| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

ありがとうー!


↓の記事を投下した後、妹が帰宅。
空気読んで、頼んでないものまで買ってきてくれました!
マジで感謝、ありがとう!!


・執事様のお気に入り2
・エリアの騎士2
・エリアの騎士3
・エリアの騎士4


この4冊買ってきてくれました。
マジで感謝です。


エリアの方は、やっぱり面白かったー。
なんか、色々気になる展開で終わったので、続きが楽しみです。
って言うか、兄が死んでからの方が、私は兄が好きになれた(笑)
死ぬ直前の兄弟の会話に、素でじわっと来ちゃったのは絶対秘密だ。

執事様は、相変わらずの面白さでした(笑)
妹的には、伯王の大切な存在が良ではなかったことに衝撃を受けていたみたいですが、私は平気だったかなー。
いや、最初にネタバレされたときは、最高に萎えましたよ?
ほら、彩雲国で静蘭の一番大切な存在が秀麗じゃないって言われたときくらい萎えましたが、自分自身で読んでみるとそうでもない。
寧ろ、これは萌えられる。(でも、断じてBL展開は認めない
伯王の優しさは寧ろ萌えだと思うのですよ!!!
特に、一緒に買い物行ったときの話とかやばい(笑)
なんだあの空気だけで吐けそうなほどの甘さは。
良がいい子で好感が持てるので、なおさら楽しい。
あのある意味美味しい状況で、優越感〜とか思わない辺り、いい子だなと。
手を振り払っちゃうのも、当たり前の行動でよかった。
たまに勘違いの主人公がいたりするので、私的にはやっぱり良好きだなー。

これ言ったら相当ウザがられるのは分かっているんですが、どうしても言いたい。

伯王、そのポジション変われ。

男キャラ好きーそれだけいればいい、とか言ってる人もイラッと来ますが、それ以上に、女子キャラ萌えー可愛いー男子こそイラNEEEEEEEEE!とか言ってる人のほうがムカッと来るわけです。
それどこまで本音?とか思って。
でも、やっぱりこの作品は、良好きだと思う。
誰よりも良が好きだと思う。
性格も好きなんですが、ぶっちゃけた話、ビジュアルがね、好みすぎるわけです。(もう少しオブラート包め!)
伊沢さんの絵は元々綺麗なので好みだったわけですが、ビジュアルでの好感度高い上に、嫌味のない性格に、もう落ちるしかない。
マジで変われそのポジション・・・!
電車でコケた良の手を取るのも、カフェでエスコートする役目も、良に謝られるシチュエーションも、萌えすぎてやばい。

妹にも言いましたが、伯王視点でこの物語を見たらやばいんじゃないの。
これ、毎日伯王にとっての萌え展開が転がってるんじゃないの。
上に挙げた例3つだけでも、1日どころか数時間のうちに起こってますからね。
素で羨ましい自分が、正直気持ち悪くて、あとで読み直したらそれこそイラッときそうです。
・・・・・・・でも、本当に良がいい子なんだよ。
どうしても誰かとカプ作るなら、隼人×良で是非。
光晴×神無(@華鬼)が叶わなかった今、ダントツで推したい報われなさそうなカプはこのカプだ。(・・・)
実現しないのは分かってても、推すのは自由でしょう!?


うは、言っててディスプレイが見えなくなって・・・な、泣いてないよッ!!!
posted by 塔湖 at 23:57| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買ってきてみましたよっと。


やっぱりキチメガ買ってみようかなあ。(みんなドン引き)
太一(の声があの人なのはどう考えても卑怯)が「これって愛だと思わない?」とか言うらしいと聞いて、かなりグラッと来た。
いきなり萌えた。
え、萌えないですか?素で萌えるんですけど、どうなんでしょうか。

あと、華鬼もゲームでないかなあと。
最後まで読んで、これは華鬼×神無だからいいと思う一方で、やっぱり光晴のルートも見て見たいと思わざるを得ない。
三翼だと、もう光晴しか見えないんですけど・・・!
(九翼まで広げると、風太・雷太とそれ以外の括りでしか分からない)
(風太と雷太の区別もつかない)
(↑この二人だけ異色すぎる)
あー華鬼が、本気で面白かった。
あれから何度か読み返してます。ほぼED迎えてる、67ページ辺りからを何度も(笑)
早く2巻目と3巻目出して・・・!!(これだけ売れて出さないとか有り得ないと思う)


で、明日病院に泊まるらしいので、本買って来ました。

・伯爵と妖精〜紅の騎士に願うならば
・エリアの騎士1

上は文庫で、下は漫画。
明日の晩は、きっと八雲読み終わっちゃうだろうなと思ったので、伯妖買いに行ったんです。
1件目の本屋でそれは買えたんですけど、もう1冊欲しいなあと2件目の本屋へ。
欲しい本は特になかったので、漫画のコーナーとかうろついていたら、以前から気になっていたエリアの騎士(サッカー漫画)とダイヤのA(野球漫画)が置いてあり、面白いかどうか分からないから1冊だけ買っていこう・・・とか思って、絵的に好きそうなエリアを選んでみました。
いや、ぶっちゃけどっちも絵柄は同じようなものかもしれませんが・・・。
絵柄はどっちも同じようなもので、やっぱり成長モノらしいので、煽りで選んだ部分も微妙にありますけどね・・・。

で、エリア。
すごい面白かった!!
兄弟もので、兄がスター、弟が落ち零れ。
ありがちって言えばありがちなのかもしれないですけど(って言うか、弟も凄いだろ)、面白い!
で、いつも通り、私は弟びいきで(笑)
弟の駆がすごく可愛くていいなあとか思った。
マネに甘んじている姿が兄には納得行かない部分もあるのかな、と1巻読了時点で思っているんですが、私はそこにこそ納得いかない。
もちろん駆がピッチを走り回りたい気持ちは分かる。って言うか、きっとそれが普通。
でも、マネやってるときの駆の言いたいことだって凄く分かると思うんだ・・・。
トレーナーとしてピッチに立ちたいって言うのも、才能がないのかもしれないって思ってる駆にはちゃんとした夢だよ・・・?
私はサッカーやったことないけど、他のスポーツでも、プロの選手だけの世界ってないじゃない。選手だけでやっていける世界もない。
駆の気持ちを慮ってサッカーに戻れって言う兄の気持ちも、友人の気持ちも分かるけど、そこだけが妙に引っかかった。他は全部面白かったです(笑)


伯妖は明日読もうと思いますよー。
たぶん、大丈夫だとは思いますが、何か連絡のある方は明後日お願いします〜。
(病院は電源まで切らなきゃいけないらしいよ)
posted by 塔湖 at 18:33| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華鬼


華鬼、読み終わりましたー。
と言うか、原作の方も読み終わりました(笑)
激しくネタバレるので注意。


私の興味は、華鬼×神無だけだったので、番外編には興味なかったんですが、読んでみたら何気に面白かったです。
このシリーズが終わったら、次は光晴とその花嫁の話なんだろうな・・・と。
それは読めないorz(光晴に対して本気すぎる)



で、華鬼(はなおに)本編。
面白かったですよ。
感想で、華鬼(かき)が可愛いみたいなことを書いていた人がいたので、「可愛くはないだろ・・・」と引いていたのですが、いやかわいいですよ・・・!
首傾げながら助けんなって話ですが、それが可愛い。
でも、一番可愛いのは、神無を花嫁にした理由かな・・・って。
「ただ会ってみたかった」。
それだけの理由なのが、ものすごく可愛かった。
それに、書籍版の「華の邂逅」を合わせると、もう泣きたくなるくらい・・・!
ずっと命を狙われ続けた華鬼にとっては、あの桜の木の下での出会いは、唯一心を癒してくれるものだったんだろうな・・・とか考えるわけです。
実際、自分では気付かないんだろうけどな!
なんであそこに立っていたのかも考えないんだろうけどな!!


じっくり考えると、たったそれだけの理由で人生狂わせんな!と叫びたくなるわけですが、なんか・・・・もう、結局幸せなんだからいいような気もする。



後半、華鬼が神無を大事に扱うようになって来た辺りから、もう楽しくって楽しくって仕方ありませんでした。
劇的に変わった、木藤(きとう)の生家での話は特に好きだ。
やっぱり、華鬼も鬼で、無意識に守るものは自分自身よりも花嫁なんだなあと。
それまでの扱いが、粗雑を通り越して悲惨極まりないものだったので(ちょ、初夜に殺そうとすんな笑)、ある意味感動が。
ついでに、なんとなく三翼全員が不憫になった。
・・・・・・(神無が来てから)今まで守ってきたのはずっと三翼だったのにな・・・。
いくら鬼頭(きとう)だからって言って、三翼の主だからって、納得できないところもあるよな・・・。うわ、本気で不憫になってきた(笑)


あとは、学校での乱闘騒ぎ。
いくつもありますが、最後の乱闘騒ぎですね。あの雪像祭り。(イベント名なんて忘れた)
神無が襲われてるかもしれない。
それで、もう一生懸命探してるわけですよ。
殺そうとしてたのに、探して、助けようとしてた。
なんか、色々厄介なことされてたみたいですが、それでも探し出しちゃうのが、定番の展開とは言え、助けられなかったら一気に興ざめなのでやっぱり楽しかったです。


助けた後、部屋に連れ戻された神無を、もう壊れ物を扱うように、すごく丁寧に優しく扱ってる華鬼が可愛かった。
響に襲われた後だからと、わざわざベッドを神無に譲ろうとしたのとか、以前の華鬼からは考えられない気がする。
「花嫁は鬼を産むためだけの道具」とか言い切ったこと覚えてますか?と、笑顔で聞きたくなるくらいです。(過去を抉りすぎてる!)
まあ、その後は仲良く一緒に「寝た」らしいですが。
翌日、「初めてだとは思ってなかった・・・」みたいに一人ごちてる華鬼に、うっかり吹いた(笑)
そして、私まで驚いた。
ちょ、えっ!
散々怖い目に遭ってきたんじゃないの!?
だから自傷行為にも走って・・・・・・あれ、目の前で自分を傷つけるような女を抱こうとする男はいなかったんだっけ?(よく思い出せない)
・・・・・・にしたって、そしたら響は何してたんだ。
華鬼が助けに入ったとき、神無の口に猿轡して、制服破けた状態だったんじゃないのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・それで何もなかったって、誰が思う・・・?と言うか、それでやらなかったって、響は一体なにを考えてその行動を起こしてるの・・・?
ここで犯ったら華鬼の力を認めることになるとか、最後の理性で耐えたんだろうか。


そこは置いといて、神無が「華鬼だけの花嫁になってもいい?」って、聞いた後から、華鬼周り見えてないですよね(笑)
生活の中心が神無になってる。
この辺りで、やっぱり華鬼が鬼だし、神無は花嫁なんだな、と。
一番最初に抱かれてから、わずか一週間でなぜ妊娠が分かるのかと疑問で仕方ありませんが(何で分かったんだ水羽(みなう))、まあ鬼だからかなで片付けてしまえそうで怖いです。

妊娠話よりも楽しかったのは、結婚指輪の話でしょうか。
私的には、もうこういう話ツボで仕方ない。
父親が家に来るかもしれないからと、さっさと指輪を買いに出て行こうとする華鬼が、かわいいと言うかなんと言うか・・・。
本当に神無のこと好きなんだなあと。
二人きりの時間を片時も邪魔されたくないって何事!(笑)
数ヶ月前の華鬼を、今の華鬼に突きつけてやりたくなる。(あまりに残酷な仕打ち)
もう、二人で一生楽しく過ごせばいいよ。


あー・・・神無が死んだら、華鬼は新しく花嫁迎えるのかーとか思って、軽く凹んだ。
神無を迎えるまで迎えてなかったんだから、神無以外迎えなければいいのにと思うほど、この二人が好きだ。
番外編、三翼のそれぞれの過去よりも、華鬼と神無のその後がみたいと思う私が我が侭なんでしょうか・・・。
posted by 塔湖 at 09:05| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

自分が嫌いすぎる。


タイトルの割りに、あんまり(どころか全然)深刻じゃないので、平気ですよー(笑)


遙か4サイトが地味に更新されてたんですね。
あー・・・前から思ってたけど、やっぱりトレジャーに変えようかなあ・・・・・・・・。
プレミアムで構わないって思っていたんですが、水野先生書下ろし入れてのフォトライブラリーは卑怯すぎる・・・!
書き下ろしさえなければ、んなもんゲームで確認できんだよ!要らないと思う自分勝ち組!!くらい思えたんですが、書き下ろしのせいで完全に負け組みです。
でも、あの絵は欲しいと思うでしょう・・・。
1万3千円は出せない値段ではない上に、公式予約なら確実10パーセント程度は割引される気が・・・?5パーセントとか、そんなもんだったかな。
これでソフマップとかで予約させてもらえるなら、もう少し引けるんだけど。(きっと1万ちょっとまで下がる)
konozama覚悟で密林特攻でもよさそうですけどね・・・。
何だかんだで、どこまで期待していいのか分からないYO!


那岐と風早には期待せざるを得ませんが。

ついでに、青髪の横顔に三木さんが来たら、もうトレジャーに特攻する。

水色:保志総一朗
短パン:高橋直純
眼帯:中原茂
横顔:三木眞一郎

↑これが一番有り得そう?
上二つと、下二つは逆でもいい。
高橋さんが眼帯に来たら、トレジャーボックス5箱買ってもいい。
posted by 塔湖 at 23:26| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華鬼・心霊探偵八雲

ただいまですー。
疲れた・・・。
ずっと寝てた記憶しかないような気もしますが、今日のシンポジウムは楽しかったです。
あーでも、去年のワークショップの方が、他校との交流があって楽しかったな。




今日は帰りに「華鬼」「心霊探偵八雲4」買ってきました。


心霊探偵八雲2・3は、ホテル滞在中に読了。
やばい、萌えるよ八雲×晴香・・・!
晴香も厄介な人間好きになったなあと思うわけですが(報われてるところが想像できない笑)、でも結構いいコンビなので楽しみ。
石井は・・・まあ、適当に真琴あたりと結婚でも何でもすればいいんじゃ・・・?(何でそんなに投げやりなの)
特にここに萌えた!ってことはないんですが、全体的に萌える。
4巻が楽しみです。早く読みたい。

華鬼は、正直、かなり買うの迷った。
ネット小説って、ケータイ小説よりはいいと思っていますが、それでも不安は拭い去れなかった・・・。
挿絵がカズキさんだったので、凄く高いカズキさんの画集を買おうと思って、思い切って買ってみました。
390万部の売り上げは伊達じゃなかった。
あーもー、凄く楽しい。
まだ半分辺りまでしか読み終わっていませんが、凄く楽しいです。
主人公の神無がいい子。
暗い、ネガティヴな子だなー・・・と思っていたんですが、それも仕方ない境遇な上に、お礼はちゃんと言える子だし、ギリギリまで自力でどうにかしよう(無理なら死ぬ)の思考が好きでした。
いや、死ぬな!って思いますけど。
しかも、これからコトに及ぼうとしてたのに、そこから殺される展開に、普通に順応すんな!って話ですけど。
これだけ書くと超展開なのに、物語としては全く破綻しないのが凄いなあ。

小説のレベルは、一般の小説と比べても遜色ないどころか、かなりレベル高いと思います。
発掘してくれた担当さんありがとう・・!
ネット界においては、一次創作には手を出さない主義なので(読めるレベルものがなかった・・・)、こういう本にでもならなかったらこんな面白い話を知らないままで終わってた。

最初買うまでは、「ちょ、この390万部、大半カズネさんで釣ったんだろ」とか思ってました。
すみません、本当に申し訳なかった。
たぶん、サイトで読んでた人も買ってると思う。
いつ消えるとも限らないサイトのものよりも、やっぱり捨てない限り一生手元に残る紙媒体で持っていたいって思う話です。
続きが気になるので、サイトのほうで先に読もうと思いますが、それでも続編は必ず買います。買わなかったら後悔する・・・!


あ、どうでもいい上に、私の趣味嗜好をご存知の方なら予想はつくと思いますが、やっぱり好きなのは三翼の一人、高槻【すみません、士都麻光晴でした。高槻はそのまま麗二だろって話です】でした。
大阪弁が苦手な部類の人間なんですが(大阪が嫌いな訳じゃない!!!!関西方面の方、すみません・・・)、高槻【光晴】ならそれも魅力の一部だとさえ思えるマジック。こえええええええ。
麗二に関しては、麗二は麗二で好きだったので、もえぎが妻だった(所謂本妻)ことに少なからず衝撃を覚えましたが、もえぎだったら仕方ないよ・・・!
もえぎだったら、そりゃな!嫌だと言い張る気も失せるくらいいい人です。
もえぎも言っていますが、たとえ神無が麗二を花婿に選んだとしても、神無ともえぎは仲良くやって行けると思います。
どっちも麗二を独り占めできるなんて、端から思ってなさそう・・・?

でも、高槻【光晴】に妻がいるとか言ったら、問答無用でブチ切れそうなんだぜ?


今、ちょうど半分辺りまで読み終えて、九翼の忠誠の話になっているんですが。
守り手に、ちゃんとありがとうって言える神無がいい子です。
そりゃみんな感動もする。
もう、三翼以外の守り手も神無に求愛するといい・・・!
って言うか、最終的に華鬼×神無になるのは分かるけど、それまでの過程で、本気で三翼が全員とも神無のことを好きになってくれたらいいなあ。
逆ハーをこれほど望む小説も珍しい(笑)
ショタ路線全開っぽい(でも実年齢33歳)の水羽にさえ、逆ハー要員を希望する!




こんなこと書いてますが、完結編まで読み終わってるファンには、鼻先で笑ってしまうくらい無謀な要求なんだろうなあ(笑)



早く、次の巻発売しないかなあ・・・。






あ、あの・・・?
華鬼の特典小説って、誰でも読めるよ、ね・・・?
間違ってないよね・・・・?
初回限定の特典ページのURLは確かに載ってなかったですが、少し調べたら出てきたんですけど・・・。
番外編っぽいものが3篇あったのでそれであってると思うんですが。
違うのかな。
なんか、違う、変なものを見つけちゃった?
posted by 塔湖 at 23:07| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ツリー

20071225135901
撮ってみた。
本物はすごくきれいですよ。
ヴァイオリンのオーナメント(だっけ?)までありました。
色とりどりです。
posted by 塔湖 at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

最高すぎる


翡翠の雫のキャラソン聴けました。
好きかどうか訊かれると、やっぱり緋色同様好きではないんですが、御子柴+小太郎のキャラソンは最高でした(笑)
近年稀に見る最高傑作だと思う。
ちゃんと歌なはずなのに、ほとんど二人の掛け合いじゃないの?って雰囲気です。
楽しすぎる。
御子柴が御子柴ではなくなっている感もありますが、あれは公式が体を張って、御子柴をどこまで崩していいのかをファンに示してくれたんだと思っています。
私の分野じゃないので関係ないですが、ギャグSSを書かれる方は、大いに崩していいってことが分かったんじゃないでしょうか。
御子柴単体になると、重苦しい歌を4分ちょい歌っていました。
あまりに暗く、遅いテンポであり、どう考えても好きになれそうになかったので最後まで聞けていません・・・。
声が好きと言うだけでは、最後まで聞いていられない曲を作るのが緋色クオリティだと改めて実感。
あ、でも、星空〜(御子柴+小太郎)のキャラソンも楽しかったですけど、同じくらい大蛇+慎司のキャラソンも良かったですよね。
あれは大好きでした。
最年長キャラの入ったキャラソンは、素でいいと思う。
確かにネタソングであることは否定できませんが、私は普通に好きです。
近藤さんの英語が聞きたかったり、馬鹿っぽい御子柴に飢えてたり、小太郎に洗脳され始める御子柴が聞きたかったら、是非。
こんな歌を歌ってくれちゃった近藤さんが大好きで仕方ない。


あー、また乙女ゲーに近藤さん来ないかなあ。
絵師にはみささぎさんでお願いできないかなあ。
鬼畜眼鏡の克哉。特にノーマルの克哉が、ものっそい好みなんですが。
あれで平川さん(・・・)の優しい口調そのままだったら、それだけで特攻できる。
近藤さんでもいい。中村・・・・でもいいかもしれない。
posted by 塔湖 at 22:59| Comment(0) | その他乙女ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用意してないんだけど・・・

世間はクリスマスイヴだーみたいにはしゃいでいそうですが、相変わらずな毎日です。
猫も寝てます。
妹の蒼(HNはどれにしてるんですか)も寝てます。
勉強するか(受験生)、上で寝るかしてください・・・。風邪引くから。


と、悠長に説教してる私は昨日の夜がやばかったです。
明日・明後日と泊まりで出かけることになっているにもかかわらず、風邪引く寸前でした。
頭痛くって・・。夕方の5時辺りから寝て、夕食だけ食べてまた寝たら治ったようですけど。よかったー・・・。


で、明日出かけるのに、まだ一切用意が終わってません(笑)
しかも、お台場に電車使って行ったことがないので不安です。行けなくない?
同級生の一人が同じ電車で行くっぽいんですが、途中で秋葉原寄るとか言ってた・・・。
興味ないから!秋葉原とか言っても買うものないから!!


途中で迷ったらどうしようーと言う感じです。
ワシントンホテルらしいんですが、それってそんなに大きいの?
分からなくなったら駅員に聞いて分かるくらいの建物なんでしょうか。不安すぎる。
親には分からないはずがないと力説されましたが、私の今までの行動を考えてくれって話です。
横浜だったら迷わず行けたさ・・・!!


で、どうこう言いつつ、何やってるかって言えば電気回路です。
テブナンの定理で思いっきりつまずいています。
ねえ、やっぱり理解できないよこれ。意味が分かんない。
なんでそこに素子があったり、電源があるのに無視するの?
なんで無視していいの?ホンット、理解の範疇超えるんですけど!
しかも教科書もノートも学校に置き忘れたよ!(勇者)
さらに解析の教科書も学校に置きっぱなしにしちゃったよ!!(神の領域に片足突っ込んだ)

テブナンは意味が分からなかったので、ググって(一発変換できた・・!)どうにか解いてみました。
当たっているとは欠片も思ってないけどな!
制御科の友人や、後輩(・・・)に聞いてこようと思います・・・。

残るはフェーザ軌跡です。
今まで以上に意味が分からないYO!






ミスった。間違って保存してしまった(笑)
書きたかったのはフルキスの話題だった。
麻生ルートの依織が凄まじくよかったため、瀬伊ルートのセカンドにも期待じゃね!?と公式見てきました。
見たはずなんですけど、忘れてた。
で、公式見て、忘れた理由をはっきり自覚した。

セカンド=山本春太。

そりゃ忘れもするだろうよ・・・・・。
むしろ、自動的に脳内消去だ。
ああ、なんか、瀬伊ルートの内容が発表されたときに「瀬伊から揺らぐことがなさそうだな」って思ったのを思い出した。
そりゃ揺らがないだろうさ。

皇ルートにも期待しようと思ったら、皇ルートはセカンドいないっぽくない?
予告編では依織が関わってくるみたいですが、さすがに乗り換えた末に戻るのはないわ。
伊藤Pのインタビュー見てると、やっぱりBL話が関わってくるみたいで正直欝なわけですが(混ぜるな危険を思い出して!)、やっぱり皇だから楽しんでしまうんだろうな・・・。
とにかくケンカパートは、最初は全部ビンタ(麻生で慣れた)で、次は全面的に同意してみようと思います。
皇は全面的に同意したら、「そうだろ?」ってすぐに納得するか、「馬鹿にしてるのか?」って気付くのか、すごく興味がある。
あ、ちなみに同意=馬鹿にするで間違ってないですよね(笑顔)


【訂正】

勝手に想像して勝手に鬱っててすみませんでした。
大丈夫、皇が好きなのは断じて女の子だ。むしろ、むぎ限定だ。
そう言い聞かせてたら大丈夫でした。
皇自身も童子のことは男として好きだって、言ってた。わざわざ括弧括弧閉じまで入れて言ってくれてた。

それにしても、葵ルートの「あの人」が気になるんですが、もしかして英二郎(漢字あってる?)だったりするんでしょうか。
英は私知らないので不安なんですが・・・。
英に萌えたって人、見たことないよ・・?(個人的にあのノリは好きそうですけど)

・・・・・・クリスマスは、絶対皇とデート(ry と決めていたんですが、今から始めてクリスマスまで行けるでしょうか。
むしろ、理事長ともクリスマスデートしたい感じなんですが。
って言うか、最終データがきっと松川ルート、2番目瀬伊(一哉?)だった気が・・。
いい加減、さっさとコンプしようぜ!(1回コンプしたのに消した)

うは、言ってたら今すぐプレイしに行きたくなった。
まだフェーザが終わっていない上に、明日の用意も終わってないのでできないです。
ちょ、マジで皇に逢いたい・・・!
理事長の完璧なまでのエスコートで食事しに行きたい・・・!!
それ以前に、もう3次元に戻ってきたくない(2次元万歳だこのやろう・・・っ!)
posted by 塔湖 at 16:34| Comment(0) | フルハウスキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

神の存在証明


大真面目に騙された。
今、結構頑張ってフェルマーの最終定理〜ピュタゴラスに始まって、ワイルズが証明するまで〜を読んでいます。
一晩で読み終えたとか言ってる人、本当に凄すぎる。
読み終わらなさそうだから、あとで図書館行ったら延滞の手続きしてきます・・。
まだ半分しか読み終わらないよ・・・・・。


あ、でも面白いですよ。
数学的なところは、知ったこっちゃねーよで終わらしてるんですが(最悪)、人間ドラマって言うか、数学者たちの話はじっくり読めます。
あと、みんな言ってますけど、数学の知識はホント中学生レベルでいいと思います。
ただ私はなぜ工学系の学校に通っているのかも分からない数学音痴なので、点予想の証明を補遺に記述されても分かりませんでした。(証明は読まなくてもいいように最後の方にまとめられてます)
読み込めば分かるのかもしれません。数学者曰く「もっとはやく解決されていてもおかしくない」くらい簡単な数学の知識で証明できる話だったようなので。
だからって一般人(にさえ含めてもらえるかどうか分からない)私が理解できるかどうかは分からないですが・・・。

で、タイトル。
神の存在証明。
この本ではオイラーの存在証明のみしか取り上げられていませんでしたが、世の中にはニュートンの神の存在証明もあったんですね。初めて知った。(馬鹿)
で、この本で取り上げられたオイラーの方の神の存在証明。

(a+b^n)/n=x

これのどこら辺が神を示しているのかと、本気で悩んでしまった。
この話自体は有名だと思うんですが、残念ながら私はそのオチと言うか、証明を知らなかったわけです。


って言うか、誰も知るわけが無い話だったんですね。


びっくりしたわ!驚かすな!!
この数式自体になんの意味も無いとか書いてあって、拍子抜けです。
すごい悩んだのに・・・!
あのオイラーが言うんだから、きっと神を証明してるんだろうとか、どこかのサイトで開設されてるかもとか楽しみにしてたのに、意味無かったのかYO!
あのウキウキとした高揚感を返せ!(言いがかり!)


・・・・・・・ちょっと落ち着いて、電気回路やってくる。
(できる気がしないよ!)
posted by 塔湖 at 16:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

コンプ!

フルキス2アペンド麻生シナリオ、コンプしてみました。
ちょ、あんなところにインターバルあるなんて思わねえ。
盛大なネタバレと、テンションのおかしな(裏的内容)もあるかもしれませんので、要注意。














で、タイトル通りコンプし終わりました。
インターバル回想の1つ目は麻生からの手紙で、1つ目以外をコンプすると見られるようです。
で、このとき「ありがとう」って言葉がつくんですが、迎えたEDによっては申し訳なさで泣きたくなります。
麻生EDで迎えたコンプならいいんだ。
でも、私の場合二股EDだったから・・・さ・・・・・・。(やっちまったZE☆(仝ω仝))
それにしても、依織EDを選んだ挙句、その依織に「分からない」とか言っちゃいますからね。
依織「・・・それは俺を選ぶということかい?」
むぎ「まだ分かんない・・・」
とか、そんな会話しますからね。
会話の内容が随分変わっただけで、2の御堂と何が違うのか分かんないよ!
釣った魚には餌やらないとか、そんな主義ですか!
でも、「いつか俺だけを選ばせあげるから」に、松川を選ばなかったむぎの愚かさに心底感謝したりもしました。
萌えるからそういうこと言うな・・・!
そこで取れるインターバルにまた萌え転がることになりました。
インタビューだったんですが、それ読んでるとね。どれだけ松川はむぎに真剣だったのかと。
2の頃よりも短いのであまり盛り上がらなかった印象だったんですが、インタビューで「昔は許せなかった手を使ってでも」などと言い始めるので、萌えます。
二股かけさせるなんて有り得ないし、松川自身もそんな状況を望むはずもないんですが、それでもいいからむぎが欲しかったんだなあ・・・と。
絶対、このあとむぎは松川選ぶよ・・・。
本当のBADよりも後味悪かったりする。うわあ・・・。
/*追記*/
依織が「今日は俺、明日は麻生と一緒にいるといい」みたいな。覚えてないですけど、そんな雰囲気のこと言ってます。
しかも、俺のあとをつけてあげるとか言ってた。うっわー・・・。これ、本当になんてエロゲ?
パソでC判定されてますけど、これD覚悟で作ったようにしか見えないよ・・・?
/*終了*/

あとは、本編でのケンカでしょうか。
美術室で麻生に迫られて、って言うあれ。ケンカパート。
全部涙目とか、全部無言とか、全部反論とか試した挙句、全部同意を選んでみました。
笑 う し か な い 。
麻生君の言うこと分かるよ!みたいなスチル(?)出てくるんですが、それがもうえらい笑顔です。いい笑顔すぎる。
でも、いざ同意してみると全然同意してないのね(笑)
嫌味ばっか!あんなケンカ、私は絶対やりたくない。
まだビンタのほうがいいわ!
って言うか、打ってもやり返さない麻生が大人だった。(それが普通)(麻生を何だと)


ケンカパートとは別で、依織&むぎと麻生&宝珠の鉢合わせイベント。
私的には、あれは麻生を止めに入るより、放っておく方が好きだ。
むぎも依織も大人に見える不思議(笑)
麻生がうぜえとか言ってきて、いやお前のほうが段違いにうぜえ!と思うのですが、すかさずフォローに回ってくれる松川さんが素敵すぎる。
もうこの行動が計算だとしても、そんなのどうでもいいんじゃね!?
馬鹿は放っておきなさい、きみが傷つくだけだに、激しく同意しました。
麻生は頭冷やして来い。
それにしても、あの場面での宝珠はいらない子すぎて可哀想。(出てこないorz)



で、たぶん一番愉快なEDであろう樋山ED。
カプコンの粘りが凄いです。
これなんてコルダ2?みたいなね、そんな粘りがあります。
コルダ2でもBADに行くまで、凄く粘られましたが(何度確認するんだ)、こっちも同じです。
本当に好きなの?マジで?あの麻生だぜ?本気で麻生よりも樋山とんの?
そんな勢いで、3・4回は確認されます。
しかも、1回目樋山が好きだって選んだら、「・・・ちょっと待って、あたし今なんて言おうとした?」とか自分自身の考えに怯えてた。
それ見たら吹っ切れたからね。麻生ルート戻ろうかなあとかちょっと考えつついましたけど、こんな面白いルート見逃せねえとばかりに、延々樋山選び続けました。
最ッ高!(笑)
しかも付き合うって言ったら「最後に残るのは樋山城ですよ!?」って卑下しまくってました。
樋山城の前に、2つくらい言葉並べてたけど忘れた。

樋山EDでのインターバルは、ED後の初デート。
デートまで制服で来る樋山に笑った。
やっぱり麻生にしとけばよかったのにな、むぎ・・・・・(不憫)

で、樋山ルートに入った挙句、麻生に戻ってもみました。
素敵な想い出をありがとうとか言い始める樋山にグラッと来つつ、やっぱり松川好きすぎる。
EDで、近しい人たちがそれぞれにコメントを入れていくんですが、松川が今は見守るけど、俺以外の3人も黙ってないだろうしね。ってコメントしてた。
3人・・・・?一哉と瀬伊と、あと誰だ。松川は山本を数に入れるような寛大な人間では決してないので、きっと間違いかな・・・。皇は、麻生EDでは関わってこないしな。


で、またインターバル「渡米計画」。
一哉萌えは、ここが一番だったでしょうか。
むぎを連れてアメリカに行こうとしていた麻生が御堂にそのことを相談したら(なんで相談しようだなんて思ったんだ)、「お前馬鹿だろ?馬鹿だな」だったかな・・・!思い出せないけど、流れるように3連続で馬鹿馬鹿言われてた。
すっげー現実見てる。生活力もないのに連れてくなって怒ってた。
御堂は、お前が言ってる間、むぎは俺が面倒見るくらいのこと言えばいいと思います。
瀬伊が茶化してお父さんみたいって言ってましたけど、麻生鋭かった。
「そんなんならいいけど、あいつも微妙(=むぎのことすき)なんだよなあ・・・」
麻生にも駄々漏れな一哉が愛しすぎて、3月が待ちきれないです。
2月が一番楽しみだけどなー!(皇と葵配信)


関係ないけど、インターバル「俺の姫」が「俺の嫁」に見えた私は相当悪いインターネットに毒されてる(笑)


あとは・・・なんだろう。
樋山と宝珠でしょうか。
宝珠が可愛すぎて、彼女から樋山を取れないんですがどうしたら(笑)
もう樋山には笑わせてもらったからいいやっていう気持ち以上に、宝珠がいるからもう樋山は構えないと思ってしまう。
宝珠の一生懸命さは見てて気持ちがいいくらいだ。
あれくらいの純愛ができたら楽しそうだね・・・。と遠く思ってしまう。
あの二人だったら休日デートも制服なんだろうな・・・。
滅多に脇カプ好きにならないし、しかも攻略相手の脇カプなんて、たとえBLでも嫌だ!と思うタイプの人間なのに、信じられないくらいこのカプは応援できます。
この二人は可愛い。




話は大分変わりますが、コルダ漫画が一通り終わったッぽいですね。
次回予告のカットが金澤だと聞き、うっかり財布を取ってしまったりしましたが、出掛けてませんよー(笑)
何だかんだで、やっぱり最悪な演奏のまま終わったらしい香穂子。
えー・・・この状態で加地に転校して来られても、加地の好きな香穂子いなくない?
ついでに、アンサンブルの中心に据えられても困らないか?
ゲームであの月森にすら任せたみたいなこと言われてて、正直香穂子が可哀想だったんですが・・・?(月森がファーストやればいいだろ!?)
posted by 塔湖 at 14:07| Comment(0) | フルハウスキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

今日、ネオロマ公式の臨時更新あるみたいですねー。
遙か4のキャストとキャラは全部一気に更新しちゃえばいいと思うんだ。
それにしても、青髪(not水色)の横顔の人が気になって仕方ない。
PS2版とWii版で、攻略対象が違ってきたら本気で嫌だな・・・。
遙か4は、完全に井上風早と宮田那岐のために買うようなものなので、少なくともその二人がPS2版で攻略できればいいですが。
こんなこと書いて、コーエーが真に受けたらシャレにならないですけどね。
あのコーエーが、戦闘システムはともかく、シナリオまで変えるなんて面倒なことはしないと思ってる。
ディスク分けたら、プログラム自体も変えなくっちゃいけなくて二度手間だろうしな・・・。





フラグ削るだけだけって思えば、簡単にできちゃうのは分かるんだけどな・・・!
そう思ってでもいないと、リアルに実現させてきそうだ・・・orz




それは置いておくとして。
フルキス2アペンド。
3週目終了。
ネタバレの嵐であり、結構ぶっちゃける可能性があるので、気をつけて!!















最後の最後に選択肢間違えてBAD来たああああああ!(笑)
依織に物凄く惹かれつつ、もうそのEDは見た見た見た見た見た見たと念じながら、依織の食事を断って、樋山と帰宅。
あのそのあのそのあのその、とか画面の半分が盛大な「噛み」で埋まってて、笑ってしまった。
樋山可笑しい!本当に笑いのツボを心得ていらっしゃる!<伊藤P
本編も楽しいですが、インターバルも楽しいですねー。
むぎがみんなの前で麻生と付き合ってるのをバラしたときに取得できるインターバル「馬鹿じゃない」では、瀬伊と麻生のメールが楽しめる。
登録名が「瀬伊」「羽倉」だったことに笑った(笑)
松川様、御堂様、羽倉様なのに、瀬伊だけは一宮様じゃなくて瀬伊様なんだな・・・。いや、知ってたんだけどさ・・・。
で、初めて知ったのはTitle Onlyは略すとT/Oなんですね。
まずそんなものを気にしたこともないって言うか、タイトルこそ書かずに本文のみ書く人間なので、何のことかと思ってしまいました。
KYみたいなものだってことだけは理解した。
日本語が乱れすぎてると思うんだ!(自分のことは棚上げです)


樋山は樋山で、恋愛相談とかしてて爆笑しました(笑)
インターバルは最後にまとめて見るようにしているので、樋山が「おはよう♪」と言った意味が分かってなかったんですが、あの恋愛相談でおはようって言えって言われてたんですね。
恋愛相談してる相手誰なんだよ!と思いましたが、ノリとBGMでよく分かった。
山本は他人の恋路を応援してる場合じゃねえ。
そして、性別や年齢偽ってる場合でもねえ。
BGMのTWO OF USに笑いながらも、必死に読み進めてみました。
プレイ環境にある人は、是非とも読んで欲しい。
あの二人絶対バカだから。知ってたけどバカだから。信じられないくらいバカだから。
むぎは何が何でも松川さんと付き合うべき。(*麻生シナリオですよ)


あ、松川さんと言えば。
松川EDがあっけなかったため、これBADじゃね!?と慌てましたが、そんなことなかったですね。
あれはあれで、いいんじゃないかと。
付き合うって言ってすぐ押し倒し、暗転させた依織は凄いと思う。
麻生とは違うので、もちろんヘタレなことはなかったですしね(まさか麻生プロムの夜が未遂だったなんて、誰が思うだろう)。

麻生EDのときは、あれは・・・・・・・・・まさか違うと思うけど。アオカン・・・?
卒業の日の九条もアオカンしようとしてた・・・?ねえ、そうなの!!??
まあ、アオカンどうこうは置いておくとして、ちゃんとできたっぽくてよかったですね。
瀬伊が地味に嫌がらせしてて笑える。
そりゃ幸せそうな麻生なんか、見たくもないだろうな・・・。ただでさえ嫌なのに、始終横で一緒に仕事しなきゃいけないんだもんな・・。
松川さんは、ええっと・・・ファイト!って言葉を贈りたい。
皇にしろ、麻生にしろ、松川さんが振られるのは可哀想すぎる。特に、インターバル見た後だと余計思う。(サムネが皇でときめいたんだぜ?)
一哉は影薄かったですねー。
たまに役に立つくらい。あとは、EDでしか出てこない。
麻生の姉相手に、むぎはいい子だとフォローしてるくらいです。
でも、悔しいの言葉に、御堂の本心が垣間見えて、しかも御堂自身は何でもないことのように笑ってて、正直泣けた。
御堂の本心は、卒業の日トラック9そのままだと信じてる。
posted by 塔湖 at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

おお振り9巻


ずっとハレルヤ(@コルダ2アンコール)ばかり聴いてます。
輝きはダイヤモンドも好きなはずなのに、再生回数1回なんだぜ?
(ハレルヤが既に50回突破の勢い)


で、おお振り9巻読みました。
呂佳がムカつくんですが?と思いながら読み終わった8巻でしたが、以外に普通の人じゃね?
って言うか、和さんが懐いてるんだからいい人なんじゃね?(単純)

ページ開けた瞬間から和さんばっかりで楽しすぎます。
そして、100円単位でファミレスの注文ができる和さんが素敵すぎる。
でも、いくら和さんとでもファミレスは行きたくない。(雰囲気にイラッと来る)
こんなこと言ってる時点で、私の中で次元が曖昧になってることがばれすぎてる。
頭の中は2次元の住人でごめん。
そりゃ友人にも「塔湖さん見てると萌って単語思い出す」とか言われるわけですよねー・・・。
褒められないんですが?

そして、読んでて思った。
どう見ても阿部がガチなんだ。
ごめん、本当にごめん。心底謝る。でも、うっかりするとそう思っちゃうんだ!
そして今回も言葉が可愛かった。
高校生っぽいなー。本当に。
言葉遣いとか特に思う。
阿部の「DA・MO・N☆」とか「俺はお前が好きだよ!」は別として、ふとしたときの発言は高校生っぽい。
例えば、8巻辺りで千代のことを「あの人」って呼んだとき。
篠岡さんでも、彼女でも、千代でもなく「あの人」だったことに物凄く納得した。
大して親しくもない女子に対して、その女子がその場にいないときは確かに「あの人」って言う。他の漫画ではあんまり見なかった言葉だったから、妙に残った。


で埼玉戦。
あー・・・桐青ほど応援できないなあ。
今の西浦が団結してるのはよく分かるし(前からだけど)、ただ勝つだけじゃなくコールドって目標を持ちながら頑張ってるのとか見たら、なぜか桐青ほど感情移入して読めない。
これと言って焦点絞って埼玉の選手を取り上げてないからかな・・・。
大地あたりは可愛いですけどね。
あー、早く10巻読みたいなあ。
マジでコールド試合なんてするのかな。
花井の台詞見てると、どうしても暴走フラグ立ってるようにしか見えないんだぜ・・・?
posted by 塔湖 at 20:47| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こ れ は !

帰ってきたら追記します。

やばい、マジでカッコいいよ風早。
来たってこれ。
原画段階で弾いたにもかかわらず、立ち絵の微笑と声とパケ絵にやられた。
風早ファーストになったらどうしよう・・・!
でも那岐も可愛かった(笑)
立ち絵のやる気なさが好き。
天と思われる4人も出てきましたね。
名前もキャストもわかんないけど、眼帯キャラは中原さんか三木さんだろうな・・・。
アシュヴィンの対かと思った青髪は、保志さん?


あ、コルダ2アンコールのハレルヤ。
最後のリズムがハレルヤそのものだったことに、3回聴いてようやく気付いた。

【追記】
冷静に聴いてみた。
そんなことなかったですね・・・。
posted by 塔湖 at 06:48| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

マジで変えたのか。

今日何回目の投下?
自分でもわかんなくなってきた・・・。


遙か4、やっぱり声優のポジション換え(?)来たらしいですね。

風早:井上和彦
アシュヴィン:石田彰
サザキ:関智一
那岐:宮田幸季

那岐だけがそのまま宮田さんで笑った(笑)
風早の台詞を井上さんが(イベントで)読んだ時点であれー?でしたが、まさか本当に繰るとは・・・。
風早が天然系従者だというだけで萌えたのに、それに加え井上さんか!
周りの反応は分からないですが、私的には嬉しいサプライズ。
那岐は、そのまま宮田さんで嬉しかった。
アシュヴィンが石田さん・・・は予想外。関さんだと思って疑ってなかった。
サザキが関さんなのも予想斜め上ですが、高橋さんじゃなくてよかったと安心すべきところ?
高橋さんの声で31歳は嫌だな・・・。

今のところ、メンバーだけ見ていると地四神ばかりなので、天四神にも期待。
えー、三木さんどこに入るの?
中原さんには引き続き、眼鏡希望で。眼鏡属性ではないけど、いなくなったらそれはそれで・・・。
平安時代にも眼鏡いたんだから、神代で眼鏡いても問題ないよ。
posted by 塔湖 at 22:02| Comment(2) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でかくね?

200712201940342


↑Gloriaの本体(?)の方。
ラメとか入ってて綺麗ですよ。写真じゃ分かりづらいかもですが。って言うか、確実わからなそうですが・・・。
パケ絵の呉絵はもう慣れた。気にしない方向で。

20071220194034


↑CD自体は今までと一緒の大きさなんですが、入ってた箱がでかい。
一緒にマジック置いてみました。マッキー。
で か く ね ! ?
最初、妹か母への届け物かと思ってしまった。同じ佐川なら一緒に持って来いよーとか思っていたら、私宛でした。
CDだけでこの大きさはない。

今はとにかく曲だけ聴いてます。
ハレルヤ良かったですよ。
もちろん原曲はヘンデルのオラトリオ「メサイア」からハレルヤ合唱。
最後の方とか、歌うの難しそう(笑)
リズム自体はそうでもないんですが、ハレルヤ合唱が入ってきた上、LALALALA・・・歌っていて、しかも歌詞が普通に乗ってるから。
聞きながら歌おうとすると、なぜかメロディでなくLALALALALAに合ってしまうorz






ラスエスのサンプルヴォイス聞きました。
全員、本当に全員が予想の斜め上に行き過ぎてる!!!
なんとかまともに知ってる伊藤さん、下野さんはそれぞれ予想は外れないだろう、って思ってたら、完全に外れた(爆笑)
もうダメだこれ、伊藤さんの声で「可愛いな」とか有り得ない。
下野さんも、声低っ。
涼があまりにも高かったので、交換してちょうどいいんじゃないのか。
マコトは予想外って言うか・・・予想以上にガキっぽい・・・?
これでホストと言われても、天祢に「ちゃんと年齢調べてから雇えよ」と言わざるを得ない。
これ、どう考えても高校生だろ。チヒロじゃないんだから・・・。
天祢はもっと落ち着いた声かと思いきや、若すぎだろこの声!?ええええええ。
あ、上で言っていた涼。
寺島さん自体若いと思うので(写真見たことないけど)、ある程度高い声は予想してました。
でもあれは高すぎる(笑)
やばい、でも何度も聞き続けたらあの声がツボにきそうな気がしてきた・・・。
香稀は、演技がアレなんだか、ただ声が微妙なのか分からないですが、あー・・・って唸りたくなる感じでした。
ダメだとは言わない。それは絶対に有り得ない。寧ろ、いいんだと思う。
ただ、想像してたのと違うから・・・。


そっか、新人起用って声と演技が予想できないって弊害があるのか・・・。
ここで耐えられなくなる人もいることを考えれば、メーカーが人気声優だけ使っちゃうのかなあ。

色々言いましたけど、聞き続ければそのうちこれ以外の声が受け付けなくなるんだと思います。
・・・・・・・あれ、涼の声とテンション結構好きかも知れない。
・・・・・・・・・・・・・・・うわ、直夜かなりキたかもしれない・・・!
(↑聞き続けてみた)
posted by 塔湖 at 19:40| Comment(0) | 金色のコルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑わせんなって!

フルキス2アペンド麻生シナリオ、前半終わりました。
スペック的に絶望視してたんですが、危ないながらもギリギリ終了。
読み込みは・・・ちょっと遅かったけど、まあできました。
以下ネタバレの嵐であり、CERO Cを実感する内容なので隠しときます。
反転はしませんよ。
追記からどうぞ。続きを読む
posted by 塔湖 at 18:13| Comment(0) | フルハウスキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。