2009年09月30日

no-title

読書感想文用の本、読了!
やっぱり読みながら感想文を組み立てる癖は直らない。

あまりに自由な人だったので人間的に分からない部分もあったんですが、何かは書けるんじゃないかなぁ。
凄く自分の感性と直感で生きてる人だな。
posted by 塔湖 at 09:41| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

あれだね。

私は鶏だね。




----------------------------------------------------------------
【追記】
鶏だね、とか意味分からないことをほざいている場合じゃなかった…!
毎日角川HP覗いておくんだったと心底後悔してしまったじゃないか。



ダン・ブラウン、ちゃんと次回作書いたんだねー!(笑)


ソロモンの鍵が次回作のタイトルだと思ったら、「ロスト・シンボル」だったらしい。
つか、英語版は出てるのか…。
2007年あたりから「今年中には出るだろ…」と言われててもしぶとく出さなかったので、すっかり忘れていました。
たまたま、CIEL(BL漫画雑誌)情報を求めて角川HPに行ったら、春辺りに発売だと書いてあって驚きました。
ちゃんと見ておくんだった…って言うより、角川からの出版だったんだ…(ホントに気づくと角川系列ばかりだよな世の中の本って)。


それはともかく、明日辺りCIELちゃんと店頭に並んでくれるかなー。
今日、淡い期待を込めてほとんどフラゲ見込みのない書店に行ってみたんですが、案の定ありませんでした。
仕方ないので、生徒会の月末買ったら異常に面白くて、人が結構乗ってる電車の中で思わず吹いた。タオル口に当ててなかったら、警察に通報されてもおかしくない勢いで笑ってました。胃が痛い上に、異常なほどのテンションの高さに釣られてしまい、痛いのか面白いのか分からなかったほどです。
頼む中目黒、あんまり笑わせてくれるな!そしてあんなにリアルでムカつく女いないって!(在学生目の前にして学校を罵詈雑言で詰るってどうなのさ)(また杉崎に惚れそうになってしまったよ…)

生徒会って言えば、アニメ公式にPV(CM?)来てましたね。
みんな新人声優ばかりだったのでどうかなーと思ってたら、普通に上手いですね。
そして杉崎(@近藤隆)にテンション上がってきた――――!(笑)
きっと、こんなブログを読んでいる方には生徒会シリーズはあまり馴染みがないと思うので、訳分からないテンションとネタですみません。
できれば一存から読んでいただきたい。リアルに面白いから。シリアス成分もあるよ!
それを突き崩す杉崎のキャラ性と、真冬のBL趣味ですが。
月末で真冬が「ゲームを発売日に手に入れたい」と力説していて、思わず激しく同意してしまいました。
寧ろ、その話に乗ってこない杉崎に驚いたわ!なんで!?なんで発売日に欲しいって思わないの!?
やることあるから発売日にプレイできないのは私もたまにはあるけど、フラゲとは言わないから、せめて発売日には手元にあってほしいでしょう…?



ごめん、あまりにも杉崎(@近藤隆)が気になるので、本日3回目、PV見に行ってきます。
あと20回は最低でも見そうな勢いでホント好きだ…!!
posted by 塔湖 at 15:29| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

これどうしようか?

そろそろ真面目にプログラム組まないと…と思って、組み始めました。
でも、実際やってるのはif文と普通の計算のみなので、審査員的にものすごくがっかりな感じになると思います。
来年からうちの学校というだけで落とされる気がしてきましたが、私が卒業した後のことなので知ったことではない!と思っておきます。
ちなみに、簡単に近似式の計算だったはずなのにあり得ない数値がはじき出されてしまって、教官と一緒に爆笑してました。
やばい、出力2倍にも対応できないのはやばい。でも、2倍って凄い数字になるしな。あんなもんだよね…。(現行の範囲なら物凄い精度で合うんだ)



なんの話題やら、と言う話ですみません。
え、意味が分からない。と思ったら、それが普通です。この話の意味が分かるのは、きっと私と教官だけです。チームメンバーも分からない。だってほとんど参加してないから!(他の子にはBWR任せてあるので)(これPWRの話だから)



で、それはともかくとして、先にきのこの話をするかワンドの話をするかで迷いますね。
特にきのこで語ることもないから、とりあえずワンド語っておきます。

明後日、初ドラマCD発売ですね!
amazonは激しく心配だし、ソフは扱ってないしなので、大人しくメイトに買いに行こうと思います。30日、午前中の間に取り置き頼んでおく。
予約しに行った方がいいんだろうけど、行ってる時間がないから。30日は…8時まで営業してるし、きっと買いには行けると思うんだ。

ドラマCD、内容がとても下らなさそうで楽しみです。
割とワンドからは離れてしまっているので、アルバロの胡散臭さと、殿下の根拠のない「大丈夫、大丈夫」が聞けるのを楽しみにしています。
(そんな殿下が唯一「大丈夫」と言いきれなかったのが祖国の現状、と思うとうっかり泣きたくなるから気をつけて!)
アルバロも殿下も、ノエル組なので多分ミッション成功はないだろうと思っていますが、少しくらいは協力してやってほしいところです。
割かし常識人のラギ、エストがユリウス組に組み込まれてるので、こっちの方が成功率高そうですけど、当の本人(ユリウス)にやる気がないのが問題のような気がする。ユリウス、たまには頑張れ…!
やればできる子なんだ。ユリウスの試験見てたら思う。ちゃんと目的と意味を見いだせればできる子。本当に頑張れ。


そう言えば、コルダも発売ですね。
今回はちゃんと空気を読んだようで、2枚で112分だそうです。1枚56分程度?あんまり長いと逆にダレそうなので、私はこのくらいでちょうどいいかな。
まぁ、トラックタイトル見てると「こんなに長々とやるほど同曲対決は重要なものだったのか…?」と思わざるをえませんが(笑)
なんだろう、衛藤ってこっちが思ってる以上に大事にされてるのかな。
ただネタがない上に、月森がいるからかな…。
考えたところで、真意なんて中の人しか知らない訳ですが。
色々どうなのかなと思うトラックがありますが、現行キャラでの「ドラマCD」はしばらくないだろうし(すぐにキャラソン集は出ると思う)、買っとこうかなー……と前にも書いた気がする。何で毎回、自分をなだめるような書き方して結局買ってるんだろうか(笑)
何だかんだ言って、あのメンバーが大好きだからだろうなぁ。
変なパロディドラマにイライラしつつ、普通にやってくれればやっぱり好きだもんなー。
今回の大部分を占める同曲対決は、ちゃんとキャラを保てる月森と衛藤だし、それは期待できるかなと思ってます。谷山さんも、キャラソンは別としてドラマはちゃんとやってくれるから嬉しい。
なんか書いてたら、普通に楽しみになって来ました。



きのこの話は、特に話すこともないな…。
今日は友人とお昼食べに外に出て(お互い卒研で時間空いてた)、その時に友人がきのこ嫌いなどと言うものだから、きのこのよさ語るよ!と言ってしまいました。でも冷静に考えて(寧ろ考えるまでもなく)、特に思い入れもないきのこについて語ることなどあろうはずもありませんでした。
無理でした。すいません。
posted by 塔湖 at 20:20| Comment(2) | 金色のコルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

見終わったよ…!

リーバー班長カッコいい…!!!!



初っ端からこれですいません。
珍しくこちらでは一切触れていませんでしたが、ここ数日Dグレ見直してました。
途中で見るのやめてしまっていたので、ほとんど最初から見てました。
リーバー班長がずば抜けて男前なのは仕様なのでしょうか。
ぶっちゃけ、アレンが見えません。
主人公アレンなのに。ヒロインはリナリーなのに。
他にもエクソシストはいるのに、リーバー班長しか見えない。
彼がオーストラリア人だと知った瞬間に、物凄く納得したのは私だけではないと思います。
(今回のオーストラリア旅行で、オーストラリア人は確かに美形が多いと確信した)
(母と妹は前回からずっとそう言ってた)


リーバー班長、ただの人間で、普段科学班と言う後方支援に徹しているのにここに来て前線に出てくるとか…!
こちらはもう下がってアレンたちに全部任せてくれと祈るばかりですが、しぶとく生き残ってくれたのでもう言うことはありません。
とにかく生きていてくれてありがとう。
コムイは生き残るだろうと思ってたけど、リーバー班長辺りは生き残ったとしても全治2カ月!とか余裕で言われそうなほどの重傷を負うと思ってた。
そこまでではないようでよかったです(103話で普通に仲間看取ってた)。


この話、やっぱりカプ萌えはアレリナ以外ありえない!の勢いでしたが、100話すぎ辺りからコムリナに傾いた自分の無節操さに嫌気がさしました。(でもぶっちゃけコムアレも好きだ)
どうせすぐに終わる一過性のものだと分かってはいるのですが、だからと言ってこのカプに萌えたことは否定しようがなく…。
コムイとリナリーの絆にうっかり目頭が熱くなりました。
リナリーもコムイも、相手を思いやりすぎてる。リナリーのために人生全て投げ捨てたコムイには、もう間違ってもリナリー結婚するらしいよとは言わないでほしくなった。
みんな言うだろうけどな。(間違いない)
せめて、結婚する相手はアレン中心に、対抗神田、大穴ラビ辺りでお願いしたい。
あり得ないのは分かってるから放っておいてほしい。
てかアレだ。


リナリーも神田もラビも、みんなアレンを愛しすぎだろ?



最後の最後に腐ってすいませんでした。
どうしても、神アレ、ラビアレについては言及しておきたかったんです。でも、リナリー総受けも大好きっぽいので、102話辺りでアレン+神田+ラビでレベル4に挑んだ時は、リナリーの為の共闘に見えて萌えてしまいました。そんな場合ではないという話です。
でもアレン受けもリナリー総受けも萌えて仕方ない。
あ、リバリナも好きかも知れません。
posted by 塔湖 at 21:24| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

途切れがち

最近、ブログを書く頻度が2日に一回くらいになってしまってるなぁ…と思いながら、ダラダラしています。
以前は夏休み=ガッツリ休み、でしたが、今年は春休み・夏休みと毎日どっかしらに出掛けてる感じで過ごした上に、その流れで後期突入したのでさらに学校と家の往復だけで終わってます。


いやでも昨日はゲームやってたんですがね。
水旋2。
相変わらず安曇、吉乃、涼が愛しくてたまらない。
昨日は安曇を九艘ルートからと、涼を涼個人ルートからやっていました。
涼も安曇も、ヤタ最終戦で負けたという罠。涼の時に至っては、眠すぎたので最終戦で放置して数十分寝落ちしていたようです。すいませんでした。その挙句に負けた。
さすがにアレなのでやり直してきます。
アレなのでってなんなのって感じですが、とにかく涼そのまま放置でとかあり得ないだろ…!とか本気で思う私が怖い。


過去ログ見てたら、水旋2のコンプは62時間程度だったようです。
で、今現在総プレイ時間が90時間超えた。
それどこのRPG?みたいなプレイ時間のような気がしてきた。やったことないから分からないけど、RPGってとにかく時間がかかるイメージで。
62時間超えたところからのプレイ時間、約30時間はほぼ吉乃・安曇・涼のための時間だろうなと思います。途中他のキャラも遊びましたが、やっぱりこの3人の為の時間だろうと思う。
あーでも樹にも掛けたか。変な発音を探すのと(偽らざるが間違ってたね)、一々萌えるイベントを連続で見るために1・2周したような気がする。



ホンット、サイバーフロント(だっけ?)は、水旋2のFDを出すべき。
posted by 塔湖 at 09:37| Comment(0) | 水の旋律1&2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

思ったより早い

今日、ララの発売日だからかな。
コルダ3のティザーサイト出来てましたねー。
それにしてもコンテンツなさ過ぎて吹いた(笑)
ええええええええ。



分かってたけど、やっぱりもうヴァイオリン・ロマンスはなくなるんだろうな。
ヴァイオリン・ロマンスとコンクール1位目指して頑張ろう!みたいなところのあった無印から、ここまで離れたかーと言う感じです。
いや、あんまりヴァイオリンロマンスなんて意識してなかったけど、いざ離れると寂しいものがあるんだろうなと思って。
でも今回はまた、優勝目指して頑張れますからね。
2〜2fアンコールまでの4作は全部「みんなでコンサートを成功させよう」ってだけで、競う相手もいない中で評価されるだけでしたが、今度はまたきっとあの「親密度」+「評価」のパラになってくれるんだろうし。
難易度設定は要らないから、イライラしてコントローラー投げたくなるほどの細かいパラ設定が欲しい。無印のイライラっぷりが懐かしいので。
あ、パラではなかったですがわざわざ王崎に取りにくいスチルがあったのもいい思い出ですよね。柚木・土浦の第1セレのみで取れるスチルは少し頑張ればいくらでも取れたけど、王崎の公園でのスチルは胃が痛むほど頑張った覚えがあります。
出来れば今回も、サブキャラにすっごくムカつく取得条件が付いたスチルがあること希望で。こんなの取れねーよ!くらいで丁度いい。
無印の頃のシステムに戻してほしいけど、アンサンブルだし無理だよなぁ。

次に情報が出るとしたらLaLaデラかなぁ。
メインだけでも出てほしい。
ないとは思うけど、キャラ紹介1番目のキャラのキャストに宮野さんが来てたら、単純に面白いってことで笑ってしまうかもしれません。
当たり前なので言う必要もないかもですが、別に宮野さんがどうこうではなくて、加地ポジションから随分優遇された位置に行きますねってことで。
まぁ、ネオロマはメインいないらしいですけどね。(4は庇いきれないくらい風早がメインでしたが…)
…コルダもなぁ。無印は学生5人なら全員メインっぽかったけど、2以降はどうしたって2年生、特に月森がメインだったよな。
2年生の人数多いし、加地が強烈な印象だし、月森が一人で悲恋ルート突っ走るし。

他校生には是非とも日野さんと小西さんに来てほしい。あとできるなら、星奏と他校にそれぞれ一人ずつ女の子ほしい。
もちろん妹ポジっぽい女の子を一人はお願いします。冬海っぽい子ならどれだけ焼き直しと言われようが好きになれる気がするんだ。
posted by 塔湖 at 00:36| Comment(0) | 金色のコルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

no-title

横柄巫女二巻読了。
グランドマスター!五巻も読了。

グランドマスターは相変わらず、ハルシア萌えです。他のシリーズほどカプ萌えは叫んでいませんが、楽しくって仕方ない。
カプがカプなので、仕方ないかなと。あれは牛歩でいいと思ってる。
神様云々始まりましたね。びっくりだ。
続きが気になるので、もう自分で買って来ようと思います。

横柄巫女。
思った以上に恋愛色出てきたね!
カノンが前回から比べものにならないほど忍耐強くなっていました。ノト語の理解力も半端ない。
ノトもちゃんと感情を伝えられるようになってよかった。
優秀にやってるみたいだし、もう少し続きを読んでみたい。
posted by 塔湖 at 17:18| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

また増えた

フーリエ.jpg
このシリーズ解りやすいよね。
今までシーケンス制御と行列しか読んだことありませんが、割と好きです。
先生が買われたので、さっそくお借りしました。
今度はまた違う、ケプラーの恩師はケプラーに毒殺されたのでは?みたいな本も貸して頂けるらしいです。
ふと『読みたくなりますよね、こういう本』って言ったら買ってあるよと言われてしまった…
本気じゃなかったとは言わないけれども……!!

----------------------------------------------------------------
【追記】
毎日卒研しかやることないとブログも書くことなくて困りますね。
毎日更新が基本なのに、なぜか1日飛ばすことも多くなる。いや、今は毎日更新してるけどな。

ということでフーリエ変換。
蝋燭の火の長さに関してのフーリエ変換をしろって言われたので、とりあえずこれ読んでみます。
いや、さすがにこの歳だし試験もやってるしで出来はするんですが、本当に「やるだけ」なんですよね。
この機会に、ちゃんと意味も理解してみようかなーと。
分かるかな…。
posted by 塔湖 at 19:02| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

朝から読み過ぎだ馬鹿

是非とも御堂(@フルキス)に言ってほしい感じですよね(タイトル)。
あの人の馬鹿はなんであんなに優しいのかと心底不思議だ。
ケータイに移植するのなら、頼むからsoftbankにも来て頂きたい。
そして何より携帯機に移植していただきたい。
いやまぁ、あのカプコンがまだフルキスの存在を忘れてなかったことに驚きを隠せない訳ですが(変に動揺したよ)。



それはさておき、聖獣王の花嫁シリーズ、番外編除いて読了。
ラスト、イオが消滅して第3人格出てきたときに「うわぁ、柊(@遙か4)オチになったらどうすんだこれ、イオ返せおい!」と正直何をそんなに取り乱しているんだと思うほど内心で荒れたのですが、最後の最後よく分からないけど第1第3人格消滅して、イオだけ残ってくれてよかった。いや、第1人格はもってのほかですが、第3人格は比較的イオに似ていたので第3人格が残るかもしれない不安があったんだ…。イオだけ残ってくれてよかった。イオだけいてくれればいいと思うんだ。他何もいらないだろ?

それにしても最後の「愛さえあればなんとかなるよ」は、今まであんまり読んだことのないセリフで思わず吹いた(笑)
それ、あんまり言わせることってないと思うよ!
でもイオだったら言いそうだとのんびり思ってしまう感じでした。
イオならありだよな…うん、まぁ…。
あと、イオにとっては最良のエンディングでしたね。
きっと質素にはなるだろうけど、ちゃんとリージュの花嫁姿は見られるし、一夫多妻で側室を強要されることもなくて(笑)
聖獣・神獣・セイレクトもなくなったから、生まれてくるのがたとえ娘で核の大きさがどんなに大きくても、ゼネスティアに嫁がされることもないしな。
あーでも政略結婚はあり得るのか。そうなったときは、リージュの方は「王族の宿命だ」の一言で娘を送り出しそうですが(笑)、イオは涙目になりながら止めそうだ。
それでも娘もドライに「民の為です」の一言で行っちゃいそう。なんだかんだで、どこの国に嫁いだとしても幸せになっちゃいそうだ。なんとなくだけど。あんな悲壮な思いでゼネスティアに嫁いだ果てに幸せな結婚をしちゃったリージュの娘だし。そのくらいしてくれそうだ。

あと、最後の最後にシルヴァーナは株を上げて行きましたねー。
元々地に落ちるどころか、地面にめり込むような評価しか読者的に出来ない子だったので、少しいいこと言えばそりゃ上がるわ。

よし。番外編、イオリジュから読んでくる(基本)。
posted by 塔湖 at 08:18| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

夏休みも終わりだって言うのに

遙か4のメモブ読んでたら、夏休みももう終わりかけてるというのに遙か4を最初からやり直したくなってしまいました。やめとけ馬鹿。
遙か4の話書いてから、少し華ヤカとかの話題書くと思います。




■風早■
ルビパの風早に対する評価ひでえ(笑)
柔和な印象だけど実際は図々しい(ルビパ談)
だからこそ、戦闘では自分と千尋の回復しかしないらしい。
本性は仁愛の深い生き物だからと金属系の武器すら持たせなかった言うのに、行動は全然違っていると。そう言うことをさらっとやってしまう風早が愛しくてたまりません。
表情集見てると、結構勘違いしてたものあった。不快に分類されてるのは困惑だと思ってたし、寂しいは自嘲かと思ってた。…ごめんorz
あと大団円。意味分かんねーと柊と並んで思っていましたが、あれはやっぱり夢だったんですねー。あんなのでもあの時の千尋には安らぎになったんだろうな。きっと起きた時に涙目になりながら笑って、あの風早(+私)の大好きな綺麗な笑顔で「ありがとう」って言うんだろうな。

■アシュヴィン■
表情集の照れ顔が照れてるように見えNEEEEEEE!
肌の色が濃いから分かりづらい上に、からかってるような楽しんでいるような表情に見えるので、照れてるようには残念ながら見えない。
あと、困惑こそが驚きに見える。
それと過去の話題では、10歳までのびのびと辺境の地で育った、みたいなことが書いてあってうっかり萌えた。ちょ、だからこそのあの性格か…!
姉に毒殺されそうになったなんて言う壮絶な過去持ってる割に、意外と民に優しかったり、人好きのする面持ってたりで、かえって他人を信用できないと断言するようなキャラに見えないほどだったので、ようやくこれで分かった気がする。10歳までそういう風に育ったら、ああなるわ。

■サザキ■
両親どこ行った。
頑固な祖父と可愛い妹(結婚済み)がいるってことしか書いてないんだが、両親どこ行った。
表情集は…表情って言うか、羽羽しいですねとしか。
羽ばっかりで画面うっさい(笑)
サザキは指定通りの表情に見えてる。優しいと笑顔が大好きです。
他には、ゲームでそう言っていたかどうか思い出せないんですが、サザキが石をレヴァンタに売り払った理由って部下の為だったんですね。
部下の薬代の為って。サザキ、普通にいい奴じゃん!分かってたけどいい奴じゃん!ああもう一々惚れなおさせられて困る。サザキはルートの周回重ねるごとに愛しさが増してくから本当に困る。

■那岐■
那岐の「笑顔」が2種類とも「苦笑」にしか見えないという。
たぶん、那岐の性格からして朗らかに笑うこともないんだろうな。でも次回作(FD)があるなら、頼むからこれ以上ないほどの笑顔で頼む。
月森(コルダ無印)のニパー^^並みのが欲しいです。
ずっと気になってた千尋との関係。従兄妹同士らしい(千尋の誕生日次第ですがうちの千尋は11月生まれなので)。
それにしても、スチル「試験勉強」でのシャーペンが千尋とお揃いなのが萌える。あと、発売当時結構突っ込まれてましたが、素麺食べる時その位置にいたら食べづらいよな…?
好きな食べ物も、一応理由があったんですね。元々麒麟は那岐だったから、草食の名残が残ってるのか。可愛いな。

■布都彦■
布都彦って名前は刀が空を切る「フッ」って音から来てるのか。その発想はなかった。
布都彦の照れ顔と狼狽が超絶可愛い。意味分からん。
ちなみに喋り方の欄で、いくつかサンプルが挙がっていますが、「破廉恥な!」が取り上げられている辺り、ルビパはとても分かっていらっしゃる。
好きな食べ物が鍋って言うのは、ずっと集団生活してきた布都彦らしいですね。
兄が失踪してからはずっと軍隊生活のようなものだし。みんなで鍋を囲むようなこともあったんだろうか。
あ、なんか内面の欄でダメ押しのように「恋愛には免疫がありません」とか書いてありましたが、みんな分かってるから改めて言わないでやって…。

■柊■
くっ…!遙か4で誰が萌えなかったって柊なわけですが(柊ファンの方すみません)(いつ裏切られるか心配で萌えるどころではなかった)、ちっさく書かれた設定が異常に萌えるんですが何これええええええ!
癖が可愛いいいいい!
「考えたんです」とこめかみをとんとんと指す(癖の欄より)
何その無意味なまでの可愛さ…!!!!!
そんな可愛いことしてましたっけ?と思ってしまったんですが、やってたんでしょうね。可愛すぎて本当になんなんだろう、頭痛してきました。萌えすぎて。
ついでに嫌いな食べ物が魚の目玉でまた萌えた。魚の頭だけ皿に載せてひょいと前に出されて苦々しい表情で黙ってるか、思案に分類されてるあの表情で「…これは、何の罰なのでしょうか」と呟く姿しか想像できません。まさかこれだけでこんなに萌えるとは思わなかった。たぶんルビパでさえ予想外。

■遠夜■
好きな食べ物→ウナギ。
なんだその斜め上。
あの時代に蒲焼があったとはあまり思えないんですが…どうやって食べてた。ぶどうはいいにしても、ウナギどうやって食べてた。すごく気になる。嫌いな食べ物は、思ったよりも遠夜らしくて笑った(笑)
遠夜も結構苦労して育ったんですねー。父親のことは書いてなかったかし、母親とは幼いころに死別したらしいし。
内面の欄では、色々書かれていましたが、「大好き」が照れくさくて言えなかったことがあったみたいな書き方されてたんですけど、そうでしたっけ?
素直にずっとそんなことを言ってた気がするんですけど、違うんでしたっけ?軽く1年くらい前の記憶だからもう覚えてないな…。

■忍人■
改めてみると、しみじみと質素な服装だなと思う。
みんなそれなりに派手な柄なのに、忍人だけ単純な直線だよ!
実直な軍人っていうのを表したんでしょうが、それにしたってもう少し!と言いたくなるほど、本当に柄がない。でも正直、一番好みな衣裳はこれだったりします。
家族構成は思った以上に凄かった。単なる名家かなと思ってたら、交易やってたんですね。あー本当に育ちは良かったのか。あんな質素な格好してるのに。
まぁ、父親は死んで、母親は再婚してますが。愛情は両親ともから享けたんだろうな。
イメージカラーは濃藍なんですね。そりゃキャラソンにも濃藍の空が出てくるわけだ。ただ単に暗い夜空と反するような圧倒的な星の数々を対比してるだけかと思ったんですが、イメージカラーのせいなのか。

■素描の書■
千尋は今のが断然いいな!
千尋の笑顔が本当に可愛すぎる。このキラキラした笑顔はあの戦場では励みになるだろうな。戴く姫はやっぱり可愛くて素直な子がいいよね。
風早は結構どれも好き。今のも大好きだし、1も2も3もいいと思う。2と3は今にかなり近いけど。…3が採用されてる?違うか。
2なんか爽やか好青年で可愛い。1は格好いいけど、これで白スーツに青のシャツなんて着られた日には、あなたの中で何がありましたかと問い詰めたくなるので、今のキャラでよかったです。いや、今の風早にも言いたくはなるけどな。
アシュも2と3の没案は現在に近いですね。1はもうお前誰レベルで全然違ってて吹く(笑)
ラフ見てて思うけど、マント無い方が絶対いいと思う。王宮で千尋と寛いでいる時はああいう恰好なんだろうなと思うと萌える。あの夫婦、仲良すぎだろ。
サザキの設定案3が信じられないほど美形でビビった。えええええええ、何この美形。2も明らかにカリガネですが(流用は明言済みですが)、動きでこんなにも印象が違うのか。でもサザキは今のが一番ですよね。3でトゥーフィートゥルフィーなどと鳴かれたら、吹くなんてものでは済まなくなる。
那岐は今が本当に好き。今のが一番。…でも2もちょっといいかもと思ってしまった。いやでも今のがいいけど。
衣裳案は、あのベルトが多いタイプもカッコよかったかもしれない。肩が出るタイプなのがツボだ。いいよなあれ。FDで衣裳追加ってことになったら、是非ともお願いしたい。
布都彦の設定案1はさすがになぁ。あれは嫌だ。今は4が使われてるのか?3と4は似てますが、4だよな。衣裳も今の方がいいかなー。でも、2の衣裳あれはあれであり。
照れ顔はラフでも可愛くて可愛くて困るほど。
柊は1で景時と思いだし、2,3でアンジェのジュリアス思い出した。豪勢だな!衣裳はやっぱり今が一番です。もちろん、眼帯もシンプルな今のものが一番いいと思う。あんな後手後手してるのはさすがにどうなの!眼帯って言えば、3は左目に眼帯してますが、1と2は右目ですね。設定変わったのかな?
遠夜、2がツボ!設定案2がどうして落ちたのかと思うくらい好きだ。今のもいいんだけど、比べたりしなきゃ普通に好きなんだけど、2と比べるとちょっと…!でも遠夜の可愛さを考えたら、今が一番なのかな。設定案4を使ってるのか、それを流用した感じ?
忍人は設定案3でも行けたと思う。雰囲気は今に一番近いし。髪、3くらい長くてもいい気がした。
それに何より、衣裳が今より数段派手だ(笑)
今の質素さまで落とした理由をどこかで言ってた気がしますが、そして前述したようにあの衣裳は私も気に入っていますが、それにしてもシンプルだと思うんだ。


メモブで語るのはこの辺りかな。細かい設定も色々あって、どこからループが始まっているのかとか、用語解説やら、インタビューのなかでの裏設定発表とかが楽しいです。
遙か4の続編とかFDも出るみたいな感じだし(5ではないだろうと思う)、そっちも楽しみにしています。



続いてビズログ。
華ヤカ、とりあえず買っときます。
高木さんだし地雷だよなと思ってましたが、面白そう。男尊女卑に嫌気がさしそうですが、最初から覚悟しておけば行けると思う。
それに次男がとても好み。
次男と四男がストライクゾーンど真ん中です。…まぁ、私のストライクゾーンは本当に広いので、ほとんどのキャラが当てはまりそうですが。
次男系統で長男も好きそうです。主人公はとりあえず長男に媚を売っておくべき。何の疑問もなく長男が全財産継ぐと思ってるようだから。
実際は法律的に無理なんだろうけど、きっとお金に困るような生活はしなくてすむよ!(主人公は大家族で貧乏設定らしい)
あと、どうしようか迷っていたヒイロと真翡翠。
きっと半年くらいしてから買うと思います。値崩れしてるといいな。
ヒイロは大蛇のED後に期待。翡翠の方は、私があのソフトで心底嫌ったのが前作キャラの登場だったので(それさえなければさらに楽しめたと思う)、それが削られるだけで十分に買う価値がある。その記事読んで、うっかりガッツポーズ取りましたからね。どんだけ嫌だったんだ。
posted by 塔湖 at 23:01| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

覚えてない

少し読書終わったので感想投下しに来ましたが、あんまり覚えてないな…。


読み終わったのはコバルト文庫倉世春の女神の旋律シリーズでした。

女神の旋律〜足枷の姫とアルスミッドの旅芸人〜
女神の旋律〜風の牢獄とヴィエンの子供〜
女神の旋律〜スォーノの歌と永遠の世界〜


表紙全部セルカモンとアリースだったので、最後はセルアリで終わるんだろうなと思ったら、何のひねりも無くそのままでした。とても分かりやすい。
それにしても、結構珍しいタイプかもしれない。
男性陣2人にヒロイン1人なら、大抵最初からケンカしあってる方との話になるのに、順当に優しさに溢れた(?)キャラとの話になってた。
少女漫画的展開としては珍しい気がする。

それにしてもアリースが酷くて笑った(笑)
セルカモンが好きなら好きで、ジョフレに気を持たせるようなこと言わないであげてー!素なのは分かるけど、言わないであげてー!

3巻目は斜め読みどころか、台詞だけ拾うような拾い読みだったのであまり内容が把握できていないのですが、流れだけは分かったからいいか。
とりあえず総括としては、アリース連れてどこ行く気なんですか楽士さん(セルカモン)とガリアード卿(ジョフレ)。
posted by 塔湖 at 20:33| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

好みかも!

自分で使ってみると若干ウザい「〜かも!」ですが、ルル(@ワンド)が使うと果てしなく可愛くなる罠。
可愛い子は得だよな…。




初っ端から面倒臭いこと言っててすいません。フォローしなきゃいけないのかこれ、みたいな感じですが、大丈夫です。
自分の顔のことは自分がよく分かってるから……!


ともかく、ファミ通やらビズログやらLaLaやらでいくつか情報上がったみたいですね。

華ヤカ哉、我ガ一族。
オトメイト(DF)制作なら絵師の心配は元々せずに済んだのですが、ヴァンテ制作だから戦々恐々としてました。
でも、あの絵柄なら私は余裕。むしろ好きな方かもしれない。
…悠久もヴァンテ制作だっけ?悠久をやったことないから分からないけど、地雷地雷言われてるルートがあるし、同じヴァンテ制作のカヌチも一定の評価受けつつ地雷地雷言われてるから不安は隠せない。
せめて高木Dでなければ……と思いながらも、ラスエス2を思い出すと高木Dがいいなぁと思ったり。ラスエス2は面白かった。地雷なんて全然なかったし(店長ルートのどこが地雷なのかと思わざるを得ないほど萌えた)。
高木さんらしいですね。うわー…これはやっぱり行っとくべきなのか、様子見すべきなのか迷う。ヴァンテ…ヴァンテなぁ。
華ヤカの主人公はメイドさん(女中って言うべきか)らしいですねー。
とりあえず問答無用で長男と結婚しておくべきだと思います。

ワンド。
続編フラグktkr?
なんか可愛いキャラでてきたー(笑)
ブログでも絶対ビズログは見ておくべきって言うほどだし、もう続編決定だろ?
エドガーって言うらしいですね。やばい、やっぱり好みだ。可愛すぎる。
ルルと会話が成り立ってるような成り立ってないような、そんな不思議な感じになりそうな子っぽい。
設定も相変わらず他のキャラと差別化凄い。色んなキャラが残ってるもんだね…。

あとはコルダ3。
呉さんがまたキャラデザらしいですね。分かってたけど。あのイメージイラストの時点で、また呉さんだろうなと。
以前、漫画の金日展開で呉さんに一生ついてく、今までの暴言全部謝るとまで言った人間なので、本当に呉さんで私は問題ないと思ってる。
いや、アンコールのパケ絵に関しては弁護なんてできないけれども(あれは酷い)。
最近は持ち直してるような気がしなくもないし、金日展開なくて寂しいですがそれは金日信者しか思ってないだろうし(志水はどこに行きましたか)。
キャラデザ発表が待ち遠しいですね。
来月号のララで発表かな。遙かと違って分散するってことはないだろうから、楽しみにしています。もしかしたら自分で久々に買うことになるかもしれない。


どうでもいいですが、少しだけバカテス読みました。
あー…勢いあって面白いような気もするんだけど、肌に合わないなぁ。
ハマるほどじゃない気がする。
posted by 塔湖 at 23:32| Comment(0) | その他乙女ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い立って

ふと思い立って豊玉発句集を検索してみた。
予想以上の破壊力で吹いた(笑)
いや、いいのもあるんだろうけど面白いのが目立ち過ぎてて困る。

・しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道
・しれば迷いしらねば迷ふ法の道
・人の世のものとは見へぬ桜の花
・梅の花一輪咲てもうめはうめ
・山門を見こして見ゆる春の月

とか。
他にも俳句に詳しい人ならおかしいとか変だとか思うものもあるかもしれませんが、詳しくもなんともない人間でも普通に笑えたのはこの辺り?
いやでも最後の「山門を見こして見ゆる春の月」なんかは素で好きなんだけれども。
でも「梅の花一輪咲てもうめはうめ」は笑いを取りに行ったとしか思えない。
これ、笑い方面じゃなく丁寧に解説してほしい。
決して笑いをとりにきたんじゃないんだと思わせてほしい。



上とは関係なくSTEAL!のミッション2-3、更新されてましたね。
慧の自己紹介が簡潔すぎて笑う。
そりゃ亮一も慌てるさ。
ついでにボウガンぶっ放すな。危ない!危ないよ!避けたらしい亮一人間じゃねえよ!
posted by 塔湖 at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

どうしようか

18日にはDCGSのラジオCD発売ですね。
早く聞きたくてたまらないんですが、今日ソフマップで予約しても(そして入金は明日17日になる)18日には届かないよなぁと思うと、どうしようか凄く迷う。
きっとメイトに走れば確実に買えるんですよね。そっちで買うか、ソフマップにしておくか、凄い迷って困る。
とりあえず、ミニドラマは入っていますか。
入っていること前提として、それは渓史桜だったりはしませんか。
蒼、稜平、航平はラジオで回しているので結構いくらでも聞けるんですが、渓は貴重じゃないですか。
渓大好きなんですよ。ゲーム中の萌えとしては、蒼、孝明には到底追いつけないかなと思っていたのですが、ふと思ったときに思い出すのが渓だったりする時が多い上に、ガルスタSSでガチ萌えしたのが渓だったりする罠です。
来ないかなぁ、渓のドラマ。
っていうか、いつだよドラマCD出るの!

それは置いておくとして、前回のラジオのミニドラマ。現行のではなく一つ前。
蒼×史桜に戻って来ましたね。
やばい、相変わらず公式の蒼史桜はとても萌える。
蒼に振り回されるだけじゃない史桜が素敵だ(笑)
ピクニックデートにも関わらず、昼食にうどんを要求する史桜の抜け目なさにびっくりです。薬味やおかずも抜かりない。
そこまで細かく、且つ手の加えようがない注文を出したら、さすがの蒼もちゃんとしたものしか作れない。
稜平…よかったね(史桜が死ななくて)。
蒼は蒼で、そんな強さも見せる様になった史桜が楽しかったり可愛かったりで困るんだろうなぁ。
いいよなぁ、こういう彼女。普通に私が史桜を彼女に欲しい。
今回は誰が担当だろう。稜平…かな?


それはともかく、今回記事投稿はDCGSのためじゃない。(ここまで書いておいて!)
今月末、ワンドのドラマCDと一緒にコルダ2fアンコールからもCD出ますよねー。
それに収録される『TWILIGHT RONDO』のインタビュー記事とかが出てたので読んで来ました。
そして思った。
原曲は間違いなく『序奏とロンド・カプリチオーソ』だよな、と。
いやむしろガイドブックが出た時点で気づくべきだった。
そして今聞いてるんですが、これに歌詞乗せるって大変だろうなぁ。
よく思いつくなとびっくりです。
ちなみに、歌詞にメランコリックが入っているらしいですが、原曲の方の序盤(序奏)にもメランコリックにと指定が入ってるらしいですね。
多分インタビュー記事の流れ的にTWILIGHTの意味からの質問なんでしょうが、カプリチオーソの解説読んだ後に読み直したら「軽く原曲調べてからインタビューしたのか」と感心してしまった。きっと違う。
あと50秒にも渡ってヴァイオリンでの間奏があるらしいですね。
2本のヴァイオリン?ってことだよな。今、序奏と〜の原曲聞いてて、それはヴァイオリン1本とピアノ伴奏なのでヴァイオリン2本がよく分からないんですが楽しみです。
あー…あとなんだろう。
日野さんのインタビューで『月森との対決だけでなくお互い同じ人を好きになっている、そこでも俺は負けないぞ、みたいな気持ちもすごく入っています。』ってあったんですが、そこは絶対負けられないだろう。
というか、負ける意味が分からないだろう。
衛藤引継ぎでしか起こらないイベントだぜ…?
そりゃあのシステム上、たとえ月森引継いだとしてもEDでなんのためらいも無く土浦選ぶこともできますが(そして私は月森から土浦への乗り換えに思いっきり萌えてしまいまいたが)、だからって衛藤…!
そこは頑張れ。
そして、断然衛藤贔屓の私からしてみれば月森に恋愛面で負ける衛藤じゃないだろうと心底思う。
いや月森も大好きなんだけど。そこは絶対譲れないほど大好きなんだけど、だからって衛藤があの状況で香穂子に月森を選ばせるほど酷いか…?
衛藤と付き合ってる前提だよな…?
あの後の萌えるイベントの連続だよな…?(衛藤ルート)
月森は選ばないだろ…?

正直、ドラマCDの出来と釣りっぷりは怖い以外の何物でもないのですが(遙かはCD2枚で合計79分収録とか聞いたぞおい)(なめてるのか)、釣られてみようかなと思います。今回も。
このメンバーでのドラマCDもしばらくないかもしれないし。
どうせすぐにキャラソン集が出るだろうけどな!
月森のカレイドスコープが収録されなかったり、バラエティCDなのに新曲が3曲しか入らない時点でヴォーカル集は決定済みだろうけれども!
………前はバラエティCDだけ収録の曲があって、それがよかったんだけどな。バラエティCDにきっちり全員分収録すればいいのに。(早く月森土浦の曲と金澤吉羅の曲も収録しようよ)
それと、いい加減冬海単体のキャラソン作ればいいのに。冬海だけのキャラソンなんて*spica*しかないと思うんだが。
香穂子大好き!なCD欲しいです…。
いっそ、香穂子にベクトル向けて志水と冬海、衛藤辺りで歌わせてみませんか。年下組組み合わせればいい。
あー大人組み、3年、2年、年下組で4曲作ろうよ。本気で欲しい。


あ。衛藤が桂一さん、笙子さん呼びしてるCDとかまたちょっと欲しいかもしれない。
posted by 塔湖 at 23:58| Comment(0) | 金色のコルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張って読んだ

ただいまです。
昨日戻って来ました…!
グレートバリアリーフに行く時の船中で襲ってきた船酔い半端ない…!!あれは死ぬ。一応えずきかけただけで終わりましたが、周りはアウトな人多かったなぁ…。揺れるのにスピード出し過ぎなんだあれは。でも、海の中は相変わらず綺麗でした。
てかあれだ。数年ぶりに水着着て、物凄く懐かしい感覚に襲われた。
数年前までは、毎日プールに入ってるのが当然だったんだよなー。今はこんなにインドアですが。インドア万歳。




それは置いておくとして、向こうではテレビもPCもなかったので(テレビあっても英語分からん)必然的に本を読むしかない訳で。
結構読めました。
以下感想。量が少し多いので写真はなしで。

・エノーラ・ホームズの事件簿〜ふたつの顔をもつ令嬢〜
すいません、アレグサンダーが見た目だけならかなり好みでした。本当にすいません。
アレエノでいいんじゃないかとか、最終的にこの二人ケンカップルになるんじゃねーのとか考えててすいませんでした。
馬鹿言うなってほど、本気で怖いよアレグサンダー!
それと、セシリーがこの巻だけでなく他の巻にも出てくるほど重要なキャラには見えない。
エノーラがどうしてここまでセシリーに肩入れしてやらなきゃいけないのかも分からない。セシリーがエノーラに何を返してくれると?
…いや、友情を損得勘定で決めちゃいけないのだと今日改めて思い知ったわけですが(久々にワンドやって泣きそうになった@アミィルート)、それにしたって…まぁいいけど。
相変わらずエノーラは好みの女の子です。無茶するなぁと思うんですが、14歳の女の子がよく独りで生きていける。あの治安の悪い時代のロンドンで。今もいいかって言うとそうでもないイメージですが(荷物を地面に置いたら速攻盗られる!みたいな)。
エノーラ頑張れ。

・エノーラ・ホームズの事件簿〜ワトスン博士と奇妙な花束〜
この辺りからシャーロック兄さんに惚れそうになるのを留まるのが若干大変になって来る。
精神不安定な頃のシャーロックとは思えないほど、普通に格好いいから困る。なんだかんだ格好いいこと言ってるけどコカイン常習者じゃね?と思っておかないとうっかり惚れるから気をつけて!
(ホームズは数年前に読んだっきりだからうろ覚えですが間違ってないよね…?)
(しかもきっちり読んだのは緋色の研究と四つの署名だけだしな…)
それはともかく、別段活躍してないのに惚れそうになる。
エノーラを分かりやすく心配してて、エノーラと気質が似てるからなんでしょうが、一々兄さん格好良すぎる。
でも、エノーラの暗号を理解して使いこなしてるのはマイクロフト兄さんだからそこも気をつけて!(笑)
(というかそんなマイクロフトなんて兄がいたことを私はこのシリーズで初めて知ったよ)

・エノーラ・ホームズの事件簿〜令嬢の結婚〜
ここで完全にシャーロック兄さんに落ちざるを得ない。これは惚れる。
そして、セシリーはエノーラに何かしら恩返しすべき。
一度2巻目で助けてもらっておきながら、こっちでもまた見返りなしで助け求めるとか馬鹿だろう。二人して納得してますが、この二人の間の友情って一体何なのかと…!
私には理解しがたい友情でよく分からない。
シャーロック、最後格好良かったですねー。
マイクロフトの安易な罠(ってほどでもないけど)に引っかかりそうなエノーラで困りますが、あらかじめ手を打ってあげてたシャーロックが大好きだ。
まだ家に連れ戻すことは諦めてないんだろうけど、でもそれはマイクロフトの管理下じゃなく自分の手元に変わってたりしないだろうか。
…ただ、二人で暮らし始めて二人で事件解決しようみたいな話になったら、速攻で喧嘩別れしそうですが。
導き出す結論も、そのタイミングも、お互いの能力も同じようなものなのでしょうし、その推理の過程も似ているかもしれませんが、絶対同族嫌悪で別れそうだ。今の距離が丁度いい気がしないでもない。…家族と一緒に暮らしてほしいですけどねエノーラには。

・グランドマスター!〜総長はお嬢さま
ハルさんかっけえええええええええ!(笑)
結論それだけ。
シーカに振り回されっぱなしなハル愛しい。
計算苦手だったり、文字もうまく書けなかったり、笑顔何それ美味しいの?だったりですが、それでも普通にカッコいい。
シーカのバカっぽさをちゃんと見抜いている辺りも好きだ。あんな天然バカいてたまるか(笑)
どうでもいいことかもしれない上に、もう作中で説明されてるかもですが、シラスは結局のところなんなの?

・グランドマスター!〜呪われた女騎士?
この巻はシーカの

(叱られっぱなしで、笑っているからって、こちらがなにも感じていないと思っていますか?)

に集約されるかな、と。
ハルもかっこよかったけど、それ以上にシーカ様すげえええええええ!(笑)
シーカがただの馬鹿じゃないんだなと思えて、この台詞はすごく好きでした。だよな。あんなガミガミ言うだけ言って、あなたは守られてればいいって自己完結させて、物考えるの得意じゃないのに策略巡らせちゃうような人、そう言って叱り返してやらなきゃですよね。
堪えてなかったけどね。
それ以前に、↑みたいに叱るのかと思ってたら、むしろ尻触らせろとセクハラ発言して、違う意味でハルを大人しくさせてましたけどね。とんだセクハラ総長ですよねぇシーカさんねぇ!?そりゃハルも黙るよ!
最後はいろんな方面丸く収まってましたが、これシリーズ総括した時にちゃんとハル×シーカに収まるの?
最後の最後までずっとシーカに振り回されて、でもそんな総長を好きになった自分が悪いんだと諦めの境地に到達するハルしか思い浮かばないんですが、まさかそんなことないよね…?

・聖獣王の花嫁
高遠さんがレヴィローズとは全く違う方向性で作品書いてる!と感動したら、またヒーローが人間じゃない罠。
どんだけ非人間が好きなんだ。
ヒロインは方向性が全く違ったので新鮮で面白い。
ついでに、やっぱり王女さまだったりする辺り、本当に私は何なのかと。…コバルトとルルルが好きなレーベルなんだから仕方ないのか。
メインヒーローはゼルフォンかと思っていたんですが、イオだったんですね。びっくりだよ。
あ、今回もイオが非人間でしたが、こっちもキャラの方向性は違ってましたね。
飄々としてて、何を言っても馬の耳に念仏、暖簾に腕押し、糠に釘、みたいなキャラばかりでしたが、役に立たないところは同じとしてもまだ話が通じる。まだヒロインのために頑張ろうとする。いい人だ…!

・聖獣王の花嫁〜剣を継ぐ姫
メインヒーロー序盤で退場ー!(笑)
おい。大丈夫か。これ大丈夫か。なんか長男出てきちゃったけど大丈夫か。(イオ次男、ゼルフォン三男、長男アシュター)
そんな不安を感じつつでしたが、なんとかなるものなんですね。なんとかなってた。
最後、リージュ(ヒロイン)がイオ=アルヴァース(イオじゃないけどイオっぽいの)を刺したときは「話終わった…」と思ったものですが、しぶとく生き残ってくれたイオ=アルヴァースでした。本気で頑丈…!生き汚い…!(笑)
イオリジュのために毎回頑張ってくれてありがとう(笑顔)

・聖獣王の花嫁〜アルティナスの迷宮
話の方向性完全に違ってきてるなと思ったら、似た方向性のキャラはどうしても出てくるんですね…!
妹UZEEEEEEEE!(笑)
1巻目でゼルフォンのところにリージュが嫁がされたのは妹がリージュの婚約者と無理やり駆け落ちしたせいなのに、今度は記憶なくしてイオに取入りやがったー!orz
本当にね、そりゃもう信じられないほどイオは格好いいんだ。
元々起家さんのイラストが好きだっていう私の贔屓目もあるんでしょうが、それにしたって本当にリージュの言う通りなんだ。ちなみにリージュの評がこれ。

育ちの良さそうな王子様然とした柔らかな表情や、多少のわがままはなんでも聞いてくれそうな甘い雰囲気。

全くもってその通り。
イオの顔大好きだ。
直截に過ぎた気がしなくもないですが。本当にそうなので。
また厄介な話になってきたな…うわぁ。


他にももう少し読んだのですが、あとは明日にしておきます。

以下、拍手への返信で。
コメントなしの方も、いつも本当にありがとうございます!

※ 拍手返信 ※
posted by 塔湖 at 21:32| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

痛い

昨晩派手に自転車で転んだせいで、あちこち痛い…
ただでさえ姿勢が悪くて筋肉のつきかたおかしいのに、輪をかけておかしくなる。
………つか、顔に絆創膏って女としてどうなの?

それはそうと、スティールのムービー出ましたね。
私は割と好きだ。
亮一の絡みCGがキスレベルのさえなくてびっくりですが、ディオが半端ない色気だったので満足です。
亮一特攻したら、次は確実ディオに流れる。
で、桐生、眞鳥かな。


さらに関係ありませんが、少しの間旅行行って来ます。
久しぶりこオーストラリア。
何年振りかな。
ケアンズ、キュランダ、グレートバリアリーフ楽しみ!な一方で、私海入れるのか?と足やら腕やら鏡やら見てて思う。
染みるだろこれ絶対……
パン食べて終わるのかな(前にグレートバリアリーフで食べたパンの美味しさはガチ)。
posted by 塔湖 at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

今日も変わらず

本を読み漁っていました。
でも2冊しか読んでませんが。もう少し読みたかったけど、プロコン準備とバイトやってるとそのくらいしか読めない。
これからまたプロコン準備だよ…。
しばらく出来なくなるから仕方ないか…。


ってことで、以下感想。

■鳥籠荘の今日も眠たい住人たち4
加地―――――っ!
ここで加地と叫ぶとコルダのような感じですが、違います。当たり前ですが、鳥籠荘のキャラです。
加地可愛い。前も言ってた気がするけど、本当に加地可愛い。
勢い余って華乃子にプロポーズしちゃうとかどんだけ可愛らしければ気が済むのかと。
私はどれだけ床掃除しなければならないのかと。いや、いくらでもさせて頂きますが。させて頂きたいですが。
華乃子の浴衣姿に動揺を隠しきれない可愛さに、こっちは目眩がする思いです。
ホント、加地視点で一本くらいSS書ける気がしてきた。
どれだけ華乃子が可愛いか、加地視点で語ってれば……って、あれ?これコルダの方の加地と何が違うの?素直に華乃子を好きだって言わないところか?
っていうか、また華乃子の手料理に感動してる加地に吹く(笑)
大丈夫、浅井が好きなのはキズナだし、加地も脈なしじゃないからきっと華乃子の料理を毎日食べられる日が来るよ!
いや、正直5巻でそんな日々が到来しそうですが、加地だけのために作ってくれる日がいつか来るよ!諦めんな!(主に私の萌えの為に)

あと、ヘレンの話。
まさかの婚約者。あの婚約者マジ怖い。なんで殺されそうになってるのに結婚しようって気になるの!?
怖いよねえ!?変だよね!?
へれんが泣いたシーンはちょっといい話っぽかったけど、だからって許される範囲を華麗に超越してるよねえ!?
人間、他人に対する許容範囲が広すぎるって言うのは、自己防衛本能が働かなくなるってことと同義なんじゃないかと、ふと考え込んでしまった。

由起と有生。
キズナ巡って喧嘩とか楽しすぎて死にそう。
このシリーズで最初にインプットされたのが有生×キズナ←由起だったので、リアルにその関係になってくれたことが嬉しくてたまりません。
大体の場合において、私の思った通りのカプなんて来ないんだ…。
でも、由起×キズナの方が好きだった私にしてみれば、この展開は由起涙目な展開の連続でこっちまで泣きそうでした。
キズナその発言はねえよ…。みたいな。こっちまで凹むわ!
由起×キズナって選択肢はなかったのかなぁ。無理なのかなぁ。………考えてみたけど、ないわな。うん。


■鳥籠荘の今日も眠たい住人たち5
加地―――――――――!
どうあってもこの子が可愛くて仕方ありません。
そして、この子油断できない。行く末が怖い。
パパがいなくなっちゃった!と泣く華乃子に対して、素でプロポーズかますなんて何この子?
何でそんな弱ってるときにカッコいいこと言っちゃう?
しかも、軽く首かしげるとかお姉さん(読者)狙いとしか思えないんだがそこんとこどうなんだ?
本当にこの子の未来が怖い。天然たらしってこういう子のことを言うんだろうな。
今は加地が華乃子大好き!っぽいので、中学生辺りになったら華乃子にも同じような感じになっててほしい。
浅井有生?ああパパの代わりになれなかったゲージュツ家?くらいのことは言ってほしいところです。そして加地はちゃんと華乃子の大好きなパパの代わりになれるくらいには成長していてほしいものです。
ホンット、撫でまわしたいほど可愛いカプだなおい。

由起と有生とキズナ。
有生×キズナ展開本格的にキタ━━━━━━━!!
上であれほど由キズを押しておいてこれかよと言われるかもしれませんが(そして私もそう思いますが)、こっちだって好きなんだから仕方ない。
元々の刷り込みはこっちだったんだ。有キズが最初の刷り込みだったので、もちろんこっちだって大好物なわけです。
いつから皆子じゃなくキズナを見始めたのかよく分かりませんが、自然の流れだったんだろうなぁ。
それにしても、じっくり読みこむと有生の台詞が恥ずかしすぎる(笑)
でも最後にちゃんと待ってて欲しいとだけ言えた有生を褒めたくなった。頑張った。有生は本当に頑張った。普通有生があれだけ喋ったら死ぬ(馬鹿な!)。
由起は由起で、とことんキズナが好きなんだなぁ。
口で何言ってても、行動すべてがキズナにベクトル向かってて、マジ泣きしそうだ。
また援助交際しそうになってるキズナを見かけたとき、由起は何思ったんだろ。相手殺してキズナ自身のことも引っ叩いてやりたいくらいのことは思ったんだろうか。
それに、割って入っただけで傍観しなきゃいけないってのはキツかったろうな。キズナに泣きながら助けてって言われたら、絶対助けただろうけどその後自己嫌悪とキズナの身勝手さに嫌気差すだろうしな。
だからって、助けたいのに助けるためのいい訳が自分には用意されてないんだってことにも苛立ったろうしなぁ。
………すっごい面倒くさい人たちだな(有生含めて)。
キーリの頃から思ってたけど、みんな揃いも揃って面倒な人たちが揃ってるのに、ちゃんと話は進むんだから凄い。−ベクトルも揃うと+に変わるのか。


よし6巻目読んでくる。プロコンは…知らん。(冗談です頑張って来ます)

----------------------------------------------------------------
【追記】
6巻途中まで読み終わりました。
後半からパラレルものだって言うので読む気失せるわーと思いながら最終ページだけ読んだら有生×キズナ的に激萌え必死だったので、午前1時半を回ったというのに最後まで読みそうな勢いです。まず寝ようや私。

とりあえず前半だけの感想。
有生戻ってきてくれてありがとうー!と言う前にやっぱりこれだろ。


加地―――――――――!


3回も叫んでてすいません。
加地が異様に可愛くてごろんごろんしてるんです。
湯船の中で読んでいたのですが、やたら可愛くてニヤニヤするどころか声上げて笑ってしまって、自分自身が気味悪かったです。
夜中に本を湯船につかりながら読むってどうなのよ?

この記事の前の方で、いつか加地のためだけに華乃子がご飯作ってくれるといいね!みたいなことを書きましたが、6巻で叶ってしまった。
両親が新婚旅行に行ってくれたおかげで叶ってしまった。
つーか、母親。自分の小学4年生の息子に電話口で「真夜中に山田さん(加地の義理の父親)の手が私の浴衣の中に…っ」とか言ってやるな。
今の小学生、言わんとしてることがわかるだけに、反応に困るだけだ。
ついでに、加地が今華乃子相手に精一杯我慢してるんだから、その理性を揺さぶるようなこと言わないでやって!
シャワーの音にも反応しちゃうくらい切羽詰まってるから!

それにしても華乃子の態度があまりに思わせぶりで、加地と一緒にこちらまで動揺するという話です。
いきなり手をつかんで下腹部に手を添えさせられたら、そりゃ誰だって動揺するわ!加地自体、女子が若干苦手だから避けてるだけであって、別に冷静とかそんなんじゃないから!人生斜めから見てるような性格じゃないから!
しかも、そんなことがあった後に「エッチなこと考えた?」とか言わない。な?敢えて言わない優しさを華乃子は身につけるべき。加地が華乃子相手に考えない訳ないだろ…?
あんまり加地を試すようなことすると、加地の寿命が縮むから(猫的な意味で)勘弁してやって。
ついでに、兄妹設定は自分と加地そのものなんだから、それを題材にした漫画に萌えんな(笑)
そりゃ加地の反応も微妙なものになるってものです。加地の反応が一番正しいと思う。


あとは、最初に言った通り有生戻ってきたー。
皆子よりもキズナとの今を大事にしたいって思ったからこそ戻ってきて、モデル探してるって思っていいんだよね?
ああああああああもうマジで有難う。
そこまで見せてほしかった。
この後の展開は後半のパラレルに期待。
最後のは萌えすぎる。




あと、全然関係ありませんがラブプラス買いそうです。
ハマったと言えばハマったGSシリーズの内田Pが手掛けたラブプラス、かなり評判いいみたいですね。
公式見たら、丹下桜(引退したと思ってた)の声で「ダーリン」などという単語が聞けるらしい。
…………………来月辺りにでも買うか…?遊ぶ時間ないけど。DS埋もれさせておくのもなんだし、やろうかなー。
posted by 塔湖 at 23:20| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑多

何冊か読み終わったので、軽く感想。
今回は写真はなしで。


■黒子のバスケ 3
伊月かっけえええええええ!
日向好きすぎるううううう!

それが感想。
正直、あと何か感想出せと言われたら黒子の台詞かっこよかったよね。だけです。それってどうなの。
でもそのくらい伊月と日向がよかったってことで。
次、緑間出てきますね。
緑間と黒子は仲が超絶悪いらしいですが、何だかんだ言って黒子とバスケしたい緑間だったらいいな、とか呟いてみる。
黄瀬が発狂しそうな展開だけどな!

■図書館戦争 4
堂上おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

あの伝説の面接試験で爆笑させてもらいましたが、それ以外ホンット格好いい。
全てが好きすぎる。
小牧が霞んで見えるくらい、本当に格好いい。

ここで1巻終わって、2巻目入ったらしいですね。
原作に忠実に2巻目入って行ったので、きっと小牧×毬江あるんだろうな……アニメ並みのスルースキル発揮してくれないものか。
基本、私あの話で堂上×郁以外好きなカプなかったんだよなぁ…。
カプ萌えだけで読む人間に、あまり好まないカプの存在はキッツいことこの上ないので、5巻以降が怖い。

あ、ラストの書き下ろしかと思われるおまけページ。
面白すぎて吹いた(笑)
ノリで頑張ろうとした二人には頭の下がる思いですが、小牧が笑い死ぬ方やめてやって。
小牧自体は好きなんだ。イラッとするけど好きなんだ。
だから笑い死になんて悲惨極まりない死に方だけはしてほしくないんだよ!(笑)

■英国妖異譚20 エマニア〜月の都へ
あの終わり方ってどうなのーーー!
妹からネタバレは聞いてたので大まかには知っていたのですが、だからってあれはどうなの!(笑)
5年以上追いかけ続けた読者が報われないよ!
アシュレイやシモン、どっちかとの道を選んだらそれはどうなのさって不満噴出かもしれませんが、月に逃げんでもいいじゃない…!
まぁ、あれだ。セイヤーズかオスカーと一緒にいればいいじゃなーいみたいな。
話の筋無視し過ぎは良くないね……うん、ごめん。
そんな超展開があっても、喜ぶの私だけだ。でも、下級生に囲まれてる悠里ほど好きなものはなかったんだ。
次はやりたいって言ってたように横浜モノらしいですねー。
来月かな?楽しみです。絵次第では考えますが(笑)

■伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて
毎回毎回喧嘩ばっかだな二人とも(笑)
エドガーがいっつも最後に後悔してるのに、次の巻になると忘れ去ってるのがどうなのさと思うのですが、人類の長い長い歴史を概観していると思えば、納得できるかもしれません。

フィリス、いいキャラしてくれましたね。
歳の差すげえ!と思いながらも楽しかったです。エドガーも子供相手に妬くな。
対応が大人げなさ過ぎて、物凄く私の好きなエドガーだと思いました。
…川に投げ捨てるのはやめようね。うん…。

■生徒会の六花
爆笑。
爆笑。
爆笑。
とにかくそればっかりでした。
電車の中で読んでて、うっかり笑い声を上げてしまった時は焦った。
私以外人いなくてよかった…。
とにかく面白いだけなので、それ以外感想がない。
一存から話にブレがないなぁ。


ここからは来月の新刊話。

少年陰陽師 祈りの糸をより結べ
瑠璃の風に花は流れる 海碧の賢者
時迷宮 〜ヨコハマ居留地五十八番地〜
桜嵐恋絵巻 〜半分の秘めごと〜
エノーラ・ホームズの事件簿 〜届かなかった暗号〜
海上のミスティア (2) 道化師と恋に落ちた騎士

この辺りは買おうかなと思ってます。
今月の20日に出るルクレリも買いますよー。

相変わらず、コバルトとルルルが多い感じですが、一番楽しみなのはミスティア2巻だったりする罠です。
それと桜嵐、陰陽師。
桜嵐はますます雅遠の成長が楽しみだし、陰陽師はすごく久々に面白く軽く読めるシリーズに方向性が変わってくれたので楽しみにできる。
瑠璃花は7巻早く読み終えないと…うん…。
エノーラはこれ何巻目なんだろ?4巻目?行く先行く先、3冊しか置いてないから4巻目かなと思うんですが、前5巻目とか書いてあった気がするんだよなー。
posted by 塔湖 at 07:31| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ティアラ2冊

黄金白銀.jpg

女神姫.jpg

二冊読了。
どっちが評判いいんだか知りませんが、私は黄金〜の方が好きでした。
女神姫、なんか話が変……って言うか、飛びすぎ?
この手の話にはよくある『実はお姫様でした』オチはいいんですが、あまりに簡単に事実受け入れたなおい!と思ってしまった。
レイプ直後で思考回路飛んだのかな……
ティアラの売りだろうと思われる『キスだけじゃ終わらない』 (直接書くより恥ずかしい煽りだよね!笑)って部分も甘くて子供っぽさが否めない気が……?
狩人さんとかパン屋の娘さんって呼び方しなきゃいいのにと思いつつ、それじゃあ最後がダメなんだろうなぁと言うモヤモヤ感。

黄金〜は、それはなかったからよかった。
主人公も普通に好き。
ティアラ的に続編は作らないような完結した話を作っているようなので、別に続編はいらないのですが、できれば小さい頃の二人の話が読みたい。
ティリアを無駄に可愛がるリュカオン読みたい。
兄そっちのけでリュカオン追い掛けるティリア読みたい。
影薄かった兄が実はシスコン、みたいな裏設定があったら泣いて喜ぶ。
posted by 塔湖 at 05:55| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

着いたよー

部屋ー.jpg
ようやくホテルの部屋に着きました。
(福島の交流会に来てます)
今までロビー陣取って明日のための勉強会(?)やってました。


年齢的にアレなので、飲み会は断った。
本屋行きたい。
posted by 塔湖 at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。