2011年01月28日

生きてはいるんだよ!

お久しぶりです。
高専5年以降、更新が途絶えることしばしばになってしまい、かれこれ2年目ですが大丈夫です生きてます。
生きてて何してたのかと言えば、基本的には酸素を二酸化炭素に替えるお仕事くらいしかしてなかったので、特に書くこともなくてですね…。

あ、そう。
先日茨城県のつくば行ってきました。KEKという研究施設で加速器見学です。
た の し か っ た … ! ! !
下らない質問ばかりしていたので向こうの方は相当イライラされていたような気もしますが(笑)、どうせもう関係ない方ばかりだと思うのでどうでもいいです(笑)

で、それはよくって。
酸素を二酸化炭素に替えるお仕事が主ではあったのですが、一応本を読むということもしていましてですね。
以下、とりあえず挙げていってみる。

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

万能鑑定士Qの事件簿VII (角川文庫) [文庫] / 松岡 圭祐 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

結構読んでたんだろうか(笑)
Qシリーズ、すごく面白いです。
小笠原が毎回不憫で、空回ってて、最後の方は莉子の独壇場になっているのが涙を誘います。
小笠原が出張ったところでできることはなさそうだがな!(笑)

ミステリーはあまり読む方ではないし、読んだとして、その物語の中で何人惨殺されようがあまり心が痛む人間でもないのですが(両親の情操教育が行き届かなかったせいであり、決して私の生まれ持った資質のせいだとは意地でも認めません笑)、人が死なないと分かっているのはあまり読んだことがなくて面白いです。
人が死なない分、他でスリルを打ち出していかなければならないですしね。
そこ行くと、1巻目2巻目の日本を襲ったハイパーインフレはかなりの衝撃でしたので、あれでかなり引き込まれたような気がします。
あ、きっちり話が続いているのは1,2巻だけで、3巻以降は順番を変えて読んでも大して差しさわりなさげな感じでした。普通はナンバリング通りに読むとは思いますが。

1,2巻はハイパーインフレと力士シール、莉子の過去を救った人の関係性が最後の最後に繋がって「こういうことか」と納得させられる話でした。

3巻は音楽プロデューサーが出てくるやつでしたっけ?
毎回、莉子の知識と応用力には唖然とさせられるばかりですが、これもそうでしたね。
毒入りの食事かどうか見極める辺りも、とことん理詰めで凄いの一言でした。

4巻は同著者の催眠から主人公が出てくるやつでしたね。
催眠はよく覚えていないのですが、私が小学生くらいの頃かな?ドラマ化していて、画面全体が暗くて怖かったのはよく覚えています。
で、そんなイメージがあったのでこの中の大部分に出てきていた「嵯峨」と記憶の中の嵯峨がかけ離れすぎていたのですが、それも最後まで読めばちゃんと納得できて面白かった。

5巻は…ってやっていってもいいですが、さすがに分量多いのでこの辺りで。
とにかく面白いので、まずは1巻目を手に取っていただきたいです。2巻目もすぐに欲しくなるはず。

海上のミスティア 暁の乙女と誓いの騎士 (一迅社文庫アイリス) [文庫] / 梨沙 (著); 凪 かすみ (イラスト); 一迅社 (刊)
これも読了。
一言叫んでいいですか。

アナシス―――――――!!!!!

アナシスが大好きであります。
3巻半ばまで意味分からない、変なキャラとしか思ってなくてすいませんでした。大好きです。
今回、挿絵2ページにいたのに当番キャラとしては、メインにセシル、サブにロウェンでした。どうしてくれようか。
いやその二人も好きですけれどもおおおおおおおとしか言えない。
相変わらず、作者の大本命はライハルトお兄様でありますので、そこの活躍は保証されてました。そりゃな。
あ、あとセシルの一世一代の告白が台無しになっていて吹きました(笑)
みんな気遣ってやれよ!

いい加減、アナシスのターン来ないかなぁ…アナシスとキース楽しみなんだけどなぁ…
posted by 塔湖 at 20:38| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

アヴェントの娘2〜金の騎士は姫君に誓う〜

アヴェントの娘―金の騎士は姫君に誓う― (レガロシリーズ) [単行本(ソフトカバー)] / 永野 水貴 (著); 碧風羽 (イラスト); イースト・プレス (刊)

読了!
1巻以上に楽しすぎる…!!!

内容はあらすじ通りで、前回がカルフ王子メインだったので、今回はソティラスがメインでした。
前回が前回だけに、シェルタの本命はカルフだと思っていたのですがそうでもなかった。
今回、ソティラスメインなのでカルフはほとんど活躍の場はなかったのですが、それでも美味しいところはきっちり貰っているという。
さすが2大メイン。そりゃ貰うよね。
中盤辺り、ようやく出てきたと思ったら速攻シェルタのダンスの練習相手になってみたり、シェルタ伴ってシェルタ(というか妹)の婚約者のとこまで行ってみたり、なんだかんだ頑張っていらっしゃった。

で、ソティラスと言えば、やっぱり基本は温和。優男を地で行く騎士なんですが、イリス(ソティラスの元婚約者)のことに踏み込んだシェルタに激高したところが一番男前だったという。
怒れるんじゃないかお前と思って一瞬感動した後激萌えした。
あとは、終盤、公開裁判からの決闘→激高+キスしたことへの謝罪→指先へのキスまでの流れが最高だった。
ソティラスの白手袋を取れるのはイリスだけと言われてたのに、そのソティラスが取りましたからね。
ふと、他の人と浮名流したってことはそれなりに何かあったはずなのに、取らなかったんすかっていうか、それ以前の問題だったんすか(自分は脱がなかったとかそんなスタンスだったらさらに萌えるからやめてくれ)って突っ込んだのは秘密だよね。野暮だよねごめん。
っていうかそういう話じゃねーよってことだよね。
ソティラスにこの疑問突きつけたら、女だとかなんだとか関係なく問答無用で剣を突きつけられる気がします。どっかの誰かさんと違って、きっと笑みを張り付けられることもなさそうだ。考えただけで怖い。

どうでもいい話になりました。
とにかくソティラス回だったので、ソティラス→シェルタも確定しましたねー。
私にしては珍しいくらいどっちも好きなので、このまま3人の関係で終わらせてあとは読者がどうにでも解釈してくれと投げてくれてもいいような気がしてきました。
もしそんなことになったら、この小説書く意味なくなるけどな!(笑)
でも、うん、本当そのくらいこの二人が好きだ。
こういうので2人出てくるとあからさまに当て馬になるじゃないですか片方が。
で、そうなると最初から見えてるので当て馬に同情混じりで思い入れが深くなっちゃうんですよね。
そのせいで毎回毎回、嫌になるくらい私の好きなキャラが報われないんですが(笑)
今回、二人とも選ばれるような選ばれないような微妙なところにいるせいで、どっちも平等に好きだ!
今回カルフが出てきたところは万遍なくテンションあがったし、上でも言ったように終盤辺りの流れでソティラス本当好きになったし。
あ、陰でシェルタに片思いしてたらしいエレオスもいたね(笑)
エレオスにも頑張ってほしいなぁ。
エレオスが尊敬してやまないソティラス叔父上(叔父!?)も、その学友であるカルフにもまだまだ及ばないって言ってたけど、そうでもないんじゃないかなと。
恋愛感情ではなかったかもしれないけど、3人のうち誰が一番親愛の情を向けられてたかって言えばエレオスだろと思わざるを得ない。
ソティラスとカルフは……いや、うん、自覚ないからね恋愛感情だっていう。だから単純に親愛の情だけで考えればエレオスだよね。無自覚の恋愛感情は完全叔父とその学友に向けられてるからどっちがいいのさって話ですけど。
それにしても、エレオスがシェルタを好きな状態で嫁がなきゃいけない妹可哀想なのな(笑)
まぁ、シェルタが仲良くしてあげてくださいって言ってあるんだから、それは忠実に守られるだろうけれども。
女性側だけが遊ぶのは不公平だし、もし妹に遊びを許すならエレオスだってシェルタを好きでいたっていいよね。……シェルタが叔父を選んだ時には諦めろとしか言えないわけですが。
(絶対狭量だよねソティラスって)
(甥が片思いしてるのさえ許さないような気がする)
(あの笑顔で、私の妻に云々って予防線張ると思う)


でも、カルフ落ちが待っている気がしてならない。
シェルタが迷いに迷った末にソティラスを選ぶ未来が想像できない。
早く3巻来い。
最短でも6月にならないと出なさそうなのが鬱。
posted by 塔湖 at 22:32| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

ようやく届いたんだぜ

届かねーと嘆いていた「遙かなる時空の中で5 夜明け前 壱」。
これですね。

遙かなる時空の中で5 夜明け前 壱 / ゲーム・ミュージック, 高橋美佳子, 福地桜智(竹本英史), 高杉晋作(安元洋貴), 鈴村健一, 岡本信彦, 立花慎之介, 四反田マイケル, 諏訪部順一, 三木眞一郎, 寺島拓篤 (CD - 2010)

この味気ないリンクの仕方をどうにかして頂きたい。
前のような挿入の仕方が良かったです。

まぁいいや。
で、これがようやく届いたので聞いてみました。

1.出立の時−1−
都声ひっく!
祟かっわ!
瞬こっわ!
こんな感じでした。すいません、瞬がゆきって呼び捨てる割に敬語なのが違和感です。タメ口にするか、いっそゆきさん呼びで徹底的に距離取るかしろよと言わざるを得ない。
この違和感がEDまでにはなくなってくれると信じてる。
で、この植物の話は何かに繋がってくるのかい…?
よく分からなかったけれども、でも、祟がゆき大好きなことだけはよーく分かった。

2.月下遼遠
中岡あああああああああああああああああああああああああああ!
大好きだ!
声かっこいい!
龍馬そっちのけで正直すまんかったと謝らなければなりませんが、中岡好きすぎる。攻略できないとかなんの悪夢だし…。
「いや…何も…」って諦めきってる中岡大好きだ。
根本さん上手くなったねー。

3.忠誠の下にて
薄桜鬼前に抱いていた沖田像がここにと言う感じ。
昔話にどこまで興味ないんだよ沖田!(笑)
ゆき頑張れ、本当頑張れ。
土方びっくりすればいい(笑)

4.未来を見据える瞳
ちょ…!小松…!
この微妙な口調萌える。〜だね、〜なの?って口調にこんなに萌えるとかどういうことなの。
とことん萌えるなぁこの口調。ねってそんな…。
薩摩と日本が好きなんだなー…。

5.All's right with the world? -予兆-
うーん……サトウの声が……いや、英語の発音は凄くいいからあれなんだけど、声が…。
感想が他にない…。
あれ、っていうかサトウって結構本気でなめられてるんじゃね…?あれ…?そうでも、な…あれ?
サトウが見えてこない(笑)

6.夜闇が隔てるとも
神子のことはいつでも貴女呼びかと思ったら、神子がいないところでは君呼びか。
待ち焦がれてると言っても過言ではない感じなモノローグだ…。

7.天のさざめき
明王!!!!!!(大爆笑)
つかぐんだりとか呼んでしまうんですか何だこの明るい明王ってか仲良すぎてウケる(さらに爆笑)
ごうざんぜと金剛の会話が面白くてうっかり吹いた。
明王基準に見るとサトウは美形なんだ?(笑)
私からしてみればぶっちゃけ、福地と小松がぱっと見美形なんだけどな…。

トラック7、軍荼利明王のキャラの方向性が浮きすぎだろうと思いつつ、面白かったです。
とても美しいらしい降三世明王はいつ見れるのかな!
posted by 塔湖 at 21:56| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何から書こうか

お正月からこっち、しばらく何もなかったんですが、昨日今日で東京横浜行ってきました。
東京は、母と妹が劇団四季のマンマ・ミーアを見るというので。
私はいつ帰省するのかチケットを取る際に決まってなかったので、今回は見送って「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」を見てきました。スペル合ってるかな!(笑)


なんというか、あれでしたね。


総 士 → 一 騎 × 操 最 高 。


予告でも流れていた総一としか思えない総士抱きしめシーンもあったので、総一至上主義者には嬉しい限りだったのかもしれませんが(私も嬉しかった)、それ以上に操の純真っぷりがもう…!
総士からの情報だけで一騎一騎って懐く操と、それが嬉しくてしょうがない一騎と、一騎が操に取られたようで悔しい総士って構図はとても美味しくないかと、そればかり考えていました。
あ、違う。そればかりではなかった。
いつ総士が一騎に「俺の帰る場所はお前が待っている場所だけだ。俺の望みはお前の隣にいることだけだ」って言うかと思ってわくw……いやいやいや、ドキドキしました(笑顔)
まぁ、似たようなことは言っていたのですけれども。
今回、真矢と総士の会話がないので、さらに総一に拍車がかかっていた。

今回、本編を復習せずに見に行ってしまったので、同化現象が起こった時に、どうしてそのまま砕ける人と一騎みたいに生き残った人がいるのか全く分からなくなっていて混乱してました(笑)
お前ら何があったんだ、みたいな。
あと、操は一体何だったのかと。
指のようなものだと言っておきながら、操が痛みを消しに行こうって決めた途端にフェストゥムが一斉に動き出すから、操の役割が分からなくなった。
それと、操は結局どうなったの?生まれ変わろうだかなんだか言ってたんですけど…どうなるの?

確かに今回の話は好きだったんだけど、理解できてないところ多いなーって思う。
もう一度本編見直して、その後にもう一度DVDで見直さないとな。


ここからはがっつり総士→一騎×操話になるので、苦手な方は即バックでお願いします。
今までも深くやってたけど!(笑)

映画を踏まえちゃうと、操がいなくなってるのでこの三人が揃うのは無理なんですが(一騎の目、操はどうやって直したんだろうとか思っちゃいけないのかな…)、パラレルならありだろーって思う。
アルヴィスの中で三人でばたばたやってて欲しい。
操が一騎にいつでも着いて回ってて、一騎は総士に今まで面倒見られてる面があったから、自分が面倒見てあげることができて嬉しくてつい操を構い倒してて、総士はそれが面白くなくて、でも操は何も知らないんだからそれは仕方ないと自分を宥めるしかなくて。
そんな、微妙なバランスの上に成り立つ三人が見たい。
たまに真矢が一騎に近寄ってくると、操が少しさびしそうにしたり、ちょっとだけ不機嫌そうになって、仕方ないなぁ遠見ごめんなって苦笑いしながら操の機嫌取りに行っちゃう一騎とか物凄く見たい。だがしかし、私は一騎真矢支持者でもあるんだけどな!(笑)
総一と一真矢が主食でした。

操、好きだったなぁ…
降伏してよとか言いつつ、犬に怯えて一騎に助け求めてるところとか萌え死ぬかと。
posted by 塔湖 at 20:34| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。