2011年04月24日

ニコニコするよね!

本の記録をブクログにしたのでこっちで書くことが本格的になくなってきました。
最近、ゲームもできてな…いや、そんなことはなかった。
つい昨日もコルダPSPやってました。
天羽も金澤に引き続きフルコンプです。
土浦は出会いが出ないんですけどどういうことなの。土浦の初期値アップさせとけばでるんじゃなかったのどういうことなの。


まぁいいや。ゆっくりやります。
夏はコルダに動きらしいですが、どうせミュージカルだろうと思うので、そっちに興味のない私はスルーですね。

あ、遙か5のキャラソン、携帯サイトなどなどで見つけたので落としてきました。
チナミのキャラソンがあまりにも電王のダブアクっぽかったのには笑いました。
でも好きだこれいいね(笑)
あとは小松とかのも好きだ。


それはともかく、今日は図書館戦争と内乱の文庫版が届きました。あとは万能鑑定士Qの\巻とかね。
図書館戦争・内乱の描き下ろしとDVD特典SSだけ読んだんですが、両方とも異様に萌えるのが困る。
特に書き下ろし(内乱)の小牧×毬江とか好きになりきれない部分があったのでやめろよ馬鹿貴重な書き下ろしは堂上×郁であるべきだろうとか思ったんですが、ふっつうに面白くてにやにやしてました。
毬江の頑張るポイントも、小牧の嫉妬ポイントも可愛すぎた。
やめてー!!!!
posted by 塔湖 at 20:11| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

名探偵コナン 沈黙の15分

見てきたさ!当然のように見てきたさ公開初日に!!



コ哀――――――――!!!!!




どうしようもなく、途方もなくコ哀だった。
事前情報ほとんどなしで、どれだけコ哀あるかなぁ少しでもあれば御の字だなぁ(去年がありすぎたから今年は少ないだろうと思った)くらいで行ったせいもあるんでしょうが、コ哀だ。


ストーリーは公式にある通り。
まず都知事が乗ってる地下鉄が爆破されないと事件が始まらないので最初からもう爆破みたいな話なんですが、コナンのアクションが最初から炸裂しまくってた楽しいったらありゃしない。
劇場版に期待すべきはアクションだと言われてるとおり、スケボすごかった。
車から元太叩き落として首都高(?)逆走すんな、という話ではあるんですが、面白かった。
爆風で飛ばされた方向が入口方向のような気がしたのでなぜ出口に戻れたんだと思ってしまったんですが、カメラワークの関係かな。反対側から見たのかな…?

あとは…ちょっといろいろ説明はあとでするとして、とにかくコ哀でいいですか!

予告でもあったように冬馬が目覚めたところから新潟での事件は転がり始めるわけですが、少年探偵団(コナン哀除く)が冬馬の記憶を取り戻そうとしてダム付近まで子供だけで行っちゃうわけです。あ、もちろん冬馬も一緒に。4人で。
それを知ったコナンが灰原をコナンのいるロッジに呼び戻したとこからテンション駄々上がりますよね!!!!!!!!
予告しかまともにみたものがなかったので、コ哀でのスノボは予想外すぎた!
あ、でもこれは、映画が始まるときにいつもテーマとともに新一のモノローグというか解説が入るじゃないですか。そのボード紹介の時のカット(というか映像)が灰原を後ろに乗せたコナンの図だったので、ここで既にテンションMAX近くまで行ってました(笑)
で、その映像がここで来るわけですよ!!!!
コナン「お前ここで待ってろ」(←もう雪山入ってるのにおいてくつもりかと思って焦った笑)
灰原「待つわけないでしょ」
しかも灰原は台詞とともにボードの加速スイッチ(?)踏みますからね(笑)
どこまで夫婦だお前らは。
あと、ここがもう今作最高だったと言わざるを得ないコ哀。
森を駆け抜けてる上にかなり加速してるので、後ろに乗ってる灰原が少し振り落とされそう(樹にぶつかりそう?)になったときに、コナンが抱え込んだシーンでのセリフ。
灰原「…年下のくせに生意気ね」コナン「ハイハイ」

あああああああああああああああああorz
テンション上がりすぎておかしくなるかと思った…!
なんぞこの会話。
コ哀押しなのか監督。脚本だか監督だか演出だか原作だか、誰の意見でこのセリフが入ったのか知りませんが、誰でもいいもう制作陣全員にありがとうと言いたい!
少し離れたとこから俯瞰するようなシーンになると途端に雑になる作画にいらっとしたとか言おうかと思ったけど、なんでもいいよそんなん!
これだけを見に、もう一度劇場に行きたいと思った。
このあとバイトが入っているので無理でしたが、もし入ってなかったらもう一度見てくるとこだった…。
だってこんなにコ哀なんだよ。意味わかんない。

で、そこからもまだまだ続くコ哀なわけです。
ようやく探してた元太たちを見つけたと思ったら、犯人に追われてるにもかかわらず穴倉に入って行ってしまってて、入口から狙撃されたら(犯人は銃持ってた)どうすんだという状況に自ら飛び込んで行ってたんですよ。
それ見て激怒するコナンと灰原。
先に灰原をスノボから降ろしてあいつら頼んだ!みたいになってるとこも相棒的に信じてるんだなと。
で、灰原がひとしきり怒った後に、ようやく穴倉に入ってきてコナンも全く同じポイントで怒ってしまって。
もう子供達みんな灰原に言われて大反省してるので、さらに怒るとか空気読めという話じゃないですか。それが、ママに怒られて反省した子供がさらにパパに怒られて、いやーな空気になっちゃったみたいな感じで(笑)
まぁ、灰原はまだ怒ってはいたので空気がちょっとはマシだったような気はするんですが。
ああ夫婦だなと思った。相棒じゃなく夫婦だなと。棺で相棒宣言されたのはもう忘れていいんじゃないですかね!

あとは、さらに色々あって犯人分かって―――まではよくても、15分にセットされたプラスチック爆弾はダムに設置されたままという状況。
ダムが決壊すれば、麓の村は全壊を免れないというね。
(これが津波を連想させてこの時期に不謹慎だという向きもあるのかもしれませんが、それを必死に止めようとして、結果的に救ったという話なんだから少しは許容してあげてほしいなぁ)
今言っちゃいましたが、まぁコナンが止めるわけですよダムが壊れたことで流れだしてきた大量という言葉では言い尽くせない水を。
雪山なんで、雪崩起こして止めようぜ!ということなんですが、この辺りもまた凄まじいアクションでした(笑)
あれだけ密集した木々を加速したボードで駆け抜けるって神業だろうと。
ちょっと予想外な故障もありつつ雪崩は起きたんですが、コナンがいた位置よりも上から雪崩が始まったせいでコナン巻き込まれ。
そりゃな!!!!と会場全体が突っ込んだだろうさ。
雪崩に巻き込まれた場合の生存時間は15分なんだそうで。そこ越えると絶望的らしい。
ここでコナンの身を案じる灰原がまた…!
夫婦すぎた。
いいとこはきっちり蘭が持って行っているので、新蘭(コ蘭?)好きな人も安心して見れるのではないかと思います。
ただ、コ哀だなぁと私は思ったってだけなので。

あとはそうだなぁ…去年の難破船は灰原が犯人に携帯を持っていないと告げた以外は全部コナンとの会話しかないという荒業のコ哀でしたよね。
さすがに今年はそこまでではなかったんですが、それでも基本的にコナンと灰原は一緒に行動。
何か重要な役目はそれぞれで負って、絶対の信頼を見せてくれてました。
会話も多かったしね。
コナンがスタンガンで気絶させられた(?)ときも、コ哀だったし。

コ哀が好きな方は是非!!
今年はアクションももちろん凄かったけど、ちゃんと謎が絡んできてた(笑)
ちゃんと事件の存在感があった。
去年は人が死んでないし、飛行船の方がメインで展開されつつ、本命の事件は仏像強盗だったので、事件の存在感はちょっと残念でしたけどね。
今年は、割と初めの方から関わった人が死んで、謎解きも存在感あったし。
ここ数年の中ではかなり良作になったのではないかと!


もう一度くらい見に行きたいなぁ

そう言えば、16弾!って予告も打ってあったけど、来年はサッカースタジアム爆破とかそんな感じなんだろうか。国際的な試合で集まった選手・ファンを人質に、みたいな。
分かんないわー。でもそんな感じだと思った。
posted by 塔湖 at 16:33| Comment(18) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

これこそだよね

半月更新しないとか私どういうことなの。
しっかりするべき。

毎日何かしら更新していた私は、いったい毎日どんな楽しいことが怒っていたのかと不思議で仕方ありません。
………そりゃ毎日のようにゲームしてたんだから、そりゃ楽しかろうさって話ですが。
ここのところあんまりできてないもんな…。
あ、ゲームの話で言えばようやく金色のコルダPSP版、金澤だけはコンプリートしました。
あと音楽関係。
諸々の細かいイベントが鬼すぎて、今志水攻略中ですけど心が折れそうです。どうしたらいいの。



それはともかく、今回は遙か5の話。
ようやくメモブ買いました。

色々思うところはあったのですがまず、「八葉同士反発しすぎ」。
これではないかと。
各キャラに相性のいい八葉、悪い八葉とそれぞれ載っているのですが、瞬なら相性の悪い八葉に龍馬が挙げられてるし、逆もまた然り。
アー確かにあわなそうだねえあんたら。
とか思いつつぱらぱらとチナミのページめくったら総司ってかいてあるし、逆もまた然り。
……………………まぁうん、あれだよ、4組全部そのパターンだったね…と。
れ、歴代もそんなんだったよね!
1の頃、頼久と天真も最初そんなんだったし(友情発言が漫画で結構出て来てたけれども)(でも頼久ぶっちゃけ恋愛>友情だった気が…@コミックス)
歴代の中で仲の良かった天地四神なんて、3の白虎くらいではなかろうか。
1,2の頃の天地玄武は仲良かったって言うか、単に近づかない、相手に干渉しないってスタンスだったから穏便に話が進んでいただけで。
………だからきっと今回も珍しい話ではないんだ。
でもびっくりするよね。


あとは各キャラごとに嫉妬した時にどんな態度に出るかが書いてあったんですが、それはもう盛大ににやにやさせていただきました(笑)
瞬とか愛しいにも程がある。
告る前だと無表情に拍車がかかるとか一体何なのかと。
お前はどれだけゆきが好きでしょうがないんだと。
そんなの、自分がいなくなったとしてもゆきが望む未来を掴み取りたいと思うほどなのは分かるんだけど!
あと、福地なんかはひとりでさびしくなってるっていう一文に激萌えした。
言っていいんだ…!私のことも構ってくれないかい…?とか言っていいんだと肩を揺さぶってやりたくなりました。
とか思ってたら「私のことは(好きじゃないのor構ってくれないの)?」と絡むらしいって書いてあって好きにしろよお前ら!とは思ったんですが。
アーネストなんかは、嫌味と皮肉のオンパレードらしいのがアーネストらしくてよかった。
こいつが無邪気だなんて何それ気味悪い(※日本のことを語ってる時を除く)(あの可愛さはガチ)
天海はもう単純に怖かった…(笑)
嫉妬するのはともかく、それが勢い余って相手を消すってところまでいくから怖い。
神様を敵にまわしちゃダメ、ゼッタイ。そんな感じでした。怖いわー。

あとは各キャラそれぞれ気になったこととか。

瞬。
象徴物が「あああああああああorz」ってならざるを得ない。勿忘草って。花言葉がそのまま瞬だった。
真実の愛・真実の恋はまぁ乙女ゲーなら普通だとしても、「私を忘れないで」って…。
あんな中途半端な位置で攻略しちゃったせいで、そのあとの罪悪感半端なくさせる人だった。
趣味に料理が入ってたのが意外だなと思ったら、ゆきの体をそれとなく気遣えるからだそうで。
お前の思考は9割ゆきに占められてるなと改めて思う話だった。少しは自分の人生見つめてもいいと思うんだゆきから離れた人生なんてありえないんだろうか瞬には…。
………有り得なかったな。(他キャラとED=合わせ世消滅=瞬消滅)
瞬ってゆきにかなり当たりがきつかったなって印象が強いけど、他キャラよりは確かに語数多く話をしてくれてたかもしれない。話し方の欄見て思った。
あと、二人称はゆき以外天海だろうと家老だろうと誰だろうと構わずお前呼びか苗字呼びだったことにちょっと驚いた。いや、天海に対してあなたとか言っててもびっくりするけど、お前かぁ…。
そういえば、瞬の首元にあったなんだあれ、普通に首輪としか思ってなかったんだけど…チョーカーではない…よなぁ?まぁいいや、とりあえずあれがあって、精神的に少しでも落着けたとか「どう考えても後付けです」な理論が書いてあったのは吹いた(笑)


龍馬。
好きな食べ物:軍鶏。ちょ、おい!!(爆笑)だった。
龍馬って暗殺される直前、軍鶏鍋食べようとしてたんじゃなかったっけ?買いに行かせてる間に殺されたとかそんなんだったと思うけど。そっか軍鶏か…(笑)
喋り方のとこでは、真理を突いたり、無遠慮なことも言いますが言葉数が多いので気づかれないようですって一文に涙した。無遠慮ってそれは気づかれなくていいけど、真理については気づいてやれ!みんな気づいてあげて!


チナミ。
好きな食べ物に納豆・梅干しって書いてあってやっぱり!となったプレイヤー多数だと思う。
納豆嫌いな茨城県民居るから!梅干しって、それ偕楽園から得た発想だろ!そんな気がしました。ちなみに私は納豆大好きです。
嫉妬欄に「嫉妬していると認められず、さらに苛立つ」って書いてあったのには心の底からにやにやした。それでこそチナミだよ!そうじゃないチナミなんてチナミじゃないよ。
そう言えば、チナミって周りが周りだから気づきにくいけど、「美少年」なんですよね。じーっとみてると、確かに整ってるわぁとは思う。美形なのが当たり前だからあんまり気づかなかったけど。
で、それを気にしてインパクトのある恰好をしているらしいのが物凄く可愛かった。チナミいいなー!
チナミは髪切った方が似合うよな。エンディングでそう思った。
最後のキャラインタでやっぱりツンデレ発揮してるのも可愛かった。インタビュアーが優位に立てたのはチナミだけだったね…。


総司。
食べ物欄はもう泣くしかないだろう…!
嫌いなものがない理由は、前に雑誌か何かでも出されていた気がしますが、その理由はいつみても泣かざるを得ない。ひもじい生活を強いられていたからって。だから嫌いとか言っていられなかったって。泣いていいかな本当…。
嫉妬欄はチナミに並んで可愛かった。似た反応としては福地かな。ゆきの視線が総司に向くだけで嬉しいとかどれだけ欲のない子なの。
喋り方のとこでは、無気力だって書いてあって、人斬りについて話す時もトーンが変わらないって書いてあったときには、ふと「切っていいかどうか」しか考えてない的なことを口走ったイベントを思い出したあれはなんだっただろうか。
二人称では、基本あなたか苗字(or名前)+さんなのに、福地に関しては夢の屋さんだったのが可愛かった。夢の屋だけでも充分ファンシーな名前なのに、さんって。可愛いな!
あと、意味の分からなかった総司ED。あっさりと「転生した総司と現代で再会」って書いてあって拍子抜けした。へー………。分からんわ!


小松。
あの時代に、肉をそんな平気で食せる人いたんだねぇ…。
ワイン好きだって言うのもちょっと驚いた。
いつ見ても喜びの時の満面の笑顔可愛いなぁ!照れもいいけど喜びの方が好きだ。
そして、何度見ても月代+髷の小松は嫌だなぁ(笑)
ぱっと見いいんだよ?これはこれでありだなと思わせられるデザインではあるんだけど、これがあの集団にいてあのしゃべり方してたらおかしいだろ!〜ではないの?とか〜なの?とか、そういう喋り方が小松は凄くいいんだから、このデザインだったら違う話し方になっちゃっただろうし、今のデザインで何の問題もないと思う。


福地。
改めて描き下ろし見てると、体型けっこうしっかりしてるんだよね。
もう見慣れちゃってあんまり意識しないけど、体つきしっかりしてるなと思った。
特技に5か国語書いてあって一瞬イラッとした。ああそう!みたいな(笑)
ヘタしたら7か国語ですからねどういうことなの。言語学者にでもなればいいだろ。
好き嫌いは特にないとか言ってるので、無言でくるみを口に突っ込んでやりたくなった。私くるみ苦手なんだよね…。
物語のページで「…末永く、よろしくね……。」の文字を見たとたんに泣きたくなったのは私だけではないと信じてる。泣くだろ!
ビジュアルでは、初期設定の福地なんて福地じゃないよねと思った。
あれで今の福地の性格やられても不気味なだけだ(笑)
見た目さっぱりしてるから、そこはどっちかって言うと翡翠みたいなキャラの方向性でお願いしたい感じだもんなー。


アーネスト。
あのスーツ、シルクだったんだ…。まずそんなことを想いました。どうでもよすぎる話でどうしようか。
それにしても美形だよなぁ本当王子様を絵にかいたようなビジュアルだよなー実際それイメージしてるんだけど。アーネストかっこよすぎじゃね(笑)
趣味の欄、日本について学ぶっていうのを見るたびに、そりゃもうニコニコしますね。あれは可愛かった。仕事だから仕方ないとか言いつつ、あんなに楽しそうに薩摩切子について語る外国人を見て可愛いと思うなという方が無理。正直、日本人以上に詳しいんじゃなかろうか。薩摩切子聞いたことない日本人いるぜきっと?
あと、どう考えても誤植だよねと思うのが表情集。嘲笑と微笑みのとこおかしいだろ!むしろ逆の方が納得いくわ!(笑)
こんなドヤ顔のどこが微笑なのかと。おかしいから!
キャラインタではさらっと「(高杉は)悪魔ですね」って言い切ったとに「Oops!」とか言ってて、お前今どう考えてもわざと言ったよな!?とは思った。本当にそう思ってるだろうと。
ゆきの両親に挨拶するのも決定事項なようで、そこも笑い所かなと。
ゆきがどこに留学したのかは知らないけど(なんか北アメリカっぽいよねダウンタウンとか北半球英語圏とか)、向こうで王子様みたいな子と知り合えたんだねーよかったねーとかほのぼのしてそうだ。じゃなきゃ娘があんなほわほわ育つはずもないし、兄的立場の養子があれだけしっかり育つわけもない気がする。


高杉。
花言葉に再び「うわああああああああああああああorz」となった。
捨てられた恋人って。ゆきに唯一死んでくれって言ったところと重なってああああああああと叫ぶしかない。悲しすぎるからやめてくれよ…!
都都逸が趣味って言うので、うっかり三千世界を思い出すと、それはそれで悲しくなって(意味を真正面から聞かれた高杉が不憫で)泣けてきますよね。
っていうか全体的に高杉は不憫だった。三千世界に続いて、立てば芍薬ってやつにさえ解説を求めてきたからねゆきは。本当に不憫でならないやつだった。


天海。
都飛ばしてごめん。
天海の描き下ろし――――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ラフだと髪結ってるのに、なぜカラーは結っていないのかと。
天海は髪長かろうが短かろうが何しようが美しいものは美しいんだと思うキャラなので、もうどうでもいい話ではあるんですが、結ってるのは珍しいから見たかったorz
表情集なんて、もう見てるだけで幸せだよね。
儚いと通常が群を抜いて好きすぎる。最高。微笑と苦痛もいいなぁ…!!
初期設定に関しては、今の服装にしてくださってありがとうございますとしか!!
だっていやだろあんななんちゃって軍服(笑)
キャラインタの次にある、それぞれのキャラが他キャラをどう思ってるかについての欄はもうあっぱれでしたよね。さすが天海様だった。
「ゆき以外の人物には特に興味を持っていません」。
さすがすぎて一瞬何事かと思った。
最初にそのページを見たとき、あー最後が天海でめっちゃ少ないからこれ次のページまで行ってんの?もしかして四神やサブキャラ視点でも何か語ってんの?とまで思ったほどです。本当に。まさかの一行で、え?って思わず口にしましたからね。
そりゃ天海が他キャラに何か感想を持っていたらそれはそれで違和感なんですが、福地やチナミくらいには何かあるかなと。……………あるわけないですよねー。


妙に長くなったのでこの辺りにしておこうと思います。
posted by 塔湖 at 14:33| Comment(0) | 遙かなる時空の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。