2009年12月22日

26話

CCSの始まり。
もうここまで読んでくれた方も嫌気差してきてるような気はしますが、気にせず行きます。
(桃矢×さくら、シャオラン×さくら以外には結構厳しいと思いますので注意)



歌帆先生登場で、私にとっての鬱期間が始まりました。
すいません、先生は好きだけど桃矢との過去はもう消し去ってやりたい。

この軽口の応酬が周囲に仲の良さを見せつけてるようにしか見えない。

一番恋愛運関係ないのは千春と利佳だろうなw
あの二人は絶対大丈夫な気がする。

メイズきたー?

つっきっていきましょー精神の観月先生は大好きです。
だって惚れざるを得ないだろ?桃矢さえ関係なければ大好きだよ。

お兄ちゃん心配してますよー。

先生男前すぎるwwww

いいのかなぁ?じゃねえよ、早くしろ!何が重要なのかしっかり考えてください…と思う私が間違ってるのか。
小学4年生には酷なこと言ってるのか。

27話。

んー?そろそろユエ話出てくるかな。

幸せになっちゃうよー、を単純に可愛いなぁで済ませられなくなってるのは確実原作でこの後の展開知ってるからだよなぁ。
観月先生も雪兎も全部ユエが原因なのが可哀想。いや、別に可哀想がる必要もないんですが。

忠告したくてもできない歌帆があああああ!大好きすぎる。

自分の子供の学校に数年前に来た教育実習生を覚えてる父親すげえ。

シャオランシャオラン!「いつもビデオ撮ってるやつ」じゃなくてせめて「大道寺」って言ってあげて!

シャオランの雪兎一直線の姿勢が訳分からないなりに、凄いと思う。
なぜ疑問を持たない?さすがに男同士が普通じゃないことは分かる、よな?

あ?何のカード?

リターン?なんだっけ?

あーあーあー思いだしてきた。

………………やばい素でショック。
頼む、もうマジでやめてくれ本当にやめてくれ。
posted by 塔湖 at 23:12| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。