2010年04月11日

まだ見てる

こばと。21話からまだ見てます。
本当に朝食食べてないんだぜ…?どんだけ好きなんだよって言う。



21話。
・堂本本格的にこねえええええ。

・これはあれか、最終話まで出てこないってことか。

・なんていうんだか分からないけど、あの部下の人、結構人情に厚い人だった。

・優しくね?

・質問。会長じゃなくて沖浦が直接手を下すことがどうしてあの保育園を(っていうか清香先生を)守ることに繋がるんですか?

22話。
・おや?ピザ屋、もしかして桃矢の声した?関智さん?

・桃矢きたー!でも声若干違くね。いや関さんなんだけど

・かっけえな!この部下さん!

・その筋の人が絡んできてる取り壊し工事先に、子供だけで行かせるなよ!?

・結構、良好な関係築いてるなぁ

・まさかの堂本…!!!!

・え、てかなんで「堂本…お前…」って憎しみこめてんの?>清和

23話。
・あれ?清香先生、エンゲージリングしてる?元々してたっけ?

・ふたりでボートって…あー堂本見たら苦笑しそう。で、「清和は仕方ないね」って、何が仕方ないんだか分からないのに言いそう。
堂本ー

・清和おまえええええええ!
ちょっと堂本に説教されてこい

・待て待て待て待て、なんで清和の金平糖1つで瓶の残りが満ちるのさ!?

・つか、24話中、23話ラスト2分でようやくデレるメインポジってどうなの!?(笑)

・堂本は優しすぎたのが敗因ですか…

・ああああああああ引き留めようとして抱きしめたのが最初で最後って…しかもあれだけ追いかけ回してきた相手が、肝心な時だけすり抜けていくってえええええorz

・「これじゃまるで呪いじゃねぇか…!」って、何が呪い?
好きだと自覚してどこにも行くなって願ったのに、その一瞬叶った願いで癒されたからって金平糖が現れて、その金平糖のせいで小鳩の契約が続行されてどこかに行っちゃうって言う、その流れのこと?

・そんなことはどうでもいい…!堂本…!(ほんとに好きだな)

・堂本…!違うんだ、「大切なものを失った事件」は3か月前とつい1か月前にも起こったんだよ…!

・記憶を取り戻すきっかけ云々に堂本のことは期待してないよ…

・堂本がきっかけで小鳩が戻ってくるようなことになっても微妙だよね…私的にはありなんだけど…分かってるよ……

・「みんな」で遠足?……みんなでかぁ…

・清和きたあああああ!

・やっぱり清和が一番小鳩を想ってたってことなのかなぁ

・「まさかの沖浦保育士奮闘記」にご期待ください。
そんなタイトルが次回作ではつきますね。
CLAMP先生の次回作にご期待ください!応援ありがとうございました!
こんな最後でどうですか。

・堂本、医者かぁ…。あーなんかところどころ大地(@コルダ3)に被るなぁってたまぁーに思ってた。
そんなに被らないはずなんだけど。

・本当にいい最終回だった…

・原作、どこまで描いて終わらせる気だろう
posted by 塔湖 at 11:46| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。