2010年04月29日

見て来たよー

アリス・イン・ワンダーランド見てきましたよ。
初の3D。
アバター見られなかったからなぁ。


で、一言感想言うなら、


3Dの意味なくね……?


私が眼鏡しつつ見たのもいけなかったのかもしれませんが、大して3Dっぽくないというか、3Dでなくても十分だろうって言う。
3Dだなぁと思ったのなんて、アリスが穴に落ちるところと最後のスタッフロールだけだ(笑)
きのこの成長は見てて面白かった(スタッフロール)。

話は…あれだ、アリス好きな人はきっと面白い。
積極的にアリスを好きだと思っていない私でさえ(嫌いなんじゃなくて、あんまり好き嫌いを考えたことない)、それなりに楽しめたから、好きな人は普通に好きなんだと思います。
ただ、穴に落ちるまでのアリスの性格はイライラするし、最初色白すぎて「え、何この子病気?」とか思ってしまった…。
洋画見ると、たまにそうなるよね……。

あとはもういつも通りカプ萌えで見てました。
帽子屋×アリス←ハートの騎士は萌える。
ハートの騎士がアリスに迫ったところは、反射で萌えた。
あと、帽子屋がアリスが大きすぎるって言ったときには、キスしたかったのか…!と思って切な萌えが来た。
ちょうどいい大きさになってもキスさえできなかったのはもう泣けばいいのかと。
何とかの日前日、夜に帽子屋とアリスが話していたところが帽子屋×アリス的萌えの最高潮だと思う。
忘れんなお前ええええええって話です。
つーか、私が忘れねえよ!っていうね。そういう話です。
アリスも帰らなければいいだろう…。

そう、何とかの日って言えば、そこで帽子屋vs.ハートの騎士があって、ここで萌えずにどこで萌えるんだ!と地味に歓喜でした。
二人とも各々の主君の為じゃなく、単純にアリスのためにやってたんだと脳内補完したら、途轍もなく萌えた。

帽子屋切なかったなぁ……。
ラスト、あれさぁ、よく分からなかったんだけど、結局アリスはワンダーランドどうしたんだろう。
すぐに戻るって言って戻ってないじゃん!?とか思って反応に困った。どうなったんだあれは。

今度は友達とコナン見に行こうって言ってるので、行ってきます。
GW中に行けるかな?どうなんだろう。
コナ哀要素ある?とはさすがに聞けませんでしたが、キッドは出るらしいのでそれはもう楽しみにしようと思います。
コナ哀…あるといいなぁ。
posted by 塔湖 at 21:09| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。