2010年09月04日

ロリじゃないです。

ここをずっと追ってくださってる方には分かっていただけてるかとは思うのですが、別にストレスが…とかいう理由ではなくとも、私は唐突に男性向けに振りきれた本を読みたくなる時があります。
その衝動の一つが、唐突なエロゲプレイだったりもするのですが(…)、あまりそっちはやりたいと今は思っていないのでギリギリ大丈夫です。


それよりも本、です。


私が本屋に行くと、本当に欲しい本(大概少女向けレーベルの何か)+電撃(含めた男性向け小説)を買ってしまう。
どういうことなの。
本当によく分かりません。


ということで、これ。

ロウきゅーぶ! (電撃文庫)

ロウきゅーぶ! (電撃文庫)

  • 作者: 蒼山 サグ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫




ロウきゅーぶ!〈2〉 (電撃文庫)

ロウきゅーぶ!〈2〉 (電撃文庫)

  • 作者: 蒼山 サグ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: 文庫




ロウきゅーぶ!〈3〉 (電撃文庫)

ロウきゅーぶ!〈3〉 (電撃文庫)

  • 作者: 蒼山 サグ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: 文庫



ここまで読了。4,5巻も手元に、ある。
このタイトルを知らない方のために書いておきますが、断じて ロ リ ではありません。ロウです。
そして、内容は健全な、バスケットに青春を捧げる少女5人の物語です。…………挿絵に一切バスケシーンが描かれていないのは絶対秘密だ。
ましてや、毎回どこかに見開きで女の子5人がきゃっきゃやってるシーンがあるのも絶対秘密だ。
そして、むやみやたらに挿絵がエロっぽく書かれてるのも…いやそれは電撃だから仕方ない。

でも、本当にびっくりするくらい真面目なバスケ小説ではあるんです!
煽りでしつこいくらいロリコンを強調され、この物語の裏テーマが紛うことなくロリであろうとも、真面目なバスケ小説であることは否定できない。読んでみれば分かる。普通に頑張ってる!

3巻終わり辺りから、メンバー5人のうちのひとりが昴(主人公)の幼馴染(当然ツンデレ女子)に妙に懐いてて「いらっ」どころの騒ぎではなくなっていますが(私の中で)、それを鑑みても十分すぎるくらいに面白い。
絵と勘違いしそうになるタイトルで買うのをためらってる方もそれなりいるかもしれませんが、面白いです。
女性読者率が相当引くそうで悲しくなる感じですが、女目線から見ても十分に面白い。だってバスケ頑張ってる女の子たちと、それを支えようとするコーチの物語だから!…………ま、間違ったことは言ってないよ!嘘は言ってないよ!…それだけじゃないってだけで。

4巻5巻読んでくる。
紗季…!!!!!
正直、昴大好きっぷりが手に取るように分かった、智花、ひなた、愛莉が大好きだったんだけどなぁ。愛莉なぁ…。3巻ラストの美星の言葉は私の信条そのままだったと思う。みんな昴の嫁でいいだろ。
posted by 塔湖 at 12:28| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。