2010年12月05日

no-title

あとでカテゴリは変えよう。
ワンドFDポータブルやってたら、ようやくアルバロがルルを好きだって言ってるのを信用できる気がした。
他の人の好きとは違うかもだけど、好きは好きなんだよな本当に。
心底分かりづらいだけで。


【追記】
ワンドFDPやってよかった。
アルバロのあなたとの物語は繰り返しすぎて今回で4回目なんですが(しっかり私!)、ようやくアルバロはルルのことが本当に好きなんだろうなと思ったし、アルバロざまあwの意味も分かった気がする。


アルバロざまあwは今までも思ってたんですが、ルルに頬抓られて犬扱いされてる辺りのことを言ってるのかなと思ってたんですよね。たぶんそれも間違いじゃないと思うんだけど。
でも、それよりも最後の最後、ルルに「好きの意味なんてひとつでいい」って言われて、それでも最後に「ルルちゃんが大好きだよ」って嫌々でも言わなきゃいけなかったことが、ざまあwなんだと思う。
まぁ結果的にはただでは起きないってところを見せつけてくれたアルバロではあったんですが、あの瞬間だけはルルには絶対勝てないとこだったろうし。
ルルに陥落したらそれはもうこの厨二病患者がwwwざまあwwwとプレイヤーから詰られると思う。というか私は詰ったわけだがな!(笑)
本当、自分でも言ってたけど、ルルにつながれてからは恋愛的な意味でとても痛々しい(だがもっとやれ)ことしかしていませんが、こっちに言わせればその前からお前は痛々しかったと。
あの暗殺者時の服装とか、ギルドとか言っちゃうところとか、退廃的なところとか、目に痛い派手な髪色とか。本当に痛々しかった。
そしてそれを大好きだと思った私も、救えない感じに痛い。どうすればいいんだ。

あと、アルバロがルルのこと好きなんだと信じられたって言うのは、上でも言ってたみたいに「好きの意味なんてひとつ」なんだっていうルルの発言に、どういう心境であったとしても一応は頷いたところとか、本気なんだと信じられる口調で「本当に好きだよ、今はね」(@あなたといっしょ)って言ったとことかかな。
特にあなたといっしょは、アルバロは本当にルル大好きだな!みたいなのが伝わってきて楽しい。
本編だけじゃ「恋愛EDっていうか、恋愛に至る入口にようやく立てたEDだろ」と思わざるを得なかったんですが、本編から続くFDでちゃんと恋愛EDなんだと納得できてよかった。
2では永遠の愛を誓っちゃうらしいので(どこまで期待していいんだか笑)、その前にちゃんと「光属性」のルルを好きになったアルバロを見てみたかったんだ。
全属性なんてそれだけでも珍しくて、アルバロにとっては物凄く興味深い、楽しい存在じゃないですか。それだけでアルバロの中のパラメータに結構ゲタ履かせてるようなもので、ルルじゃなくても全属性であればある程度アルバロには好かれてしまう気がして。
そうじゃなくて、「ルル」を好きになったアルバロがちゃんと見たかったから、光属性を得たルルを好きだと思うアルバロが見れてよかった。
もちろん、全属性のルルもそれはそれでルルなので、ゲタだけでは足りない部分を「ルル」がどうやって埋めるのかがすごく楽しみ。
全属性だからこそのルルで、アルバロを落としてみてほしいと思う。

ってことで、ノエルやってくる。
大好きだバカー!!
posted by 塔湖 at 16:12| Comment(0) | オトメイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。