2008年02月28日

1周目


昨日に引き続いて、フルキス2アペンド、瀬伊ルートやってきました。
昨日は葵ルートでしたけどね。
今更ネタバレも何もないから、隠さずに行きます。
てか、葵ルートの話になっちゃいますが、しりとり持ちかけたらやってくれるんですね(笑)
そんな子供っぽいことしません、それよりも寝ていなさいとでも言われるかと思ったら、ちゃんと相手してた。
しかも『祥慶学園』などといきなり終わらせたら、また最初から相手してくれる優しさです。
あ、『中泉隆行』から始めたら、いきなり大学時代の同窓生の名前を挙げられました。お茶目な人です。(ホントにな)




瀬伊ルート1周目は瀬伊ベストでした。
喧嘩パートにびっくりした。
ちょ、ケンカの相手、瀬伊じゃなく長澤なのかよ・・・!
まさか幽霊とケンカするとは思いもしませんでした。
喧嘩パート突破は反論・同意・ビンタで。
ビンタして行けると思ってなかったです。いや、依織と麻生には思いっきりやらせていただきましたけど。
遠慮しつつ、皇にも1発やらせていただきましたけど。(葵は怖くてできてない)
あ、何を言われようとも一哉との喧嘩パートは最初はビンタから入ろうと思います(笑顔)


瀬伊のルートは本当に幽霊だったんですね・・・。
何がしたかったのかちょっと分かりづらいですけど、ピアノと同じくらいむぎが大切だと言いたかったんでしょうか。
それは分かってるから、今更なんだけど・・・・。
幽霊を題材に選んだ理由もイマイチ分からないんですが・・・。
瀬伊の繊細さを追い求めてたりする?ドラマCDでも、瀬伊だけ幽霊ネタ使われてたような。
まあ・・・全く面白くなかったとは思わないので(凄く楽しかったとは思わないけど)、いっか?


インターバル。
『悪霊、タイサーン』だかなんだかのネタを麻生が依織に聞いてましたが、あれは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・処女雪ネタ?
よく覚えてないんだけど、依織があそこまで嫌がるネタが思い出せない。
・・・・・・・うは、麻生BAD(@処女雪)を思い出して気分悪くなった・・。
何のネタだったんだろうな。

ほかに、長澤からの手紙に『瀬伊くんの子供』云々がありましたけど、あれは本当に小学生の女の子らしい発想だったんですね(笑)
文面が幼いのに内容がアレだったので、どうしちゃったのかと思った。
小学生が少コミとか読んだら、ああも思うかなあ・・・。
白崎(小3)がとても可愛かったです。嫌がる小学生の女の子に嫌がるような漫画読ませんな!(笑)
あ、また関係ないですけど、小学生って可愛いですね。やっぱり、今の学校に来たことを後悔した。
元々、小学校の先生か保育士になりたかったのに、なーんで工業系来ちゃったかなあ。
笑顔で挨拶して来た小学生の女の子がとても可愛かったです。それだけで乗り切れないのが今の学校なんですけど、ああいう子を見てると、荒れてる学校って言うのが想像できないんだよなあ・・・。


どうでもいいですが、長澤蓉子を間違えて覚えていた姫神さんの『ナカガワヨウコ』には笑ってしまいました。
ナカガワヨウコって!


他には何だったかな。
そうだ。皇。皇が関わってきていてびっくりした。
しかも、皇の独白で1つインターバルあったし!
やっぱり鬱々とした感じの、ローテンションだったわけですが、皇にインターバルが用意されているだけでも奇跡に近いので、何を語っていようとも楽しかったです。
本編では、やっぱり優しかったですしね。さすが皇と思う感じで。
依織も待ってるから、と言っていましたが、俺もを心の中で付け加えていたんだろうと脳内補完するといい感じです。
皇・・・!!

posted by 塔湖 at 15:02| Comment(0) | フルハウスキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。