2008年03月12日

終わり、か


フルキス2アペンド、一哉シナリオと温泉シナリオ終わりました。
以下ネタバレのため追記で。















先に一哉シナリオから。
一哉シナリオだと瀬伊ルートか九条ルートか選べますが、私的には瀬伊の方が良かったかな・・・!
でも、たぶん世間的には九条が支持されるんだと思う。


九条ルートと九条ENDが悪かったとは思わないんです。
むしろ、予想以上の出来なんじゃない?って思ってるくらい。
でも、絶対九条将来コケる・・・!
むぎの幸せを最優先で考えると、九条じゃ幸せになれないだろう・・・!?
九条が九条らしくいるのはいいんですけど、九条との未来に幸せが見出せないのは私だけですか。
ホント無理だから。
九条自身も言ってましたが、一哉を振ってまで九条に乗り換える意味がどこに!(笑)
今更ですが、九条はやっぱり麻生にぶつけるべきだったんだんじゃないかなあって思う。

これだけでも何なので。
九条とむぎの会話は面白かったですよ。
イメクラって何?ってむぎが聞いたときの「・・・自分で調べれば」って言う九条の発音が好きすぎて、既読スキップやっていてもそこで必ず止めますから。
本当に1回も逃さず聞いてる。飽きない。
聞くたびに「小野・・・・・・!」って思う。
たまに、本当にあの人は天才なんじゃないかと思う発音って言うか、演技しますよね。
それにしても主役で小野の名前を見ないな(笑)

あとは、食事を一緒にしたときとか。
イッツデリシャース!!だっけ?よく分かんないけど、そんなことを叫んだむぎに「お疲れ。バカ」って言い放つのとか好きです。
仲いいなあ。




瀬伊シナリオ。
優しいし、セカンドならではの甘さもあってよかったのではないかなーと。
いや、九条に喰われてますけど。九条インパクトありすぎですけど。私は瀬伊も良かったと思うんだよ。
結局、どっちのルートでも一哉アチャーorzなシナリオにはなりますが、こっちの方がまだ一哉に心労掛けてないと思う。
喫茶店で振ると取れる「やけ食いアイス編」が瀬伊インターバルの中では最高だったかな。
あれ、瀬伊必死に明るくしてますけど、心情的には麻生呼びつけちゃうほどには弱ってたんだと思うんだよ。
KY(心読む)んで付き合ってあげた麻生がいい子です。
メインルートやセカンドルートだと可哀想な扱い受けるのに、そこから離れると男友達として最高だと思って、むしろ攻略したくなる罠。いつでも仕掛ける罠。(遊佐)



で、肝心の一哉END。
文句なくむぎが一番幸せになれそう(笑)
今回、アチャーって感じに合併断念しちゃったりしてますが、本当にいいのかそれで。
国家がテロに断固とした態度を取るのと同じように、一哉も佐原に屈しちゃいけなかったと思うんだよなあ。
2の頃なんて、むぎが九条にヤられるヤられないなんて問題じゃなく、むぎ狙撃までされたのに、むぎを事件に巻き込み続けただろう一哉。
一哉の中で、一体何の基準があって事を起こしているのか分からない。

でも、本当にこれ甘いですよ。
END付近で「別れたほうが・・・」とか言う『何言い始めてんのむぎ・・・!?』と思うような選択肢を選んでみたときとか、最高でした。
スチルもよかった。
左上のアップが好きです。
一哉泣きそう(笑)



あとは、温泉。
温泉はぜひとも最後まで何があっても全員で過ごして欲しいです。
インターバルが笑えるから。
みんなでトランプ(ご主人様と下僕?)やってたらむぎが先に寝てしまって、誰の布団に寝かせるかって言うときのやり取り。

一哉「・・・・・ここは、やはり俺だろう」
依織「なぜ。こういうとき君は必ず『やはり俺』と言うが、正直意味が分からない」

安心して依織。
御堂以外誰も意味が分からないから。
今までなんとなく「後見人だから」で納得していましたが、後見人だからなんだと言う話です。
言われてみれば、確かに意味が分からない。



本編で言えば、温泉に誘ったときのとか。

むぎ「松本温泉の豪華4人ツアーチケットです。これが福引で当たったの」
むぎ「誰か一緒に行ける人、いる?」
一哉「俺が行こう」
瀬伊「一哉は多忙だろ。無理して来なくていいよ」
依織「ちょうど週末はオフなんだ」
麻生「旬の芸能人が、んなわけねえだろ。俺が行くから安心しとけ」

みんなむぎのこと愛しすぎてる。


あとはこれ?
ご主人様と下僕の商品をむぎと温泉に入れる権利にしたときのラプリの反応。

依織「フフ。それは負けられないね」
麻生「俺だって」
一哉「馬鹿どもが。本気を出した俺に勝てると思うなよ?」

ラプリ全員、アホばっかで楽しかったです。
インターバル「詰め所」では、松本温泉に一緒に来たラプリによって分岐がありました。
珍しく少し強気に出る麻生が見れたりして、楽しいかもしれません。
あ、楽しいと言えば、インターバル名は忘れましたが、一番最初のヤツ面白いですよね。
依織が初っ端から絶望的で。
依織も強く生きて・・・!
麻生の純朴さに心癒されました。
自分とむぎのことしか考えない他のラプリは全員麻生を見習うべき!と思いましたが、そんなことをするラプリはラプリでないので、麻生だけが男同士の友情にも目を向けられる常識的なキャラでいて欲しいです。
でも、麻生くらいの年だったら、有料テレビ見たことあると思うんだよね・・・。
女子だってあるでしょう・・・。男子だったら尚のことと思うんだけど、違うんでしょうか。
・・・・・・・・・でも、あんなに場の空気が凍るほどの番組やってるのかなあ。
私が見たのが軽いものだっただけ?
posted by 塔湖 at 02:22| Comment(0) | フルハウスキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。