2010年12月12日

来てたんだね

マイカレ2情報、公式に来てたんですね。

マイカレ関連に続報来ると思ってなくて、マイカレ2を知ったのは昨日届いたガルスタでした。

ヒロイン、私好きそうだ(笑)
とても水旋2のきら的なにおいを感じて、懐かしいやらなんやら。
可愛いものをキャラじゃないからって遠ざけちゃう子可愛すぎだろおおおお!

あとキャラとか見てると、まぁあれだよね普通に見てたら和泉祥英にハマるよね。
これにハマらずにどれにハマれと?というレベルですよね。
類友な葵も大好きでした。というか、こういうキャラ全部いくら学校共通だからってホモにされたらたまんねえよ!(笑)

あと、加賀いつきも結構好きそう。
驚いた表情がツボってしょうがない。

他のキャラはまだあんまり興味ないけど、SSとか始まったらまた変わるのかな。

でもあれだ。
幼馴染キャラいないしね。
前作の桜木よりも好きになれるキャラいるかな…微妙?
桜木は本当半端なかった。
なぜ麻生が人気投票一位取ったし…!と半ば本気で歯噛みするほど桜木はやばかった。
打算で生徒会長とか先生辺りの、安定したとこ選らんどこうぜ!って言えないほど、ひたすら萌えたのが桜木でした。桜木かっこよすぎだ。セカキスの桜木表情欄見ました?困った顔がこんなに可愛いってどういうことなのとひとりでディスプレイ前でにやにやするやらぐるぐるするやら、本当困る。本当困る。
ってことで、ウラカレでも、系統が違うなりに最萌は幼馴染だったので、幼馴染キャラに期待したんだけどなぁ。
まーでもネタ尽きるか。

で、ウラカレの現行メンバーの続編はまだですか?^^
マイカレウラカレともに幼馴染がダントツの萌え、最年長がダントツの爆笑を提供してくれたので、マイカレウラカレともに期待してるんですけど。

あ、ウラカレも最萌は野分ですが、そっちは逆にヤンデレてて怖いので、普通に仲のいい恋人同士になれる葵押しですさすがに(笑)
ヤンデレは好きですが、それ以上に優が大好きでしょうがないので(ある意味最萌は優だった)、優が穏やかに生きていける葵押しで。
笑いは提供してくれるけど、結構自分の浮かれた世界で生きてる立花は間違っても押せないよな!(笑)
あいつこえーよ!?(過去ログ参照)
posted by 塔湖 at 14:55| Comment(1) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

どうする…

※Reborn!BL発言注意



先日発売されたリボーンのアルバム。
ごそごそ聴いていたんですが、雲雀のあの曲は何があった(頭を抱えて)。

どこをどう聞いてもヒバツナにしか聞こえないのは、私の頭が可哀想すぎるからなのか…。
しかも下手したら、守護者×ツナ←雲雀に聞こえてくんだぜ…?
もうどうしていいのやら分からない。
SakuraAddictionでもヒバツナ、ムクツナ曲だなーと思っていましたが、今回それ以上ではないかと思えてくる。
単行本派だから本誌読んでないし、アニメは今見てないので何が起こってるんだかよく分かりませんが、何かこんな曲を出してしまうほどのことが起こってるんだろうか。
未来編が終わる前に見るのやめちゃったからなぁ。
原作ではマグマ風呂も耐えられたけど改めてアニメで見てシュールすぎて引いたのが敗因だった気がする…。
もう一回、あの辺りから見てみようかな。
ヒバツナ、ムクツナがあるなら是非とも見てみたい。
むしろ、初代のとこで、大空と雲何かないかなーと期待してみたい!(笑)
posted by 塔湖 at 07:20| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

…お久しぶりです

疲れてる。
それはもう疲れてる。
正直、お腹空いてるけど朝食作るのめんどくさくてしょうがないくらいには疲れてる。
なんでそんなに疲れてるのかって、昨日までの集中講義15コマですよね。


誰だよ、私の所属学科なら楽に取れる講義だよ^^ なんて言った人…!
そりゃテーマは液晶だったさ。
そして、実験で5CBの実験はやったさ。
ああもちろん再レポだったがな!


実際やってみると、本当に大変なだけの講義でした…。

1日目:5コマ中4コマ座学(理論)、1コマプログラミング(ソフトのDL&使い方の指導のみ)
2日目:5コマ中3コマ座学、2コマプログラミング(ようやくサンプルプログラムの説明&試行)
3日目:5コマ中3コマ座学、2コマプログラミング

これです。理論がさっぱり分からなかった…。
知ってる話は1日目の最初の方だけだったので、結構きつい。
しかも科目名的にシミュレーションが重要なのだという話だったらしいのですが、別に材料のシミュレーションしないのに、液晶材料の説明を延々されるからね。
割と辛い。割とどころかかなり辛い。
材開と電気以外はもっと辛かっただろうな。材開電気の学生でも辛い。

で、材料に関しては私たちでもきついものがあったのでプログラミングは楽なのかと思いきや、JavaScriptですよね。
なぜなのかと…!!!
なぜ、Cではないのか。
いや、100歩譲ってCはさすがに無いかもしれない。
でも、C++とかJavaではいけなかったのか。
(ちなみに1日目のプログラミングの講義はJavaとJavaScriptは別物なんだ!似てもいないんだ!!という話から始まってました)
(それはさすがに知ってるから落ちつけ講師)
私、本当にプログラミングなんてできないんですよ。
でも、さすがにCはそれなりに触ったことあるし、C++も読めはするんだから簡単なものだったら書ける。Javaはきついけど、C++と似たようなところあるからまだ読める。

JavaScriptなんて本当の本当に初見の言語で困った。

ただし、試験はあるので(3日間の講義で中間期末がある意味が分からない)頑張りましたけどね。
期末試験のプログラミング問題、問1はJavaScriptかMatlab(←数値解析の言語)で解かせたかったと思うのですが、「その他得意な言語で解いてもよい」ってあった時点で、C使いますよね。そりゃ使いますよね。
冪乗が必要な計算だったので、「^」を使ってもよかったのですが、それを使うべきなのか「.^」を使うべきなのか迷ったのでCのpow使いたくなってCで書いてきました。
あ、2問目はお望み通りJavaScript使って書いてきましたけどね。
そっちの方が楽に書けそうだった。
でも、二重ループを使うって発想がなくて、軽く1分は問題と向き合ってしまったがな!(笑)
何年…というか、一体何問この手の問題を解いてきたのかと…。さすがに学べ。

理論の方も期末はほぼ完ぺきに解けたんじゃないかなぁ。
1,2問目は2日目の講義とほぼ同じだったし。変分法だからってことで、時間求めてその最小値を求めればよかっただけだし。それにしても、最小値求めろって問題に既に書いてあったのに、さらに関数を微分して、それが0になった時が最小値なんだってところまで書いてあったのは、さすがに私たち馬鹿にされたんだろうか(笑)
変数をpにしろってところまで指示されたしね…あれで解けない方がおかしかった。


でも、試験会場見てたら他学科は結構苦しんでたなぁ。
さすがに理論では苦しんでなかったと思うけど。
(そりゃもう図に必要なこと全部書いてあったから)
(正弦余弦を求める公式さえ覚えてれば誰でも解けたと思う)
プログラミングかなやっぱり。
問題自体は難しくなかったし、書かされたのも関数だけだったけど、他学科はプログラミングに触れる時間少ないっぽいし。
私だって決して多くはないのだけれども。授業とレポート以外でCに障ることなんてほとんどないし。……………アセンブリとか言われたらなおさらだよね…。卒研を10進Basicでやった人間だからね…アホだからね…。ごめん、高級言語なんて理解できないし、低級言語も理解できない(=プログラミングって何それ美味しいの?)


だめだ…他にも書きたいことあったけど、さすがにお腹空いてきたから朝食食べてくる。
とにかくあの授業がどれだけ辛かったかだけは伝わったかな…
posted by 塔湖 at 07:37| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

キてますね

最近はずっとコルダコルダコルダばかりですが、別にミラトレ忘れてるわけじゃないです。
いや、そりゃ確かに7話以降見れてませんが、そのうち見る予定ではいます。
ところで、ミラトレの放送は終わったのでしょうか…。
ほとんどテレビでリアルタイムにアニメ(に限らずドラマも)を1クール通して見続けるということができないので、あの時期に放送開始したものがいつ終わるか知らないんですよね…。終わってる…?終わってるかな。


で、ようやく12月23日(だっけ?)発売分のキャラ4人分のキャラソンをまとめて聞けました。

月島の線路は半端ありませんでした。

あんなの聞いたことがありません。
両国もなかなかのものがありましたが(変なこぶしにマジで吹く途中の突っ込みにも吹く横綱ネタ好きだな!)、月島のは特にあんなにゆったりとしている電車は田舎の私鉄くらいのものではないかと危惧してしまうほどです。
そして汐留のイタリアテイストは何か元ネタがあるんだっけ…?
可愛いからいいんですが。

月島の曲は、「ぽつりぽつり、」の後に間を開ける意味はあったんだろうか…。
妙にテンポ揺れるのが気になるんだけど、それを敢えて狙ってるんだろうか。
あ。こっちもゆったりとした曲でした。
タイトル通りな曲。
もし故郷から離れて、ホームシックに罹ってる人が聞いたら泣くか家に電話するかするはずだ(笑)

汐留は汐留らしさが欠片もNEEEEEE!みたいな曲でした。
大概のキャラソンがそうだろうと言われれば反論のしようもありませんが、中の人(梶さん)がキャラ(汐留)のイメージソングを歌った、みたいな。そんな感じ。キャラソンってなんだっけ…?
でも曲は好き。都庁も結構好きでしたけど(あれはかなりイメージからかけ離れた曲だった)、こっちも割と好きです。

両国。あんまり言うこともないけど、とりあえずラップ頑張るね。
コルダ系ばっかり聞いてるせいか、森田さんが歌う曲の最近の流れは全部ラップのような気がしてしまう。
そんなこともないんだろうけど。
ちなみに「よっしゃ今日も日本晴れ!」は予想外で吹いた(笑)
歌詞は見てたけど、なんか予想と違くて。ちょ、そこだけもう一回リピートしてくる。

全部通して、一番好きだったのは六本木のだったなー。
線路の方に関してはどれも秀逸で決められない(笑)
posted by 塔湖 at 00:30| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

壮大

先日図書館から借りてきた奥村愛の「maria」を聴いていました。
シューベルトのアヴェ・マリアが半端なく壮大でどうしようかと(笑)
あそこまで讃えられたら本人びっくりじゃないかと馬鹿なことを思ってしまったよ…。


その流れで、遙か関連のCDも聴きました。
(ありがとう!すっごく楽しかったです!!>私信)

東雲月がこの上もなくシュールで凄かった。
まさかそのネタ使うと思ってなかったから、びっくりでした。
ずーっと最初から最後まで笑ってた気がする。


どうでもいいですが、昨日誕生日でした。
お祝いにってことでお酒飲んだんですが、…だめだ、本当に一口飲んで酔った。一口で酔ったって言うか、匂いもやばかったのかも。
posted by 塔湖 at 19:25| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

泣けてきた

また朝からAmore di cavalleria、Rosa di Vittoria、Un valzer di amore〜愛のワルツ〜の3曲リピートです。
こういう熱い感じの…荒廃した時代から新しい王を戴いて新時代を築いていく、みたいなのが大好きなんだ。
栄光あれ!とか、剣とか、騎士とか、地平の向こうとか、御旗とか、その他諸々歌詞に入って来ると無条件にテンション上がる。


で、朝から3曲リピートした結果、Amore di cavalleriaでまた泣いた。

(岸尾)目指せよ (谷山)道なき道を (岡本)どこまでも行く (all)光の先へ
(岸尾)今こそ (岡本)我らの命 (谷山)激しく燃やせ (all)騎士への調べ

(谷山)目指せよ (岸尾)道なき道を (岡本)どこまでも行く (all)光の先へ
(all)今こそ 我らの命 激しく燃やせ 騎士への調べ


で、3人の歌う箇所が移ってくところが大好きで。
なんでこんなにカッコいいかな…!
最後の今こそ 我らの命 激しく燃やせ 騎士への調べでテンポが加速するのとか最高だと思う。
うっかりゲーム自体欲しいとか思っちゃうだろ!
選択次第で毒殺王みたいな、恐怖政治やれちゃうのが面白そう。
デフォでそんな王女になるならやりたくはないのですが、選択次第でそうなるならそれは面白そう。


話は変わりますが。
今日気付いたんだけど、コルダ2fアンコールって来月20日発売だよね…。
私、21日に放射線主任試験で20日に東京行かなきゃいけないんだけど…。しかも、23日から富士登山(マジらしいよ)があるからって、22日にまた東京泊らしいし。
えーっと、20日午前中に届くはずのアンコール持って東京行って、21日の帰りの電車でプレイしたらしばらくプレイできなさそう…?
さすがにゲームは富士山に持っていけないよなぁ。持っていけるならいくらでも持っていくけれども。
つか、最近の登山関連の報道見てると私が行ったら絶対遭難しそうなんですが。大丈夫なのか…?

とりあえず、どうにか時間見つけて来月20日までに2fのイベントコンプだけはしておきたい。何周すべきなのか考えたくもないけど。
posted by 塔湖 at 08:13| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

またなんか借りてきた

Image001.jpg

↑ノーベル賞受賞のスピーチ(講演)を探しに図書館行ってきたのですが、結局CDまで借りてきてしまったと言う。


■ 一番の幸せ(市原ひかり)
トランペット奏者のCDを借りてきたのはきっと初めて?
以前、武満徹でトランペット奏者のものを借りてきたことがある気がしなくもないけど(でも武満だったらギターだったかな?)、まぁいいや。
まだ聞けてませんが、明るく弾けたような曲があるといいなぁ。

■ 悲歌(許可)
中国音楽をまた借りてきてみた。そして二胡。
二胡の音、結構好きなんだ。これも聞けてないから(というより全部まだ聞いてない)分からないけど、あの中国らしいなんかモヤッとする音程とリズムの曲があったらとても嬉しい。

■My Story(チェン・ミン)
これも中国音楽。ちなみに現代音楽に入るんだろうと思う。
悲歌の方のは…現代?にしてはちょっと古いのか?どこでどう区切ってるか分からないけど、古典に入っちゃうのか?
あ、これも二胡です。水色の花がタイトル的にとても気になる。

■月夜の物語(大藤桂子)
これはチェロ。現代オリジナルばかりの曲集。大藤さん作曲のものばかり11曲です。
チェロの低音は聞いてて安心するから好きだ。祈りって曲が気になる。あと古の月。なんとなくチェロっぽさが出るのかなー。いや、チェロっぽさって?って聞かれると答えにくいんだけれども。

■AROUND THE WORLD(高嶋ちさ子)
クラシックと現代曲(って言えるのか?笑)を数曲ずつ入れた曲集。
プラハで撮ったらしいですね。
いいよなープラハ行ってみたいなぁ。世界的観光地だし。加羽沢さんの曲を聴いたときから行ってみたい場所ではあるんだ。
ちなみにこの曲集では、単に好きだという理由だけで、ユーモレスクを早く聞いてみたい。


話は変わりますが、薄桜鬼。
藤堂までED見終わって、あとはスチルコンプに走るだけです。
藤堂いいなぁ。
攻略キャラ中で一番子供っぽいみたいな扱いだったからどうなるかと思ったら、全然怒鳴らないし、一番辛いだろうって時も笑ってられて、本当にこの人凄かった。
あと風間とのやり取りに何度吹いたことか(笑)
狂ったら風間が勇んで殺しに来るだろうよとか、思いっきり吹いてしまった…。自分が死ぬってことをそこまで軽く言わなくても!(笑)
あとEDスチルには落ちざるを得ない…。
ビズログの記事で若先生と評されてましたが、言われてみるとものすごくそれだ。
近所の子供たち相手に読み書きそろばん教えてるって言われても全然違和感無い。むしろ教えていてほしいくらいだ。ぶっちゃけ、私に教えてほしいくらいだ。そろばん弾くくらいなら暗算で掛け算割り算やった方がよっぽど正確だったような人間なんだよ…。

それにしても楽しかったー!
ワンドと違って気にならない長さだったのも、別の意味で本当に良かった…(ワンドは面白いけどさすがに周回プレイきつい…)
posted by 塔湖 at 05:40| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

3回目

既に101人目のアリスのDJCDを3周ほど聞いてるんですが、どんだけ好きなんでしょうか。
昨晩1回聞いて、朝聞いて、今現在進行形で聞いて。

あーもー、本当にヴィックとアリスの絡みがいいし、クレアの話題になった時のテオの食いつきっぷりが好きだ。
ヴィックとアリスで言えば、恋愛の話題になった時の

ヴィック「アリスは恋したことないの?」
アリス「え゛…」
テオ「あるよねぇ?」
アリス「お…ぉ、おう」
ヴィック「俺とか?」
アリス「ねーし」
ヴィック「こりゃないな」

そうじゃなくても萌えるのに、何このテンポのよさとか思ってさらに畳みかけられた。近藤さん本当に声と演技が良すぎだ。
てか、(アリスにヴィックが)キスする云々言い始めるのは心臓に悪いから止めてほしいんだぜ。
ついでに言っちゃうと、隣の席にすごくかわいい女の子が〜と解説したヴィックが想定してたのが、あの滅茶苦茶可愛いアリスのことだったらいいと心から思った。

それにしても、

ヴィック「俺が伴奏してやるよ」
アリス「え…ホント?」(すっげー嬉しそう)
ヴィック「うん、ホントホント」

たったこれだけのやり取りに凄まじく萌えるのはどういうことだ。


ここまで書いてたら、お前本当にヴィック好きなーと言われそうですが、妹も妹で分かりやすくテオが好きだったようです。
妹の趣味も分かりやすいと思ってたけど、私も何気に分かりやすい気がする。
英国だとシモンとアシュレイで分かれ、オスカーとセイヤーズで分かれますからね。
言わずもがな、私がアシュレイ、オスカー派で、妹がシモン、セイヤーズ派なんですが。
とても分かりやすく好み分かれてる癖に、3次元の好みの最低条件を挙げてみるとほとんど被ってるのが解せない。どうかと思う。
2次元と3次元の違いは大きいなと思わなくはない。
posted by 塔湖 at 19:11| Comment(2) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

面白そうでしたね

昨日はどうしても気になったので、髪をばっさり切ってきました!
初めて行くところだったのでどんなところか分からなかったんですが、え、なんであんな無駄に丁寧?
初めて行ったからかな……。
受付担当の方がカウンセリングしてくれるのは、まぁ前の店も同じだったなぁと思ったんですが、帰り際に担当の方の名刺を渡されたのは初めてだったし(貰っても失くすよ!)、さすがに店の外まで見送られたのも初めてでした…。
これは何だろう。私が今まで行ってたところの方が少数派で、今は普通にこういうのが当たり前なんだろうか。
そこまでして頂かなくて結構です…!と、全力で思ってしまいました。


それはどうでもよくって。
昨日まで東京国際フォーラムで面白いイベントをやっていたみたいですね。
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」と言うんだとか。
バッハを中心とした音楽祭だったようなのですが、すいません、テレビで見て初めてそんな面白そうなイベントやってるってことに気づいた。
出演者のリスト見たらなんかやたら豪華っぽいんですけど!(笑)
私自身が、相当有名なところでない限り名前を(オケ、ソロ問わず)知らないので、その私が知ってる名前がいくつもあることが既に凄いと思う。

オケだと、アンサンブル金沢、東京都交響楽団…は、さすがに日本だし大きいところだから当たり前だったりするんですが、ソロの方の工藤重典、高木綾子、小菅優、ヒューゴ・レーヌ、鈴木雅明(※指揮者)、徳永二男……とか?
ほとんど日本人だ(笑)
知らない人の方が少ないってくらいのメンバーだな本気で!
特に、小菅さんなんかは最近ポスターとかでもよく見ますよね。

来年は、もし行けるようなら行ってみたいなぁ。
エリアコンサート(無料)の方が面白そう。講演会も聞いてみたいかも。


チケットの取り方とか後で調べておこうと思う。
妹も来年は時間作ってくれるらしいので、一緒に行けたらいいなぁ。
泊まることになるのか、日帰りかでも変わってくるし。
posted by 塔湖 at 08:27| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

変換変換

そう言えばクロームの新曲出たんだよなぁと思い、DLしてみた。
(骸も出てたんですね。いつ発売だったんだろう…)



どうにかしてこれツナ←クローム変換できないかな…!



やさしい声もなつかしい声も、全部骸なのは分かってるけど、これツナにできないかな…!
骸ツナも骸クロも大好きなんだけど、リボーン最萌えがツナ髑なんだ。

あ、骸の方は試聴だけして歌詞見たんですけど、びっくりするくらい自分のことしか歌ってないのな。
分かりあえなくても辺りが骸ツナだろうか。そう信じてもいいだろうか。
まぁ、間違いなく「あの星」はツナのことな辺り、どうしたってこの人は自重できないんだなと思って思わず笑いましたが。
どうしよう、曲調的にはサンバがよすぎてこっちはそうでもなかったんだけど、落としてみようかな…。
posted by 塔湖 at 12:56| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

旦那カタログvol.1

090208_2124~01.jpgまだトラック3までしか聴いてませんが、アレだ。


掴みは完璧だ。(笑い的な意味で)


【追記】
やべええええええこの旦那(CV.石田彰の方)うぜえええええ(笑)
演技が上手いだけにひたすらうぜええええええええ!
でも何か言うたびに笑わされるから憎めねえええええ!!

【さらに追記】
トラック13でいきなり平川さんの声がして驚いたのは私だけじゃないと信じていいですか。

それにしてもなんでこんなにプロポーズが面白いんだ(芦屋も神戸も両方爆笑する)

トラック35はトラックリストに載ってないことから考えて、隠しトラックもどきのつもりだったんだろうか。
隠しトラック見つけられる人ってすごいよね。見つけられることよりも、あるかもしれないと考えるその発想がすごいと純粋に思う。

【追記】
ようやく聴き終ったー。
最近笑えてないと思う人はぜひ。
冗談としか思えないようなCDでとても楽しかった(※全力で褒めてる)
うぜええええと叫んだのは芦屋にも神戸にもでしたが(神戸の可愛いお嫁さん発言が多すぎてうぜええとなる笑)、うっかり芦屋のプロポーズだけ聞きなおしてる。
これだけ読むと「笑えるとか言いながら萌えたんだろ?」って言うかもしれませんが、聞けばわかる。
絶対聞きなおす。萌えって感情じゃなく聴きなおしたくなるこの気持ちが絶対分かる。
つかたぶんこれきっと萌えとか狙ってない。全力で笑いだけを狙いに来てる。
posted by 塔湖 at 21:25| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Starry☆sky〜Capricorn

090208_1310~01.jpgひぃ、土萌より土萌の父上に惚れそうだ(笑)
少女マンガ押しな土萌親子がウケる。
どのトラックでもフランス語に吹くのをどうにかしていただきたい!(笑)



【追記】
予想外に楽しめました。
あんまり土萌には興味なかったんですが、少女マンガ好き過ぎな土萌ウケる。
デートの参考に少女マンガ勧める父親に、うっかり惚れそうになるから気をつけて!
ちなみにこの父親の方がフランス人な罠。
母親じゃなかったんだ…>フランス人


こんな感じのが毎回続くなら、結構楽しみにできるかな。
トラック2は笑うしかない(笑)
「少し食べようかな…」と言ったはいいけど、結構食べてるだろそれ?
おにぎり、サンドイッチ、フレーク、サラダって。
それ普通に朝食じゃないか。
なんでデート前に普通に朝食を食べようって発想が出てこないのか、それがまったく理解できませんが、だからってそれ朝食同然だろ?
これ寝坊して朝と昼同じくらい、な時間って設定だったんだっけ?
でもぶっちゃけ、どんだけ食べてもお昼だって極々当たり前に平らげそうだと思った。
思ったっていうか確信した。

どのトラックか忘れましたが、デート中、いきなり主人公が電話で幼馴染と話しだしたときは吹いた。
土萌妬きすぎだろ!(笑)
で、幼馴染ってどっちなんですかね(笑顔)


ブックレットに載ってた4コマはとても土萌っぽかった。
アホ毛アホ毛言われたせいで、あの妙な触角が気になり始めたのをどうしてくれる(あれアホ毛なんて可愛らしいものじゃないと思うんだ)。
狙われてるらしい七海に同情せざるを得ない。
posted by 塔湖 at 13:13| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

やっぱりか…

いやうん分かってたんだけどさ…



今月末発売のカタログと星座。
両方とも予約してきた…。
ガーネットクレイドル買おうと決めたので(理人(ヤンデレ?)の魔力には逆らえなかった)、そっちのCDはやめておくかと思っていたんですが、トラックリスト(公式ブログ参照)見たらやっぱり欲しくなった。
特にカタログの方の収録時間すごいなとか思ったり、星座の方もかなり収録してあるんだなと思ったり。
Springの方の特典情報も少し出てましたね。
妹が季節はずれのクリスマスか何かのプレゼントくれると言うので(信じていいんだよね?)、眼鏡Rと一緒に買ってもらおうと思います(笑顔)


安物で妹には悪いけど、バレンタインとホワイトデーはチョコ買ってこようと思う。
コーエーのあれにしようかとも思ったけど、どう考えても馬鹿らしい値段なのでやめておきました。
私は毎年ホワイトデーは友達のためにチョコ買うけど、バレンタインは絶対買わない人間なので、そんな私がバレンタインにまでチョコを買う奇跡。
でも、何買おうか悩むのは楽しいよね。作る気さらさらない人間だからね。



関係ないですが、実験が悲しいことになってしまいました。
目標のところまで作れてない。明日報告会なのに!
明日、レポートの方だけ頑張ろうかとかそんな話になってきた。
posted by 塔湖 at 21:47| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

借りてきた

090107_2244~01.jpg以前借りてきたものと被ってるのも多いかな。

リチャード・クレイダーマンの「千の風になって」
ヘンデルの王宮の花火の音楽、水上の音楽
クライスラーのクライスラー編曲集的なもの。
ユンディ・リの「トロイメライ〜ロマンティック・ピアノ名曲集」
五嶋龍の「Ryu Goto」。

なんだかんだ、全部一度は聴いたCDのような気が。
まずは千の風になってだけは聞きました。
渚のアデリーヌ、怒れる若者、為すすべもなく辺りは好きです。
怒れる若者は、このタイトルを見ていなかったら小さな町の小さなパーティーかと思うほど陽気な曲に聞こえる罠です。気をつけて!
posted by 塔湖 at 22:44| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

ウィーンフィル2009

今年も、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが終わりましたね。
初めて最初から最後までちゃんと見た気がします。


今年面白かったのはやっぱり告別第4楽章と、ハンガリー万歳でしょうか。
ハンガリー万歳のバレエの振り付けがコミカルで面白かった…!
女性が男性を持ち上げたのは思わず吹いた。
振付師誰ー?
いや、知ったところでどうということもないわけですが。
告別の方は、半分すぎる辺りまで普通に演奏されていたので「あれ?」と思っていたんですが、途中で一人一人席を立ち始める団員に盛大に笑ってしまいました。
ちょ、チェリストの一人の退場の仕方がユニークすぎる(笑)
走って逃げんな!
最後まで残ってたヴィオリスト(言い方これで合ってる?)もヒョコヒョコ去って行くなと言う話です。
最後の最後まで残ったヴァイオリニスト2人にも逃げられたあたり、笑いの最高潮だった気がします。
ひい、今年もまたおもしろい演出でした。来年が今から楽しみすぎる。
ついでに、今年の観客は注意されすぎだ(笑)
告別でヴァイオリニスト2人になったときにフライングで拍手したのは思わず「空気読んでいこうぜ?」と思わずにはいられませんでした。
そこで拍手はないだろー…。
ただ、ラデッキーでは、むしろ指揮者の指示が意味分からない感じで、あの拍手は仕方ないよなぁとも思いましたが。
あの指示の仕方だと、小さい拍手からだんだん大きくしていけよって言われてるみたいだと思うんだ。そりゃ拍手もするだろうさ。
指揮者が止めても拍手し続けた観客に関しては正直おい!と思わずにはいられなかったけれども!


あとは、天体の音楽。
思った以上に好きな曲でした。
以前聞いたことがあったはずで、そのときはそう好きでもないと思った気がするんですが、今回聞いたら思ったよりも好きでした。
盛り上がったところは天体の軌道の動きでもあらわしてるのかと思っていたら(本当何を表わしてたんだろう)、コンサート終了後に日本でのコメンテーターが「ウィーンの湖の畔で深呼吸をしているかのような気分でした」的なコメントをしていて「まじで!?」と思ってしまいました。
あれは一体何を表わしてたんだろうか…。


それと、毎年恒例の美しく青きドナウ。
今まであまり気にしたこともなかったんですが、ドナウってすごく綺麗な曲だったんですね。
編曲の仕方なのかもしれないですけど、今まで聞いたどのドナウよりも一番綺麗な演奏の仕方だと思いました。
いや、私なんかに綺麗だなんだと言われてもだからどうしたって話だろうなとは思いますが。
アンコール楽しみ。
楽しみついでに、あの6人の子供たちが可愛かったので、そのバレエも楽しみにしていようと思います。
上手かったですね、当然ですが。バレエ漬けの毎日なんだろうなとふと思った。


来年の指揮者はプレートルらしい(wikiにはそう書いてある)のですが、…あれ?2日に発表だよね?つか、wikiにもそう書いてあるのに1日にもう分かっちゃうものなの?
と言うか、wikiに更新早すぎだ(笑)
既にバレンボイムの挨拶が載ってるんですけどー!
posted by 塔湖 at 22:19| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

間に合うか

年越しはチャイコフスキーで迎えたいのですが、紅白に聴きたいのがあるせいでチャンネルを変えられません、きい。



あ、キチメガ見つけました。
リビングでなくしたので焦ってたんですが、大事なく見つかってよかったです。






……………ポリリズムだけ聞いたら変えちゃうか?
むしろ、まだ時間ありそうだから変えちゃうか?
posted by 塔湖 at 20:52| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

終わらん…!

明日、明後日で6教科残ってるのにまだ全然勉強が追い付かない…!
しかも、もうすでに単位落とした教科に関してはノーと開いてもいない。だめだこれ、笑えないよ。



笑えない状況ではありますが、ピアノ行ってきました(…)。
今週、本気で練習せずに行ったら苦笑され、火曜にテスト終わるといったらレポートと報告会があるって言ってるのに課題増やされて涙目です。いやだから先生…!!!!

あ、それと、やっぱり連弾やるっぽいです。
今までは妹か先生としか連弾したことなかったんですが、先生の息子さん(幼稚園児)とやることになったのかな。
まだ曲目とか全然決まってませんが、息子さんが「塔湖ちゃんとならやってもいいよ」とか言ったらしい(笑)
息子さんか小学生の男の子、どっちかと連弾しようって話は先週あたりから出ていたので、たぶん息子さんとだと思う。さすがに二人とやるのは無理だもんなぁ。
練習時間、小学生の方とは合わないからたぶん無理だし。
私が平日に学校終わってから速攻行ったとしても5時半はすぎる。
土日にしてもらおうと思っても、相手は小学生なので家族で出かけること多いっぽいんで。ナウシカ連弾でもよかったんですけどね(その子ナウシカやるらしいよ)。



話は違ってしまいますが、サイトのほう。
大丈夫だとは思いますが、2日前(金曜の夜10時以降)から今朝の10時までに拍手メッセを下さった方は、申し訳ありませんが再送していただけると助かります…。
ネット関係のデータを移すのを忘れたまま、新しいパソコンに移行してしまったのでその間の拍手ログを見れなくなってしまい…。
金曜以前に拍手を下さった方、本当にありがとうございました!
posted by 塔湖 at 14:12| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

お陰で帰宅が予定よりも2時間以上ずれ込みました

今日…と言うか昨日ですが、電気回路の話を聞いてきたと書きました。
(でも実際は電気回路ではなく、数学の話)
(微分って小学生でも習う話なんだぜ…)
(要は傾きって意味だから)
で、そのあと今日が返却期限だった本やらCDやらを図書館に返しに行ってきました。ちなみに県立図書館。
微妙に駅から遠いのが鬱。10分もかからないけど、5分程度では着かない距離。7・8分掛かるとか…!
物凄く遠いわけでもないのでついつい借りてきてしまうのですが、変に時間がかかるので返しに行くのが面倒です。


で、今回借りてきたもの。

〜本〜
・クレオパトラの葬送
・黒蜘蛛島
・夜光曲
・霧の訪問者
・水妖日にご用心

↑ 全部「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズ。
クレオパトラは読み終わってたんですが、うっかり読み終わってないと思って延長してきてしまいました。
水妖日にご用心は、入荷(?)前から予約していたので一番に読めます。うわあ、綺麗なまま読めるとか凄い。図書館にそんなもの期待してなかったのに…。

そうだ。黒蜘蛛島。
相変わらず、涼子→泉田×由紀に萌えています。
涼子を差し置いて由紀を心配する泉田とか見ると、凄まじく萌える。
由紀を優先してるのが分かるのも楽しいし、涼子よりも由紀を心配することで、涼子の方にこそ気を許してるんじゃないかって意味に取れたりするのも楽しい。もちろん、涼子が由紀に妬いてるのも面白すぎて困ります。

無意味に笑ったのは
「あたしと泉田くんとは、理想的な主従関係にあるの」
ないよ。
↑このやりとりに吹いた。
やり取りっていうか、涼子の自信満々なセリフに、胸中ばっさり切り捨てた泉田最高みたいな。
ないよって、お前…!(爆笑)
電車の中で吹きそうになった。危ない。


〜CD〜

・Time has come(葉加瀬太郎・古澤巌)
・Piano+(榊原大)
・NIRAI KANAI TRIANGLE〜Okinawa My Love〜
・ドラゴン・ソング(ラン・ラン)
・MOON 月亮心(チェン・ミン)

まだ聞き終わったものがないんですが、とりあえずMOONの1曲目、「feel the moon」だけ聴いてみました。
ガチでよすぎじゃね、この曲?
二胡の曲はあまり聞いたことがないんですが、こういう音色なんですね。
凄く柔らかくて、素朴って言うんじゃないけど…なんか、そんな感じのする音でした。
残念ながら、解説に乗っていたような「果てしないせつなさ」は一向に感じなかったんですが(ひたすら優しい音色だと思っただけでした)、分かりやすいリズムと音で聴きやすかったです。

今回も借りてきたラン・ランのドラゴン・ソング以来、中国音楽が何気にマイブームになりそうな勢いなので(その前は洋楽でした)、その流れ+チェン・ミンさんが美人だったってだけで借りてきたんですよね(笑)(でも本当に綺麗な人です)
借りてきてよかったと本気で思った。
中国らしい、と思える曲。




全然話が違ってしまいますが、D.C.G.S.のラジオがまた爆笑。
40分間ずっと笑いっぱなしでした。
鈴木裕斗さんの方が、投げやりすぎて笑える(笑)
達央さんは、愛されたがり過ぎだ。大丈夫、みんな好きだよ…!
堀江さんも反応がいちいち面白い上に、素の声が蒼そのもので困る。
ちょ、本当にMK5とかじゃなくても萌えるんだが。
裕斗さんは、キャラの把握具合が半端ないと思う。堀江さんも。達央さんも、今回はお題を間違えなかったし、稜平っぽくて萌えた。ネタ被ってたらしいけど!(笑)
来週もまた楽しいといいなあ。
あと、11月22日のイベント。久しぶりに声優イベントに行きたいと本気で思った。
誕生日なんだよその日。プレゼント代わりに行かせてくれないかな…。
ものすごく久しぶりに平川さんを生で見たいです。
posted by 塔湖 at 00:46| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

疲れたけど

すごく楽しめたミニライヴでした。>カノン

1時からと4時からの2部だったんですが、両方聴いてきました。
あまりカノンそのもの目当てで会場に来た人はいなかったと思うんですが、その割に人は多かったかもしれません。
席はほぼ埋まってましたしね。
ショッピングセンターの一角で歌っていたので、入場制限は一切なかったので、カノンを全然知らない人もかなりいたようです。


1時から始まるって言うので、かなり早めに着いて待っていたら私服(だよね?)でリハーサルするカノンが見れましたよ!
それにしても、間近で見ても、本当に綺麗だなあ。
会場が狭かったし、1部は2列目、2部は1列目で見たので(正面に座ってた笑)かなり至近距離で聴けました。
歌声の素晴らしさはいまさら言うまでもなかったんですけど、リハーサルの段階でこれでもかってほど美声を響かせてくれていて、妹と二人で感動してました。
行ってよかった本当に!

で、1部、2部終了後にはCD即売会とサイン会(握手会)が。
即売会でCD買った人だけがサイン会に参加できるってやつだったんですけどね。CDそのものにサインするから当たり前なんだけど。

で、下の写真がサインしたもらったもの。
買ったのは私(って言い方も違う気がするけど;)ですが、サインは妹がしてもらってました。
別に私は妹ほど好きだとは思ってないので(妹は本当に好きですよカノンのこと)、妹に行ってもらいました。
黒く塗りつぶしてあるのは、妹の本名だったので伏せました。
別に構わないとは言われたけどさ…。

kanon.jpg

明日への鼓動がすごく好きでした。
聴いたことないかなと思っていたんですが、何気にありましたね。
1部、2部とも最後に歌ったのは明日への鼓動。
これでもかってほどの声量で歌ってくれましたよ。
虹は歌ってもらえなかったので、CDでこれから聞こうと思います。

あ、そうだ。
1部ではBrand New Breezeが聴けなかったので残念に思っていたら、2部では一番最初から歌ってくれました。
1部のあとのサイン会で何人かが、この曲でカノンを知ったって言ったらしく、じゃあ歌おうってことになったらしい。
本当にその場で決めて歌ってくれたのか、もともとのプログラムだったのかはよく分かりませんが、聞けたからどっちでもいいや、みたいな(笑)

で、 これ が妹の今日のブログ。
テンションが妙に高くてウケるので、晒そうと思います。
ここで言うのもなんだけど、顔文字多用するようなキャラじゃないだろう(笑)

----------------------------------------------------------------
【追記】
執事様の第2弾ドラマCDが出ると言うことなので、さっそく調べてみました。

これ ですかね。
キャストは一応前回と同じメンバーらしい。
仙堂の猫エピソードに期待。
あらすじがあまりにも粗すぎるので、一体何話目を取り上げるんだと思ってしまう。
フラグっぽい話が点在してるから絞り切れない。
どうせやるなら、向坂の出てくる話をドラマCD化して欲しかったなぁ。
別に伯王の過去話が聞きたいわけではないので、向坂メインでお願いしたい…!(…)

ごめん、あの話で一番好きなのが向坂と仙堂なんだ…。
別花の仙堂の扱いに泣いた。
納涼イベント、頑張ったのは伯王だけじゃないだろう…っ!
posted by 塔湖 at 18:14| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ま、負けないんだからねっ!

ツンデレ口調ってすっげーうざいんだな、と思った。
ツンデレよりもヤンデレが欲しい今日この頃です。
そんな私は「放課後ストーキング」を毎日聞けばいいのかもしれない。
それと、どこかでヤンデレな妹のドラマCD(?)があると聞いたんですけど、それはどこで買えますか。密林か。兄か。



それはどうでもよくって、久々にみささぎさんのHP覗いたら、眼鏡のキャラソンの話が。
くっ、うっかり買いそうになるんだが…!
私別に克克本命でも何でもない!
そりゃドラマCDの克克で爆笑したけど(いい意味で)、曲もあんまり好みじゃなかったし(特にデュエット)スルーか評価待ちかなと思ってたのに、買いそうなんだが…!!!!
なに、何があったの。
周りに買うような人もいないので自分で買うしかないかと思い始めました。(中学時代からの友達で今でも腐って何人いるだろ…)
買うか…?



近藤さんの話題が全くないので、今日もアルバム話してみようと思う。
イメージ的に

a little wonder:乙女ゲーなら何でもいけそう
深紅の闇:?
Here I am:ムクツナ(10年後ツナ視点)
君に出会った日から:涼きら(@水旋2)
シンジアウコト:?
キセキじゃない:圭珠洲(@翡翠の雫)
天使じゃなくたって:ムクツナ(骸視点) or ムククロ(骸視点)
'Cause it's you:太克(@眼鏡太一視点)
雨のパズル:?
君が好きなのはあの頃の僕:?
Sakura addiction:ヒバツナ

どうですか!(言われても!)
リボーン多くなった上に、近藤さんが声を当ててるキャラ以外のも何気に多くて困るんですが、こんなイメージだった。
一人称が基本僕で、二人称が君だったこともあってヒバツナ!って思ってる方も多いんだなあと思ったりもしましたが。
リボーン見る前だったら、ムクツナだヒバツナだって言う意見見たら「いやこれ近藤さんのアルバムであって、リボーンのためのものじゃないからな」って思ったんだろうなぁ。
見る前はリボーンのキャラソンのカバーが入ってるってだけで、なんでそんなにリボーンにこだわるかなーそりゃ出世作だけどーorzって思ってたしねー。
その時々でやっぱり意見って変わるのなー。


今日は近くでKANONのミニライブ(?)があるらしいので、それ聴きに行ってきます。
サイン会とか即売会もあるらしいけど、それどうするんだろう。
妹と一緒に行くので、妹に聞かないと分からない。
posted by 塔湖 at 09:56| Comment(0) | 音楽etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。