2009年06月30日

シャーレンブレン物語 舞踏会と花の誘惑

シャーレンブレン3.jpg

買おうかどうか一瞬迷って、やっぱり買ってしまった…。
恋愛要素結構入ってきたなぁ。
笑えるくらいアレクシオ×ミナワの要素がなくてがっかりするのは毎度のことなので、いい加減すっぱり諦めてユリウス×ミナワにとことん萌えればいいような気がしてきた。
でも、こっちのカプも好きなんだけど、アレクシオ×ミナワも萌えるんだよなぁ。


というか、ちょっと思ってたことだけど、フォルティシアがお兄様(アレクシオ)の恋愛を応援するのはいいのですが、なんで一切ミナワが「運命の人」かもしれないと思わないの?
ずっと隣にいるじゃない!基本的にユリウスの近くにいるのがミナワだけど、ユリウスの近くにいるってことはアレクシオの近くにいるってことも同然なんだから、少しは訝しんでみるべきだろ!
そりゃ2巻目のときは仕方ない。ユリウス(って言ったら可哀想だけど)の方を好きだって勘違いしてたから、ミナワを恋愛の方面で考えないのは仕方ないけど、今回は!今回は考えてやって!(私が楽しいから)
挙句、クリスとアレクシオを引き合わせようとまでしてて、何がしたいのかと…。
最初に言ってたみたいに、貴族の令嬢をあてがおうとするなら分かるんだ。でも、王族(王位継承順2位)と村人じゃないか!
フォルティシアは身分差を乗り越えての大恋愛が大好きっぽいので仕方ないと言えば仕方ないですが、だからって離れすぎだと思うんですよ。
だったらまだミナワの方が………中途半端だからいけないのか?
ミナワは見習いと言っても神殿医で、その神殿医はかなりの身分になるらしいし。だからって王族と釣り合う身分ではないけど、大恋愛と言い切るには若干厳しいかもしれない身分だからいけないのか。

……まぁ、いいや。
とにかく、フォルティシアをアレクシオとミナワで迎え入れたシーンでは、うっかり萌えたので。
なんか息合ってるっぽくていいよなぁと。

ここまでずっとアレクシオについてしか語ってませんが、ユリウスの黒髪はいいと思うと力説したい。あれはいい。


明日はアネットと桜嵐買ってくるんだぁ。
posted by 塔湖 at 20:23| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

女の子可愛い

周期表.jpg
103まで元素記号覚えますから!の一言でこの本(新刊)くれた先生は、少しやる気を出した学生に甘いと思う。
女の子可愛いなぁ……



ちなみに、これは部活の部員に周期表覚えさせるために買ったらしいです(所詮男子ばかりの学校)
それを先に掻っ攫う最上級生ってどうよ?

でもルテニウム可愛すぎる
今日は一人で卒研らしいので、ゆっくり読むことにします(BWRは知らない)

----------------------------------------------------------------
【追記】
あの後パラパラめくってたら、70Yb(イッテルビウム)とか69Tm(ツリウム)も凄く可愛かった。
それぞれ、女の子の特徴に元素の特性が出てるんですね。
いつも世界を動かしてきた70Au(金)は女王様だし、Tmは語源から色白の雪舞う中の女の子だし、87Fr(フランシウム)なんかは半減期が短くて不安定な状態の元素だから病弱な女の子になってますね。
ちょっと難しいかもだけど、可愛い女の子の顔ならすぐ覚えられるんだぜ!って人なら、これは覚えやすいかもしれない。性質も一緒に覚えられていいと思う。

そして一番強く思うのは、研究者は早く112Uub(ウンウンビウム)から118Uuo(ウンウンオクチウム)までに名前を付けてやってください…。
てか、117のUus(ウンウンセプチウム)未発見って!じゃあなんで載ってるの!
posted by 塔湖 at 14:19| Comment(2) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

no-title

ツクヨミ読了。

琳、影うっすいなぁ。
主人公が頑張る原因が琳で、琳が昏々と眠ってるのが原因なんだから仕方ないけど。

あと、この話はハッピーエンドなんだろうか…
主人公が散々天つ神に振り回されて、ツクヨミにされて、本当に大好きだった人と別れることを運命づけられて、それでハッピーエンドか?
なんかもう、パンドーラのカプが報われてたから、このカプ見てるとせつなくなる。

ツクヨミ後の時系列でスサノオ×ゆきを見てみたいです……
花と琳がデートするって話聞いて、ゆきに同じことせがまれるスサノオは萌えると思う。


そして、久しぶりに読んだ武×瑚々(漢字どれ?)は床転がるほど萌える。
武、お前ホンット素直じゃないのな!(笑顔)
posted by 塔湖 at 08:33| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

no-title

天つ読了。

ニニギの名前は出てくるし、話の中心にいるはずなのに印象薄いなー……
つか、嫌な男のイメージだけ残っちゃってるよ。
イワナガ姫のことも少しは顧みてやってください…。
しかも、サクヤとの結婚のいきさつはともかく、そのあとのことまで台なしにする発言してフォローないし。
あの結婚生活の描写でサクヤを慈しんでいたと言いたいのかもだけど、全部なかったことにする発言してフォローなしじゃ、萌えも何もあったもんじゃない。
最後に何かあるかと思いきや、何故か女の子エンド。何か違うだろ!最後はニニギのフォローで終わるべきだったろ!倉本さんもだけど、担当編集者もしっかり!!
posted by 塔湖 at 22:10| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

アマテラス読了。

スサノオ×ゆきが大好きなのに、天つ〜では穂乃香が出てきて残念すぎる……私あの子好きじゃないんだ…
ツクヨミは出て来ないかなぁと期待したらやっぱり出て来るらしい。
ゆきがいるからまだ堪えられる…!

どうでもいいっちゃいいけど、恋愛的な意味じゃなくてもスサノオが花(ツクヨミの主人公)にキスしてるのは嫌だなぁ………………とか思えるくらいは乙女思考が残ってるらしい。
posted by 塔湖 at 20:19| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンドーラ〜水の神話〜

パンドーラ.jpg

読了。
今日中にアマテラスの封印の方まで読み終わるかな。


で、パンドーラ。
萌えきれなかったけど、でも結構萌えられた気もします。
倉本さんの話は、いつもこんなテイストだったなと思い出しました。
もちろん、こういう話や書き方が好きだから何の文句もなく楽しんでました。

あらすじだけは読んでましたけど、ギリシャ神話だったんですね、本当に。
ギリシャ神話なんて小学生の時に読んだっきりだ。覚えてない。アフロディーテなんて女神もいましたねくらいの勢いです。

それにしても翠子の決断には驚いたけど、よかったなー。
読んでて「世界滅ぶなら、遠哉殺して自分(翠子)も死ねばいいよ」と今までの“水を与えられた者”と“女神に選ばれた者”が選んできた道を取るのが最良の道だと思ってしまったんですが、世界が滅ぼうとも自分が死のうとも、絶対に遠哉を手に掛けることはできない、って言う翠子がよかった。
たった数カ月しか一緒にいられなかったのに、本当に好きだったんだなと。
遠哉も、偽の記憶で翠子とずっと双子として暮らしてたと思ってたけど、それでもたった数カ月一緒にいたことで翠子のことを本当に好きになったんだなと思ったら、このカプは萌えると思った。
ついでに『双子じゃない方が嬉しくない?』って言う遠哉のセリフは不意打ちで萌えるから止めてくれないかな…!

最後は、世界再生までの間、ずっと一緒に箱舟で揺られることになったらしくて良かった。
遠哉からまた世界が作り替えられるってことは、遠哉と翠子がアダムとイヴの役割を果たすって意味だよね?

次の世界でまた一緒にいればいい。
誰にも何も言われない世界で、新しい世界を一緒に作って行ってくれればいいなぁ。
posted by 塔湖 at 19:13| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

4冊まとめて

あー…レイン6・7巻の表紙撮っておくの忘れた。
ついでに、シャーレンブレンの方も忘れた。返してきちゃったよ。


・レイン6〜大戦勃発!〜
よく覚えてないけど、やっぱりシェルファがウザかったかな…。
過去最高にテンション下げてくれたのはシェルファでしたが、過去最高にテンション上げてくれたのもシェルファでした。
微妙に違うのは分かってるけど、でも、『ヤンデレ来た―――!』と叫びたくなるほどの萌えをくれたのは紛れもなくシェルファでした。
それにしても毎回ギュンターがどれほど仏頂面であるかを現した文章が面白くて困る。

・レイン7〜星祭りの夜〜
こっちもやっぱりシェルファがウザいことこの上ないですが、ここまで来ると本物かなという気がしてきた。
これだったかな…シルヴィアがノエルに対してレインとシェルファはデキてるのよ、みたいなことを言った時は絶望しましたけどね。
マジで何それ本当にやめてくれ、だった。
キスとかお風呂とかあったけど、それだけで恋愛関係とかないよ…!
あ、でも、ロイに襲撃されたとき、黙って逃げたシェルファは普通に偉いと思った。あそこで駄々こねられたらイラッとしてただろうし。

・シャーレンブレン物語 見習い従者と銀の姫
主人公そっちのけで話が進むよ、と言われてたので覚悟してたら、本当に事件(?)の真相から外されてて吹いた。
でも、事件そのものでは大活躍でしたけどね。
どんな子なのかなと思ってたら、ちょっとドジなところはあるけど、優秀な医者見習いでした。
従者って設定があって、それの基準は一体何かと思いましたし、昔癒し姫と一緒に遊べるような身分の人間なのかいと思いましたが、深く突っ込んでなくてそれはあれー?だった。
たまたまそこにいたからって理由だけで選ばれたわけじゃなかったよ…ね?あれ?

・シャーレンブレン物語 癒し姫の結婚
これは清々しいまでに恋愛要素が絡まない。
っていうか、主人公が全く恋愛に興味ない。
相手も相手で、どこまでも無自覚なせいで、恋愛方面に全く話が進まない。大丈夫かこれ!?(笑)
…でも3巻は結構進展するっぽい?
図書館入るの待ってられないので、3巻は買ってくる。こうしてルルルが増えていく。
それにしても、アレクシオ×ミナワが来ないのが惜しくてたまらない。
何で毎回変なカプに萌えちゃうかな。
posted by 塔湖 at 18:45| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

101人目のアリス2・3巻

アリス2.jpg

アリス3.jpg

本当にヴィックが格好良すぎて戸惑うんですが、何あの人?


異様に気になるところで終わったなぁと思った3巻目だったんですが、なぜかウィングス7月号がちょうどよく続きになってるんだけれども…?
なんでこんなタイミング合ってるんだい…?
休んでたのかな。


3巻目読んでて思った。
アリス可愛すぎる。アリスの美少女っぷりにうっかり涙しそうになった。
ちょっとヴィックそこどいて。(=私が抱きつきたい)
クレアとずっと並んでてくれないかなー。
美少女2人みたいな感じで、すごく華があると思うんだけど。

あと、エスペランサの主人公(誰だっけ?)とアリスが隣に並んでると華があるっていうか、見ていて癒されるものがあると思った。
マイナスイオン放出しすぎだろ。
エスペランサを全く知らないので好き放題言いますが、二人とも男にモテすぎだろと周りからやじられてても全く気にせず、ただそこに相手がいると雰囲気が和らいで安らぐから一緒にいるんだ、みたいな空気だったらいいと思った。
ついでに、二人して「ヴィックといると喧しいんだよなー」とか思ってたらいい。

2巻では、アリスが妙に天才っぽくて良かった。
全く才能のない子が頑張るのもいいんだけど、あんな感じがちょうどいい気がする。
アリス頑張れ。

CD聞いてくる。

----------------------------------------------------------------
【追記】
何あの萌えるCD?
何がしたいのと思うほど萌えるんですけど、何なのあれ。
なんでヴィックが「きらきら星」の伴奏してあげるからって言っただけであんなに嬉しそうなのアリス。意味分かんない!無駄に可愛いんだけどアリス!
ついでに、やっぱり伴奏一人取り残されたヴィックに愛です。
そっかぁ!そんなにアリスに演奏戻ってきてほしいんだ!(※当たり前)(※BL的な意味じゃなくて、当然のこととして当たり前)

それにしても、アリスの演奏はともかく、ヴィックの伴奏が思ったより軽やかで驚いた。
伴奏法なんて習ったことないから、ああいう風に弾くべきものなのかも分からないけど、もっと……なんだろう、もっと違う風に弾くのかと思ってた。
あと、アリスの演奏もキラキラしてるって言うのは分からないけど、一つ一つの音が軽くて好きだった。
女の子がお母さんに恋愛を打ち明けてる雰囲気じゃないんですけど(可愛いイメージだからアレもありか?テンション高いよなーあの女の子)、星が光る雰囲気はあるかもしれない。
っていうか、誰かきらきら星は空見上げるのが主な曲じゃないって言ってあげようぜ。(たぶん)夜に話してるから星は見上げてるかもだけれども!


テオはイメージと違ってましたけど、ああ言うものなのかな。
声って言うより口調?敬語使ってること、あんまりなかったと思うんだけど、こっちでは敬語が結構あったから違和感あったかもしれない。
でも、クレアの話題になった時の食いつきっぷりは最高(笑)
地味に恋愛相談してきちゃったリシャールうける。
ずっきゅーん(はあと)は笑わせてもらったよ本当に心の底から有難う。アリスに惚れちゃえばいいじゃない!
で、散々ヴィックにからかわれた後、でも売約済みだから諦めるといいみたいなこと言われちゃえばいい。あり得ないのは分かってる。


やばい、エスペランサで読みたくなってきた。…今はやめておこう、今は。


あー、ドラマCD出ないかなぁ。本編+α+ミニドラマって感じで。
今回の3人とも演技うまかったから、掛け合いもテンポよくて聞いてて楽しい(何より萌える)。
特にアリスの回答にいちいち絡むヴィックが好きだー。
そんなに構ってほしいのか。そこまで猫かわいがりしないでもアリスは懐いてるぞーと思ってしまった(間違ってはいないよね?)。
もう1周くらい聞いてこようかな…。
posted by 塔湖 at 19:48| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

101人目のアリス1巻

アリス1.jpg
近藤キャラ分かりやすい。


----------------------------------------------------------------
【追記】
近藤さんが出てることだけは分かってたので、どのキャラだろうとわくわくしつつ読み始めたら、どう考えてもこいつだろうってのが開始数ページで出てきて吹いた。
あのノリは近藤さんだ。もしかしてアレか、高音キャラ聞けるのか?(一番好きな近藤さんの声音)

ストーリーは結構好きだった。
アリス、嫌みのないいい子だ。これは、アリス×クレアを期待せざるを得ないだろ。
じゃなかったら王道的にヴィック×アリスとか、ダルベルト×アリスとか。
正直、アリスにだんだん絆されていくダルベルトはそりゃもう萌えると思うんですがどうでしょうか。萌えない訳がない。萌えさせて…!とか言ってて、さりげなくマクシミリアン×アリスとか来たら笑うしかないよね。それでもいいよ!!(笑顔)(割かし雑食)

てか、ヴィックを見ていて加地を思い出したのは私だけじゃないはずだ(ファン層被ってればですが)。
ヴァイオリン→ヴィオラの流れだし(でもヴァイオリン弾ければヴィオラも弾けるらしいよね)、そうそうに自分の才能に見切りつけたっぽいし(いや知らないけど)、て言うかこっちも学校の理事に親が名前連ねてるのかい。

ダメだ…加地がちらつく…。髪の色も微妙に似てるんだよね…。
ヴィックの方が綺麗な金髪だけど。でも加地の髪の色も好きだよ(要らない情報)。



ってことで、雑誌と2,3巻大人しく買ってくるさ…。
posted by 塔湖 at 23:06| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また増えた

最近、このカテゴリー以外を使った記憶があまりないなと思い始めました。借り過ぎ。
でも、一旦このくらいにしておこうと思います。
読書を嫌いになることはあり得ないけど、読みたい本から読まなきゃいけない本に変わった瞬間から読む気が失せることになるから。



…………いや、既に読まなきゃいけない本に変わり始めたのも出てきたけどさ(レイン6、7辺りな!)


【借りてきた本】
姫神1.jpg
ずっと前に読んで好きだった姫神さまシリーズ。
途中で読むのやめてしまったので、最初から借りてきました。
カイテンは萌える。

姫神2.jpg
カイの童顔っぷりは愛すべきものがあると思う。
いや、内容覚えてないから↑みたいな総括は何の意味もないです。とりあえずでコメント添えてみた。
これ…挿絵パラパラ見てたらハルさんいるんだけど、これあのハルさんだよな?なんか出てきたような出てきてないような…数年前に読んだ文庫の話なんて忘れるよね。

パンドーラ.jpg
や ば い こ れ は 挿 絵 で 萌 え す ぎ る 罠 。
ひだか絵ってだけでも萌えるのに(でも表紙だと分からない)、双子の姉弟の話らしいよこれ!倉本さんってだけで借りてきたけど、これは期待せざるを得ない。
最後は双子で無理心中でもしちゃえばいい…(双子姉弟萌え)

アマテラス.jpg
これ、アマテラス・ツクヨミ・天つの3部作だっけ?
なんかこのアマテラスはスサノオがそりゃもうかっこいい話だった気がするんだけど、違うっけ?
なんだったかでみんなスサノオに恋をする、みたいな行があったんだよなー。これだっけかなー。昔っから誰か一人勝ちでモテる話は好きだった気がする。特にカッコいい男子が当たり前のようにモテてるとニコニコ読める。

天つ恋.jpg
本屋で立ち読みしちゃった本だった気がする。2時間くらい余裕で立ち読みしてた覚えがあるんだけど、今思うと最悪だ。
そういうのは覚えてる癖に内容はさっぱりです。
…あれでも、挿絵に全く見覚えがないな…読んでないのか?あれ?

ツクヨミ.jpg
これも読んだことないはず。
…………と思ってパラパラめくったら見覚えがある挿絵やら文章やら。
こっちを立ち読みしたんだっけか。
つか、いつ見てもスサノオかっけー…。




ここからは日記。
今日は約1カ月ぶりに祖母のお見舞いに行ってきました。
元気だった。本当に。
大学受かったよって言ったときには、少し寂しそうにされたけど。(県外の大学に受かったのでなかなか会えなくなる)
でも、実験のレポートが書けないのー!って言った時には笑って、「ちゃんと書かなきゃだめでしょ」って言ってくれたし、「卒業できるように頑張ってね」って励ましてくれたし。
離れてみて思った。やっぱりおばあちゃん大好きだ。
反抗期(?)みたいな感じで、すごく冷たくしてた時期があったけど、やっぱりいつも後悔する。というかもう毎日だ…。
ふとした瞬間に思い出して、何やってたんだろうあの頃の私とか思って、すごい罪悪感。時間戻せるなら全部やり直したい。
そうしたら、あんな風にはならなかったかもしれないし。
いまだにこうなった原因は私にあるって言われた言葉が忘れられない。
本当に何やってたんだろ…。

また来週、会いに行きたいなぁ。

----------------------------------------------------------------
【追記】
コルダ2fアンコールでの新立ち絵にえええええええだったのは私だけでいい。
柚木はいいんだ。思った通り着物だったし、誰に何と言われようとあの緩い髪の縛り方が好きだ。っていうか、柚木はずっと髪縛ってればいいよ(漫画でも「お嬢様縛り」が大好きだった)。
でも、志水と土浦ないだろー!
土浦、あれで寝るの厳しくね?ウィンドブレーカー(むしろジャージ?)とか言い張るんだろうか。
冬だっつってもさすがにあれは脱げ。
志水は…アイマスク要らないよな…?ついでに妙に乙女っぽくてどうかと…。
月森についても言いたいことはあるけど、土浦に比べたらマシだろうか………そうでもないか?

あと、柚木の合宿時のスチルが公開されましたが、何だろう。
どこがってわけじゃないんだけど、微妙に違和感?崩れてるわけじゃないんだろうけど、どことなく描き直してほしい感じがする。何がいけないんだ?
ついでに、これは通常ルートのときのみ発生なのかな。
発生時期によっては、ほぼずっと仲違いしたまま過ごすことになることもあり得るアンコールなので、変な時期にイベント発生させたり、合宿時期が来ると暗い雰囲気で合宿に参加する羽目に…。
たとえば土浦と仲悪い時期に合宿なんて言ったら、目も当てられないですよね。
なんで喧嘩してる人と一緒に出かけなきゃいけないのかとか、都築も参加してるんだけどコレとか、そんな中で金澤イベが発生したらどう考えてもそっちに靡くだろとか、本当にやってられないことになるよ。


てか思った。
誰か引き継いだ時に喧嘩イベ発生したら、誰かそれを慰めるイベント入れればいいんじゃね?
物凄く試されるけど、柚木ルートと土浦ルートではそりゃもう輝くイベントだと思うんだけどダメか?


そう言えば、最近ふと思うんですが、土浦のアンコール引き継ぎルート、そんなに酷いものでもなかったのかもしれない。
いきなりキレるのはどうかと思うけど、自分でやりたいことがあって、それができる環境にいて、精神的に焦ってる部分があるなら彼女のことは後回しになっても仕方ないことだなと思うようになった。
っていうか、そんな状況なら付き合おうとか考えんなって話なんだけど、それで片付けられるものでもないんだろうし。
そんな風に思い始めたら、土浦ルート好きになってきた。もともと土浦自体は好きだったけど。

それにしてもアレだ。柚木の髪形好きだ。誰に何と言われようと、あれは全面的に支持する。
posted by 塔湖 at 18:40| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ハートの国のアリス3

Image002.jpg


数日前、友人のブログで見かけて発売されてたのを知りました。
特に意識してないから買い忘れるんだよなー。

まだ読んでないですけど、いつものごとくユリウスに期待。
posted by 塔湖 at 20:21| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマニア〜月の都へ

エマニア.jpg

ようやく買ってきました、英国20巻。
この物語もようやく終わったんだぁ、もうかれこれ5・6年は追いかけてる作品だよなぁと思ってたら、まだ続くのかい。
かなり前に公式サイトか何かでオニールの大学生時代だっけ?なんかそんなのが掲載されていたので、本編が終わったらこんな形の短編集出ないかなぁと思ってたら、短編集じゃなく出すらしいですね。
今度は魔法書を探す物語になるらしい。
悠里が主役じゃなかったら誰が主役やるの…?できる人いるの…?
魔法書なんて言ったらアシュレイが絡まないはずないのに、アシュレイが興味示すのも協力するのも悠里しかいないんじゃね…?大丈夫なんだろうか。
とりあえず、シモンが主役なんてことにさえならなければ買うと思います。まぁ、シモンが主役になったら妹が率先して買ってくるだろうから、結局家には積まれるでしょうが。
…シモンは頭良すぎて、主役にはなれないタイプだと思う。


それにしても、久々に作画いいなぁ。ここ数冊外れだったので、ラストにこれは嬉しい。


嬉しいついでに、うっかりかわいさんの方の「101人目のアリス」1巻目を買ってしまった。妹が今読んでるから読めないんですが。
3巻目の帯にドラマCDの予告っぽいのが書いてあって、その中に近藤さんの名前があったというだけで、うっかり買ってしまった。
1巻目読んで面白かったら雑誌買ってこようと思う。あと2、3巻目もその内買ってくる。
今月買いすぎだから、いい加減自重を試みないと…。

っていうか、全然作品知らないんだけど、101人目の〜ってBL?
どんな内容なのか本当に分からないまま買ってしまったので、うっかり店員さんに「ウィングスってどこにありますー?」とか聞いちゃったんだけど。ウィングスってもしかしてBL系の雑誌だったりしたんだろうか…。
posted by 塔湖 at 20:19| Comment(3) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

読もうな

買うだけ買ってそのまま積む、ってことが常態化してきたんですが、なんで本や行くたびに何かしら買ってんでしょうか。
それ以前に、図書館行くたびに「絶対読まないよなこれ」と思う本を借りてくるのもやめた方がいい。
誰が読むんだよ「数の悪魔」。
全く面白くなかったよ(パラパラ読んだ)。



で、昨日の午後、図書館から「6冊本入ったんで取りに来てくださいー」と言われてしまったので、そのうち取りに行かないといけなくなりました。7時までやってるから割といつでも取りに行けると思うと、なかなか行けないな…。今日はルーキーズ見てきます。ひとりで。寂しい。


で、読み終わってないのが軽く7冊ほどあり、更に自分で買ったのが2冊ほど積んであり、これから6冊増えてしまうんですが、また買おうとしてるよこの人。

華鬼の著者がアイリスから出す『海上のミスティア』。
前回の…なんだったっけ、タイトル忘れたけどアイリスから出したのが思ってたほど面白くなかったからやめようかと思ったんですが、一瞬イラスト買いしていい気がしてしまった。
あと、英国もまだ買えてすらいない。
他にもまだ買いたいのがあるしで、本気で困ってる。
いつ読むんだよ!



X線の試験は受けるとして、放射線主任者試験はうやむやにして流せないかな…。試験日が再試験期間と被ってて、凄い怖いんだけど…。

凄い怖いって言えば、信号処理の結果が悲惨なことになっているらしく怖いです。
クラス平均が45点付近って!
あんまりできなかった印象のない試験だったんだけど、他の教科にまぎれて忘れてるだけで、凄い難しいテストだったんだっけか…。
15科目中3科目で既に赤点貰ってるからもう要らないんだよー!
あ。電子回路は98点貰いました。なんで、電卓使った計算で数値ミスがあったのか…。打ちミスったか写し間違えたのか…。
どっちにしてもあと2点…!
(2年の時も問題見落として2点落とされたことがあったよなぁ)
posted by 塔湖 at 06:42| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

レイン5〜武闘会、開幕〜

レイン5.jpg

読了。
中盤辺り、全くレインが出てこなくて吹いた。
ちょ、レインが楽しみで読んでるのに!なんでずっとシェルファのターンかなぁ…っ!


レインが今回も一人勝ち的に強かった…と書きたかったんですが、今回はそうでもなかったですね。
魔族わんさか出てきましたし。結局勝ったけど。
次の巻も頑張れ。

どうでもいいけど、6巻目の表紙のレインがそりゃもう格好いいと思うのは、あの絵に慣れすぎたせいでしょうか。それとも他の何かの力でしょうか。あれ?ここは「何かの力だよっ!」とか言っておくべき?このネタ分かる人いるの?(まぁ、翡翠の晶なんですが)
5巻でジョシュア>レインの美形度だって言われてましたが、6巻表紙見ちゃうとなぁ。レイン以上に美形いない気が……あ…れ?シェルファに毒されすぎ…?


あ。本格的にシェルファがウザくなってきましたどうしよう。
なんでシェルファ狙いで賊が来てんぜ!みたいな展開になってるのに、そのシェルファが逃げないんだ。
シェルファさえどっか行ってくれれば、その分だけ部下たちの生存確率上がるのに!
シェルファが自分の為に誰かが傷つくのは良くない、自分の為に命をかける意味はないみたいなことを言っていましたが、それはシェルファを「いい子」と考える要素でも何でもなく、自分の政治的価値を全く理解できていないただの子供で、レインがいなければ何もできない存在だって言ってるようなもんだと思うんだ。
レインと一緒にいたいと思うなら、早く自分で政治を行えるようになります、くらい言ってみろと。いくらレインが武将で戦場にいることが多いって言っても、自分自身が王女であることは拒否できないことなんだから、誰にも文句言わせないだけの王女であれるような努力をしてほしい。
頼むから、レインがいないからって日がな一日窓の外眺めてるなんて残念なことばっかり繰り返すな、本当に頼むから!



……ここまで書いてて思ったけど、これはレインの物語なんだから、(きっとヒロインって位置づけなのであろう)シェルファには何か期待する方が間違ってるんだろうか?
……………なんか、そんな風に諦められたら、この物語は今よりずっと楽しめる気がしてきた。
posted by 塔湖 at 20:46| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイン4〜世界を君に〜

レイン4.jpg

番外編G.G.S.でうっかりレイン×セノアに萌えてしまった。
少女趣味万歳とか思う私は、もう少し何かしっかりすべきのような気がする。
でも、何だかんだ言って一番萌えるのは

レイン×女性陣

なのだと思う。要はレイン総攻めでお願いします、な雰囲気です。
レイン×シェルファが前は一番好きだったんだけど、今はあのレイン大好きっぷりが怖くなってきたので、誰かっていうよりもみんなでレイン取り合ってればいいじゃなーいみたいな。(言われても)
それにしても、レイン×セノア萌える。

外伝か何かのあとがきで作者が「いつかレインのせいで読者に見放されそう」みたいなことを書いていましたが、レインの規格外の強さが許せないような読者はまず間違いなく1巻で切ってるんじゃないかと思った。外伝だか何だかまで読んでいて、「レインのこの強さはねーよ」とか思う人はまず読まないから安心していいんじゃないかと思う。
ただ、シェルファのレイン従順っぷりに引くか、イラつくか、頭抱えるかする読者はいるんじゃないかと……というか、現にここにいる。
シェルファいい子なんだけど、5巻辺りでラルファスさえ心の底から信用していないとか言い始めた時は、一回平手打ちさせてくれと思った。
それか、4巻179ページから182ページまで音読してみろコラとも思った。あれだけ言わせておいて、さらにそんなこと言うか。
別段ラルファス贔屓ではないですが(そりゃ好きではありますが)、だからってその言い草はあんまりだと思った。
レイン大好きを言いたかったんだろうけど、そりゃないよと思う。
ラルファスはそれでも怒らないんだろうなと思うと、涙が勝手に…。

レインもレインで、ちょっと一回叱ればいいじゃない!
posted by 塔湖 at 12:01| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

レイン3〜シャンドリス、侵攻す〜

写メは明日上げますが、レイン3巻も読了。
なんだかんだで、今日は自主休校しちゃったせいで時間だけはありました。
お陰で本読み放題で楽しかった。
明日からはちゃんと行かないと。
いや、マジに体調崩してはいたんだけど。
午後ずっと寝てたらすっきりしたし、母にも顔色よくなったねとか言われました。
ここ数日、私はどんだけ病人っぽかったんですか。



あ。今はレイン4読んでいます。
私はギュンター好きだよ!自分で自分を愛想なしで面白みないとか言える時点で充分面白いから安心しろよ、と思った。

※追記※
レイン3.jpg
posted by 塔湖 at 20:32| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“文学少女”と死にたがりの道化

文学少女.jpg

遠子先輩があまりにも見た目から外れた性格をされていらっしゃるんですが、このギャップは何で埋めればいいですか。
萌えでしょうか。……私の萌えにハマるパターンのキャラじゃなかったから無理だな…。

今回は太宰ばっかりでしたね。
太宰なんて、走れメロスしか読んだことないわーという類の人間なので、さっぱり話についていけないところもありましたが、基本的に読み飛ばしてました。
どこかでカプ読みできないだろうかと探しましたが、無理でした。
心葉×遠子なんだろうけど、萌えられるか?
ツンデレな子も出てきましたが、なぜか萌えられなかったのでちょっと無理だ。
でも、話の筋は思ったよりも面白かったので、次も読もうと思います。
次は例の嵐が丘来たー……。
魔の嵐が丘。あんなの理解できるわけねーと心底思うわけですが、世界は広いので当然理解できる人がいるんですよね。
難しくないかアレ。でも、世界的に有名な小説なので、一度読んでおいて損はないのだと思います。
なぜか私の学校の図書館には訳者の違う嵐が丘が2・3種類入ってます。
誰がそんなに読み比べるのだという話です。
っていうか、せめてここ10年以内に訳されたやつ入れようよ!?
数十年前に訳されたとか、それだけで読む気失せるよ!
posted by 塔湖 at 12:25| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイン2〜招かれざる帰還〜

レイン2.jpg


カプ読みでゴメン。
レイン×シェルファ、萌えるんだけど、大丈夫なんだろうかと心配になってきた。
この後の巻になるとさらにひどくなることを考えると、これはただの序曲に過ぎなかったわけだ…。
恐ろしいほどの雛だなよなぁ、王女さま。
posted by 塔湖 at 10:28| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

レイン〜雨の日に生まれた戦士〜

レイン1.jpg
ずつうがいたい(もうダメだ)



【追記】
頭痛は治りました大丈夫です。


で、レイン。
やっぱり王女のレイン懐きっぷり可愛い。
可愛いけど、あまりに真っすぐで、常にまとわりついてる状態なので、自分がやられたら怖がるか鬱陶しく思うかだろうなと思ってしまった。
あー…でも、8歳年下の子だったら、適当にあしらっておけばいい屋とか思って、大して気にも留めないんだろうか。分かんないけど。
でも、そんな私とは違ってレインは何だかんだ、ちゃんと相手してあげてておお!と思った。
そう言えばそんな面倒くさい主君なのによく仕えてるなと思って尊敬しそうになったこともあったな…。

あとは、番外編の≪友誼の始まり―ルナンにて―≫が好きでした。
普通、番外編入れるなら本編と同じ時期で小話とか、未来の話を読みたいと思うのですが、こういう過去話は面白く読めました。
ラルファス、いつだって真面目なのな…。
ついでに、1人で状況を逆転させたレイン凄いのな…(「草」はいたけど)。

2巻目…どんな話だったか忘れてしまったので、ちょっと読んでくる。
あー………軽く頭痛が残ってる…?
posted by 塔湖 at 18:55| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷来たー…

濡れ鼠.jpg

ずぶぬれで帰って来ました。



今日、雷雨だとは予報されていたんですが「まだ行けるだろー」と自転車で傘も持たずに出掛けてしまったのが運のつきでした…。
でも、傘持たなかったのは関係ないですが。だって差さないから(差したまま漕げないから差さない主義)。


で、今日も今日とて借りてきたし、予約もしてきてしまいました。
一度図書館通い始めると、なかなか切れないんだよなぁ…。

【今日借りてきた分の本】
・ナルニア国物語〜カスピアン王子のつのぶえ〜
あらすじ読んだだけで、ちょっと切なくなってしまった…orz
そりゃそうなんだけど、あの時のピーターたちが救ったナルニアは無くなっちゃったのかー…とか思って。
まぁでも、映画の方の予告編だけ見たらカスピアン王子がめちゃくちゃ格好良くて、スーザンが物凄く綺麗だったので、映画(DVD)見るためにも早く読みたくなった。
なんとなく、読み終わってからじゃないと映画見れない。

・ナルニア国物語〜朝びらき丸東の海へ〜
こっちもあらすじだけ読んでみた。
ピーターとスーザンが出ないらしい事実に打ちのめされたのは私だけでいい。
ちょ…っ、なんであの二人出さないんだよ!?
1巻目のDVD見て、ぶっちゃけピーター×スーザンでいいじゃんとか思った私の想いはどこに行けばいいんだろう。(そんなこと期待された作者が可哀想で仕方ない)

・シャーレンブレン物語 見習い従者と銀の姫
相変わらずのルルル。
主人公そっちのけで話が進むよとは言われてますが、耐えられるような気がしないでもない。いや、根拠ないけど。
それよりも、本命カプらしいユリウス×ミナワよりも、アレクシオ×ミナワに萌えそうな気がしてならないのをどうにかしてくれ。

・シャーレンブレン物語 癒し姫の結婚
結婚…というからには、うぜーorzとなる展開が来るのかと思うのですが、表紙だけだとそうは見えない罠。
大丈夫なのか?うざい展開来ないのか!?全く作者のこと知らないから信じるも信じないもないのですが、信じていいのか!?


【先日借りてきた分】
・レイン〜雨の日に生まれた戦士〜
・レイン2〜招かれざる帰還〜
・レイン3〜シャンドリス、侵攻す〜
・レイン4〜世界を君に〜
・レイン5〜武闘会、開幕〜
・レイン6〜大戦勃発!〜
・レイン7〜星祭りの夜〜


↑5巻までは読んだはずなのですが、ほとんど内容を覚えていなかったので、1巻目から読み返してます。
これ返す期限が23日らしいよ。読み終わるk…あれ!?1週間以上あんじゃね!?読み終わるかなぁとか思ってましたが、全然余裕だ。1巻目に至っては3分の2は読み終わってる。行ける行ける大丈夫だ。

・“文学少女”と死にたがりの道化
・“文学少女”と飢え渇く幽霊

妹が読みたいと言っていたので借りてきたもの。でも面白いらしいから私も読む。
大人しそうに見える女の子がバリバリ紙を食べてるらしいと聞いて爆笑したのは、きっとこのシリーズを読んでいない、ファンでも何でもない人間の普通の行動だと思います。

【予約してきた分】
・姫神さまに願いを
・姫神さまに願いを〜享楽の宴

中学生の時にハマっていたコバルトのシリーズ。
学校の図書館に入れてもらったんだけど、案の定、本が返ってこない事態になったので途中で読むのをやめてしまった作品でした。
買えばよかっただけなんだけど、いつまで続くか分からない作品だったし、既刊も多かったしで買わなかったんですよね。そして今も既刊が多すぎて買う気がしない。
ってことで、最初から借りてきます。カイ×テンは萌える。宿曜とはなんぞやと真剣に本を漁ろうとしてたのもいい思い出だ。

・パンドーラ〜水の神話〜
・アマテラスの封印
・天つ恋ふる千世も咲く
・ツクヨミの末裔

全部、倉本由布作品。
パンドーラ以外読んだことあるはずなんだけど、よくは覚えてないし、久々に読みたくなったので。
このほかにも、妙に読み返したくなる倉本作品は多いんだよなぁ。
天姫(特に滅亡の方)、人魚の家。それに、瑚々編からのきっとシリーズ。なんであそこで打ち切りなんだといまだにイライラすることがあるくらい、あのシリーズは好きでした。濃姫や蒼生子編も少し読んだけど、瑚々編ほど好きにはなれずに終わったなぁ。瑚々編が大好きだった。(きっとあきらめない、は読んだはずなんだけど、どんな話だったっけ?)
あと、読んだことないから読んでみたいって言うのも多い。多すぎて書けないくらいです(笑)
倉本さんの公式にある仕事リストで、日本史を題材にしたカテゴリが2つあるんですが、そこにあるのは少なくとも全部読みたい。

…………なんできっとシリーズは打ち切られたのかなぁ…!
posted by 塔湖 at 16:04| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。